HOME入試情報大学院 入試情報

アドミッションポリシー

2018(平成30)年度入試

武蔵野大学大学院では、以下の通り、各研究科の入学者受入方針を定めています。これらの方針に共感し、学識、能力、人間性等を高めていく意欲を持った方の入学を期待しています。
文学研究科
文学研究科では、日本文学に関する総合的・体系的な学識をもち、日本文学や伝統文化を研究する者、専門的知識を習得してマスコミ・出版業界などの各分野で活躍しようとする者、あるいは国語・書道の教育現場等において、高度な専門性を発揮しようとする者を求める。

日本文学専攻【修士課程】

日本文学専攻では、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 日本文学に関する基本的な学識と探究心を有する者
  2. 日本文学、伝統文化の研究に携わっていこうとする者
  3. 国語・書道・漢文などの教育に関心と意欲をもつ者
  4. 高度な創作活動を通して社会貢献したいと願う者
  5. 幅広い知識を活かして社会の各分野で活躍しようとする者

日本文学専攻【博士後期課程】

日本文学研究科博士後期課程では、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 日本文学に関する高度かつ幅広い学識と探究心を有する者
  2. 日本文学、伝統文化の研究と発展に深く携わりさらに専門的な研究を目指す者
  3. 国語・書道・漢文などの教育に精通しており、すでに優秀な修士論文をまとめている者
  4. 高度な創作活動に関する見識を有し社会貢献への意欲の高い者
  5. 幅広い専門的な知識を活かして社会の各分野で活躍しようとする者
言語文化研究科
言語文化研究科では、高度な言語文化の研究と、その背景となる歴史的・社会的学識を深め、伝統的な文化を継承しつつ新しい文化を創造したいと願う者を求める。

言語文化専攻【修士課程】

言語文化専攻では、各コースで、以下のような能力・意欲を有する者を求める。

言語文化コース
  1. 言語文化に関する基本的な学識と探究心を有する者
  2. 日本及び海外での日本語教員を目指す者
  3. 中学校・高等学校の英語教員専修免許取得を目指す者

ビジネス日本語コース
  1. 上級レベルの日本語能力を有する者
  2. 国内外の日本・日系企業、または日本と関係のある企業で言語能力を活用し、活躍することを目指している者
  3. 日本と海外との架け橋になることを目指している者

言語文化専攻【博士後期課程】

言語文化専攻博士後期課程では、高度な言語文化の研究を可能とする、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 修士課程において言語文化に関する専門的な学識と探究心を有する者
  2. 修了後、日本及び海外で研究に携わることを目指す者
政治経済学研究科
政治経済学研究科では、学位授与方針(高度な専門知識を修得するとともに、シティズンシップ・マインドを身につけていること)の達成可能性を有する者を求める。

政治経済学専攻【修士課程】

政治経済学専攻では、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 政治学、経済学、経営学いずれかについて基礎的知見を有する者
  2. 「シティズンシップ・マインド」に共感する者

政治経済学専攻【博士後期課程】

政治経済学研究科博士後期課程では以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 世界で生じている政治・経済の問題を解決するために、政治学又は経済学の高度な専門知識をもっている者
  2. 政治と経済の関係性に着目して、現代の課題についての新たな解決策を提示しようとする意欲のある者
  3. 新たな学問分野を切り開く学問を志す意欲を有する者
人間社会研究科
人間社会研究科では、建学の精神に基づいて人間尊重の立場に立った研究活動を行い、人間の精神、心理、生命、社会などの分野において専門的な知識を修得し、実践力に優れた専門的な職業人もしくは研究者を目指す者を求める。

人間学専攻【修士課程】

人間学専攻(修士課程)では、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 人間に関する高度な専門的知識を修得するための基礎となる幅広い教養と人間理解力を身につけている者
  2. 人間が直面する歴史的、社会的諸課題に強い探究心を持ち、その解決のための方法論を学んでいく意欲の高い者

(臨床心理学コース)
  1. 一般心理学、臨床心理学の基礎知識を有している者
  2. 高度な専門家を目指して勉学を行う高い意欲を持っている者
  3. 他の大学院生、教員、クライエント、スーパーバイザー等の自分の周りの人を理解し、敬意をもった継続的な関係を持てる者
  4. 原則として学部において卒業研究を行い、臨床心理学の研究方法について基礎的知識を持っている者

(人間行動学コース)
  1. 人間に関する高度な専門的知識を習得するための基礎となる幅広い教養と人間理解力を身につけている者
  2. 現代社会における諸問題に対して、社会心理学的視点からの解決に強い関心を持つ者。
  3. 心と脳の関係を中心として、心の生物学的基盤について学ぶことに強い意欲を持つ者。

(言語聴覚コース)
  1. 人間学に基づき、高い人格と幅広い教養を備えた言語聴覚士を目指す者
  2. 卒後、医療・福祉・教育等の現場において実践経験を積み、将来的に臨床・教育・研究の三位一体を目指す者
  3. 原則として関連領域学部(言語・認知・心理・教育など)において卒業研究を行っており、入学後の研究テーマが明確である者

人間学専攻【博士後期課程】

人間学専攻(博士後期課程)では、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 各分野の高度な専門家を目指して勉学を行う高い意欲を持っている者
  2. 高度な専門家となるための基礎的な知識、技術、態度を有している者
  3. 専門分野あるいは関連分野で修士論文をまとめ、研究方法の基礎が身についている者
  4. 幅広い視野を持ち、社会に対する専門家の貢献について意識的である者

