HOME教育3つの教育方針

武蔵野大学の教育

武蔵野BASISとは

武蔵野大学では、全学生が1年次を武蔵野キャンパスで過ごし、全学共通の教育プログラム「武蔵野BASIS」を学びます。
「BASIS 」とは「( 知識・体系などの)基礎・共通基盤」を意味し、「武蔵野BASIS」では、専門分野を学ぶ前に自己基礎力を養い、グループワークやプレゼンテーションなどの訓練を重ね、より実践的なコミュニケーション力やチームワーク形成力などを育成。学生たちは、こうして身に付けた「知の土台」と、各学部の専門課程での学びを有機的につなぐことにより、自らを大きく成長させ、社会で活躍するための力となる「アクティブな知」を獲得します。自身の「知」を広げ、「可能性」を伸ばす「武蔵野BASIS 」の学び。ここには、“浅く、つまらない授業”といった教養科目のイメージを覆す、「知のインパクト」が待っています。

武蔵野BASIS

武蔵野BASIS科目構成

心とからだ建学本学の建学の精神を基盤とした倫理観や慈悲の心。
健康体育身体を動かす体育と、身体行動についての学びの理解を実践。
学問のための基礎情報調査や研究、論文執筆などでコンピュータを最大限に活用する力(ワード・エクセル)。
日本語リテラシーレポートや研究論文における論理性・表現力を最大化するためのリテラシー(読み書き能力)。
外国語外国語(英語) TOEIC-Bridge®テストなどでも高い得点をマークでき、国際社会で活用できる、バランスのとれた英語運用力。
外国語(初修)フランス語/スペイン語/ドイツ語/中国語/韓国語それぞれの外国語のバランスのとれた運用力。
自己理解・他者理解基礎セルフディベロップメント学部・学科横断のユニークな参加型授業
キャリア開発 自己の探求自己や他者を深く理解する力。
キャリア開発 キャリアデザインプログラム人生を豊かに生きていくための力。
フィールド・スタディーズ社会でのさまざまな実体験を通じて将来の職業選択に役立てる。

基礎セルフディベロップメント

3週間ずつ7テーマ群を学ぶ、学部学科の枠を越えたユニークな参加型授業

「基礎セルフディベロップメント」は、学部学科の枠を越えたグループワークを通して、哲学、現代学、数理学、世界文学、社会学、地球学、歴史学の7テーマ群をそれぞれ3週間ごとに学ぶ授業。過去から未来、人間から自然にまたがるテーマを学ぶことにより、学問のベースとなる教養を深め、アカデミック・スキルの定着を目指します。

基礎セルフディベロップメントの授業

学部をシャッフルしたグループワークでお互いを刺激し合います。
1 . 前半は講義、後半はグループワーク
2時限分の授業を使いテーマを考察。1時限目は講義形式、2時限目はグループワーク形式で行います。
武蔵野BASISグループワーク
2 . 学部学科を越えたグループ編成
学部学科に関係なく学生同士のグループをつくり、共通テーマについて話し合い、考察し、メンバーで協力し合いながら答えを導き出します。
武蔵野BASISグループ編成
3 .全員でディスカッション
2 時限目は、グループに分かれてディスカッションを実施。メンバー全員が次々と意見を出し合い、熱い議論を交わします。
武蔵野BASISディスカッション
4. 意見をまとめてプレゼンテーション
代表者が、グループの意見をまとめて発表。インプットとアウトプットを繰り返すことにより知識が定着し、基礎力が身に付きます。
武蔵野BASISプレゼンテーション
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職