HOME教育学部文学部日本文学文化学科

学科ポリシー

※[+]をクリックすると、各項目が表示されます。

ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー

学科のディプロマ・ポリシー概要/育成する人材の方針

日本文学、日本文化や日本語を学ぶことを通じて、豊かな感性を養い、確かな問題意識を育み、読解力・表現力・創造力・批評力を身につけます。
教授陣には、著名な小説家、文芸評論家、書道家、童話作家、詩人、歌人、俳人などの創作家、あるいは文学・日本語・文化研究者などがそろっていて、それぞれの分野で懇切に指導を行っています。これらの学びを通して、総合的なコミュニケーション能力を育成し、言葉により「世界」を読み、言葉により「世界」を創ることのできる人材育成をめざしています。

学科のカリキュラム・ポリシー概要

⽇本⽂学⽂化学科は、「武蔵野BASIS」と以下の専⾨教育によってカリキュラムを編成します。
1.⽂学と⾔語に関する基礎科⽬として古代・中古・中世・近世・近現代の各⽂学と、「⽇本⽂学史」「漢⽂学」「⽇本語学概論」等を設け、その上に⽂学研究の専⾨科⽬や能・狂⾔・歌舞伎・書道などの伝統⽂化・⽇本語学・漢⽂等の科⽬が⽤意されています。ゼミ科⽬として、1年次に⼊⾨ゼミ・2年次にプレゼミ・3年次にゼミ・4年次に卒業論⽂及びゼミを順次、履修します。
2.⾃主的な勉学態度を養うため、⽂学ジャンル・⽂化ジャンルから1ジャンルを選択し、学⽣各⾃の興味・関⼼、能⼒・将来に応じた教育を⾏います。
3.⽂学への興味を更に深めたい学⽣は、ジャンルを越えて科⽬を⾃由に取ることも、⼩説や俳句・短歌・詩・童話・書道などの創作を実践的に学ぶこともできます。或いは教職や司書の資格を修得したい学⽣に対し、より実践的な能⼒を育成するため、スペシャルアドバンスコースとして国語科教職コースと司書・司書教諭コースを設置します。
知識・専門性 【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

⾃ら教養・基礎学⼒を修得し、⾃⽴的・主体的に学ぶことができる【教養・基礎学⼒】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 本格的な専⾨教育を受ける前に、全学共通の教養教育プログラムである「武蔵野BASIS」を履修します。「武蔵野BASIS」では、⼤学での学修に必要な基盤的な技法と知識の修得を⽬的として、「建学」、「健康体育」、「コンピュータ」、「⽇本語リテラシー」および「外国語」を学びます。また、同プログラムの「基礎セルフディベロップメント」において、「思想・芸術」、「国際・地域」、「社会・制度」、「⼈間・環境」、「物質・⽣命」、「数理・情報」の6分野を学ぶことにより、広い視野を備えたすぐれた⼈格の形成を⽬指します。

⽇本の⽂化についての知識を活かして、商品開発、マーケティング、販売促進戦略、セールスマネージメント、広告宣伝などの分野で創造的な提案ができる【専⾨知識を基にした提案⼒】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • ⽇本⽂化に関する専⾨知識を⾝につけ、またその知識を基にして、グローバルな社会に提案できるようなスキルをみがきます。まず、必修科⽬「⼊⾨ゼミA・B」において、博物館・図書館などの各地の⽂化的な施設を訪れ、レポートにまとめる能⼒を養います。また、能楽、歌舞伎の知識を「⽇本の演劇(古典芸能)」のなかで学び、書道に関する⽂化を「書道基礎」において体得します。そして地域⽂化として武蔵野に関する⽂化を必修科⽬「武蔵野学」のなかで学びます。
  • ⽇本⽂化を発表する⽅法を学ぶ授業としては、「プレゼミ1A・1B」、「プレゼミ2A・2B」、「ゼミA・B」を設置しています。単に知識を⽿から聞くだけではなく、プレゼンテーションのなかで⽇本⽂化を紹介するスキルを養います。
関心・態度・人格 【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

⽂学を学ぶことによって培った⼈間と社会についての⾒識を基礎として、企業や社会において⼈間関係を構築し、開かれた⼈的交流ができる【⾃⼰認識⼒・他者理解⼒】
⽇本⽂化に関する知識を活⽤して、経済、⽂化、社会の諸問題を発⾒し、問題解決の⽅法について検討し、具体的な企画を構築できる【課題発⾒⼒】
企画や提案をただ発信するだけではなく、賛同者を増やし、⼈間関係を構築する積極性と卓越した⾒識をスキルとして⾝につける【主体性・実⾏⼒】
社会に貢献することを⾃らのモチベーションとする⼈格を形成するとともに、⾃分の仕事に対する責任感と使命感をもっている【⼈格形成・使命感】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • ⽂学の基礎を学ぶことによって、⾃分及び他者に対する理解⼒を深め、それが社会的なコミュニケーションに発展するような授業を展開しています。たとえば、必修科⽬「⽇本⽂学史Ⅰ・Ⅱ」そして必修科⽬「古代⽂学」「中古⽂学」「中世⽂学」「近世⽂学」「近代・現代⽂学」「⼩説の歴史」のなかで、⽂学の基礎的な知識及び作品の歴史を学び、それによって⼈間の相互理解を深めることができ、社会におけるネットワークの構築に寄与します。
  • また課題発⾒⼒としては作品や表現のなかにひそむ⼈間⼼理を追究することにより、あらゆる企画に対応できる能⼒を⾝につけます。たとえば、「⽇本⽂学特講Ⅰ〜Ⅶ」のなかでは、単に作品の表⾯的な叙述を理解するだけではなく、⼼理的な⽂脈を解析していきます。また、社会的な⾃⼰を主体的に発⾒するために、グループ学習を中⼼とした「ゼミA・B」を⽤意しています。
思考・判断 【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