実践福祉学専攻

実践福祉学専攻では、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. ソーシャルワークに関する高度な知識・技能の修得を目指す者
  2. 総合的な施設運営管理及びソーシャルアクションに関する高度な知識・技能の修得を目指す者
  3. 社会福祉に関心のある他専門職、社会福祉施設・団体等に在籍する他専門職、NPO等の社会的起業を目指す者

社会人1年制短期コース
  1. 既に社会福祉施設・団体等で一定の経験を有しており、より高度な専門性の獲得を目指す者

仏教学研究科
仏教学研究科では、人類が直面する文明的危機、および、歴史的・社会的諸課題に対して、仏教の真理観・人間観と諸科学の最新の成果とを視野に入れながら、建学の精神に基づく人間尊重の立場に立って、仏教研究を遂行しようとする者を求める。

仏教学専攻【修士課程】

仏教学専攻では、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 仏教学、仏教文化及び仏教的事象に広く関心を有する者
  2. 現代社会が直面する諸課題に対して仏教の知見に基づいてその解決・対処の方策を見出そうと希求する者

仏教学専攻【博士後期課程】

仏教学専攻では、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 仏教学に関する高度に専門的な知識の修得を志す意欲の高い者
  2. 仏教学の深奥を究めて、文化思想の進展に寄与しようとする者
環境学研究科
環境学研究科では、高度な知識と能力を発揮して、地域社会の環境マネジメント、環境経営、エコプロダクツの推進者、専門家又は研究者などとして、持続可能な社会における低炭素社会や循環型社会等の実現に貢献しようとする者を求める。

環境マネジメント専攻【修士課程】

環境マネジメント専攻では、環境学同系統における学部教育で優秀な成績を修めた者、隣接異系統の学部教育で優秀な成績を修めた者(基準としては原則GPA3.0以上)あるいは社会人として環境関係部署に関連した職務経験と相応の問題意識を有する者を求める。

環境システム専攻【博士後期課程】

環境システム専攻では、以下のような能力・意欲を有する者を求める。
  1. 修士課程等で一定の研究成果(修士論文など)を達成し、研究を行う上で必要とされる高度な知識・学力、外国語について高度な能力を有する者。
  2. 持続可能な社会に向かうための中長期的社会変革ビジョンと高い倫理観を持つ者。
  3. 企業などの組織レベルで環境システムに精通しており、持続可能な社会の形成に寄与できる者。
教育学研究科
教育学研究科では、初等教育及び中等教育等に関する研究を通して、高度な専門的学識と教育力を修め、教育における専門的能力を備え、教育ならび社会に貢献する人を育成することを目的として、次のような人々を求める。

教育学専攻

  1. 創造性豊かで高度な教育学研究を目指す人
  2. 学校教育現場において高度な専門的学識と実践力を身に付けた教育者を目指す人
  3. 教育学に対する高度な専門的学識を修め、様々な分野で活躍することを目指す人
  4. 小学校教諭(全科)専修免許状、中学校教諭(国語、英語、理科)専修免許状及び高等学校教諭(国語、書道、英語、理科)専修免許状を取得し、教育機関における中核的役割を目指す人
薬科学研究科
薬科学研究科では、国民の健康的な環境を維持するために、特定の専門分野における深い研究および多様な分野における幅広い研究を自立して遂行できる薬学研究者、高度な専門性が必要とされる臨床現場で活躍できる実務薬科学研究者を目指す者を求める。

薬科学専攻【修士課程】

修士課程において研究を行うために必要な基礎学力を有し、創薬科学を中心とする研究者を目指す者、又は、医薬品開発やレギュラトリーサイエンスに関わる研究や行政に携わることを目指す者を求める。主として他大学4年制薬学部卒業生、理系学部卒業生、6年制薬学部卒業生を対象とする。

薬科学専攻【博士後期課程】

研究者として自立するために必要な研究能力を有し、薬学における特定の専門分野について深い研究を行う者、あるいは多様な分野における幅広い研究を行う高度薬科学研究者を目指す者、又は、優れた研究能力等を備えた高度実務薬科学研究者を目指す者を求める。他大学の修士課程修了者の他に、既に修士号を取得している社会人や、修士号取得者と相当の能力を有する社会人も対象とする。具体的には、製薬会社等の企業の研究部門にいる研究者や、病院薬剤部などで研究を行っている薬剤師を対象とする。
看護学研究科
看護学研究科では、『母性』『小児』『地域』『成人』『がん』『精神』『看護教育』『看護管理』の領域の看護学に教育研究を集約し、教育・研究者ならびに実践現場のリーダーとなる高度専門職業人を目指す者を求める。

看護学専攻【修士課程】

  1. 教育・研究を通して看護ケアの実践の本質を見極めることを目指す者
  2. ケアを中心とした学問として看護学を体系化することを目指す者
  3. 教育・研究者、地域・関連諸施設で活躍できる看護実践のリーダー、看護スペシャリストを目指す者

看護学専攻【博士後期課程】

看護実務経験を有した修士課程修了者で、看護学の学術研究を通して社会に貢献できる人格的にも高潔な教育者や研究者を目指す者
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究
学生生活・就職