必要な情報を収集、分析するとともに、結論を論理的に語り、⽂章に表現する能⼒を得る【情報分析⼒・論理的思考⼒】
仮説を⽴て、思考実験によって、必要ならば新たな調査や実証実験を加えて、結論の正当性を論理的に証明する、プレゼンテーション能⼒と⽂章表現⼒をもつ【課題解決⼒】
既存の概念にとらわれない⼤胆な発想によって問題解決への提案ができ、発想の⾶躍や新機軸が打ち出せ、思考の柔軟性をもつ【創造的思考⼒】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • ⽂章表現の能⼒は、すべての基礎となります。このような社会⼈としての基礎を学ぶべく、必修科⽬「⽇本語学概論Ⅰ・Ⅱ」を設置し、また「創作基礎Ⅰ〜Ⅶ」においては、⼩説をはじめとするあらゆる⽂学ジャンルの創作科⽬を⽤意しています。情報分析や⾔語分析の能⼒は、仕事を⾶躍的に発展させるスキルとなります。また単に⽿で聞くだけではなく、体験学習としては「⽇本⽂学⽂化研究調査実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」を⽤意しています。ここでは実証に基づく調査、実地研修によって、博物館・図書館にある実物を⾒て、専⾨的な視点を養います。また、それだけではなくプレゼンテーションスキルをみがくため、実地研修の発表も⾏います。
  • 社会においては、あらゆる問題に直⾯した場合に、様々な思考⼒が問われます。そこでは、常識的な⾒解だけではなく⼤胆な発想⼒が必要とされます。そのような思考⼒を⾝につけるために、必修科⽬「卒業論⽂」「卒論ゼミ」が開講されています。ここでは⾃分独⾃の⽅法論を模索し、通説とは違う新たな視点を掲出する独⾃性が⾝につきます。
  • なお、正しい⽇本語や⼀般常識、そして時事問題に関する知識を⾝につけるための検定も⽤意しています。必修科⽬「⼊⾨ゼミA・B」のなかで、「語彙・読解⼒検定」(朝⽇新聞社・ベネッセコーポレーション共催)の準1級〜準2級が受検できるように設定されています。
実践的スキル・表現 【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

⽇本語の思考⼒、発想⼒、説得⼒を鍛えた上で、グローバルな対応ができる語学⼒を培い、世界の歴史と現状についての正確な⾒識を⾝につける【ことばの⼒・異⽂化理解の⼒】
提案や企画を説得⼒のあるものにするために、論理性に裏打ちされた魅⼒的な⽂章術、語りの能⼒を培うとともに、総合的な素材による多⾓的な表現⼒を⾝につける【表現⼒】
責任感や使命感をもち、チームを⽀え、指導するだけのリーダーシップを⾝につける【協調性・他者理解⼒・共感⼒】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • グローバル社会のなかで⽇本⽂学⽂化を発信するべく必修科⽬の「漢⽂学」や選択科⽬「⽐較⽂学特講(外国⽂学)」という科⽬を⽤意しています。現在は⾃国の⽂学を学ぶだけではなく、世界的な視野で発信することが社会的に必要とされています。⽇本⽂学は⽇本という地域だけで培われたものではないという⼤きな視点から、中国・欧⽶などの⽂学表現を学びます。
  • そもそもプレゼンテーションにおいては、パワーポイント、フローチャート、イラスト、写真などの多⾓的な表現能⼒が必要となります。このような資料による多様な表現⼒養成については、必修科⽬「プレゼミA・B」必修科⽬「ゼミA・B」、そして「⽇⽂キャリア演習」が⽤意されています。必修科⽬「プレゼミA・B」必修科⽬「ゼミA・B」のなかでは、発表者が説得⼒を持つプレゼンテーション資料を毎回⽤意します。また、「⽇⽂キャリア演習Ⅰ(編集デザイン)」「⽇⽂キャリア演習Ⅱ(編集デザイン)」においては、実際に本の編集に携わり、⽂字媒体だけではない各種のビジュアル資料の配置なども学んでいきます。
  • 社会は集団で成り⽴っており、その場合チームワーク⼒やリーダーシップは必須の⼒になります。本学科では2年次の「ブレゼミA・B」、3年次の「ゼミA・B」、4年次の「卒論ゼミ」を通して、それぞれのチームワーク⼒が育成できるよう、設置されています。ゼミの発表者はチームを組んで発信と受信を⾏い、またリーダーシップ的役割も担います。単に発表するだけではなく、社会に出た時の使命感・責任感をゼミのなかで⾝につけていきます。

アドミッションポリシー

本学科は文学の学びを通し、世界を読み、言葉によって「世界」を創ることのできる人材の育成を目指しています。そのため、以下のような人の入学を広く国内外から求めます。

志向性:将来の進路

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
国語総合・現代文・古文・漢文、英語、地理歴史(日本史・世界史)、芸術(書道、美術、音楽など)
高等学校で取得するのが望ましい資格等
日本漢字能力検定(準2級以上)、実用英語検定試験(2級以上)、TOEIC450点以上、ベネッセ・Literas論理言語力検定(2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

文学、文化、言語、芸術に対して、幅広い関心と旺盛な探求力を持ち、学問に真摯に向き合う人

期待する能力:思考・判断

期待する能力:実践的スキル・表現

基礎的な情報発信力、日本語コミュニケーション能力を備えており、さらにそれを高める意欲を持っている人
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育