HOME入試情報学部 入試情報

アドミッションポリシー

2018(平成30)年度入試

武蔵野大学

武蔵野大学は、教育基本法及び学校教育法に準拠し、かつ、仏教精神を根幹として学識、情操、品性ともにすぐれた人格を養い、「アクティブな知」を備え、創造的に思考・表現することのできる人材を育成し、一人ひとりの幸せ、世界の幸せに貢献していきます。

武蔵野大学の建学の精神、基本目標を理解するとともに、本学の人材育成方針に共感し、教育課程に積極的に取り組む姿勢を持った者の入学を期待している。入学者の受け入れは、以下に挙げる点に留意して実施する。
  • 各学部・研究科の教育目的に相応しい人材を多面的に審査・評価する
  • 基礎学力と専門教育に関係する教科の理解度、並びに人物の適性等について審査・評価する
  • 学力だけでは見出すことのできない能力や意欲、将来の可能性等を高校在学時の活動状況等から審査・評価する

学生には、以下の点を期待しています。
  • [知識・専門性]各学科の教育目的に相応しい知識を備えていること
  • [関心・態度・人格]他者と自己を理解し、自発的に踏み出す意思を持つ者
  • [思考・判断]課題を多角的にとらえ、創造的に考える意思を持つ者
  • [実践的スキル・表現]多様な人々のなかで、自らを考え表現・発信する意思を持つ者

入試制度

武蔵野BASIS育成型入試
武蔵野BASIS育成型入試は、本学教員による講義を受講し、課題を提出し、グループワークやプレゼンテーションを行うことで、本学の教育システムへの深い理解と、学習に対する意欲・目的意識・態度等を時間をかけて涵養し、その成長過程を多面的・総合的に評価する入試制度です。
指定された講義を受講し、課題やグループワークを通じて、情報収集、分析、課題まとめ、ディスカッションや発表を行うことで、自ら課題を発見し、その解決に向けて探究し、成果等を表現する力を持つ者、リーダーシップや主体性を持って、多様な人々と協働しつつ学習する意欲や態度を持つ者を評価します。
AO入試
AO入試は、詳細な書類審査と時間をかけた丁寧な面接を組み合わせ、志願者の能力・適性や学習に対する意欲、目的意識等を多面的・総合的に選抜する自己推薦型の入試制度です。
書類審査では、高等学校での学習活動、課外活動、社会活動、国際経験などから、リーダーシップや主体性を持って多様な人々と協働して学習や活動を行うことができる能力や、本学への志望動機などを審査します。面接では、大学並びに各学部・学科の教育理念や目標への理解度、入学後の勉学に対する意欲・目的意識、将来ビジョンなどを評価します。
公募制推薦入試
公募制推薦入試は、高等学校で一定の成績を修め、出身高等学校長の推薦に基づき、学力検査を免除し、面接や書類審査により総合的に選抜する入試制度です。
書類審査では、高等学校での学習態度や課外活動への取り組みなどから、主体性を持って多様な人々と協働して学習や活動を行うことができる能力や本学への志望動機などを審査します。面接では、大学並びに各学部・学科の教育理念や目標への理解度、入学後の勉学に対する意欲・目的意識、将来ビジョンなどを評価します。
Mスカラ入試
Mスカラ入試は、基礎学力検査に加え、面接と書類審査により、知識・技能、思考力・判断力・表現力などの志願者の能力を多面的・総合的に選抜する入試制度です。
基礎学力検査では、各学部・学科の教育理念や目標に基づき、武蔵野大学で学ぶために必要な学力のうち知識・技能を中心に評価します。面接および書類審査では、大学並びに各学部・学科の教育理念や目標への理解度、入学後の勉学に対する意欲・目的意識、将来ビジョンなどから思考力・判断力・表現力を評価します。
全学部統一入試
全学部統一入試では、武蔵野大学の教育理念や目標に基づき、本学で学ぶために必要な学力のうち知識・技能、思考力・判断力を中心に、筆記試験の得点で合否判定を行います。また英語については、「読む」「書く」「聞く」「話す」などの技能を身に付けた受験生を評価するために、英語資格検定試験を積極的に活用します。

一般入試
一般入試では、各学部・学科の教育理念や目標に基づき、武蔵野大学で学ぶために必要な学力のうち知識・技能、思考力・判断力を中心に、筆記試験の得点で合否判定を行います。また英語については、「読む」「書く」「聞く」「話す」などの技能を身に付けた受験生を評価するために、英語資格検定試験を積極的に活用します。

センター利用入試
センター利用入試は、大学入試センター試験で実施している教科・科目の筆記試験の得点をもとに、武蔵野大学で学ぶために必要な学力のうち知識・技能を中心に、合否判定を行います。

センタープラス入試
センタープラス入試は、本学独自の筆記試験と大学入試センター試験の得点を併用し、武蔵野大学で学ぶために必要な学力のうち知識・技能、思考力・判断力を中心に、合否判定を行います。

社会人入試
社会人入試では、社会経験を経た多様な世代、多様な知識・経験を積んだ者を対象とし、志望する学科の学びに必要な教科の理解度を学力試験または面接によって評価・選抜する入試制度です。
面接および書類審査により、主体性を持って多様な人々と学ぶ態度を評価し、社会経験をふまえた入学後の学習意欲、卒業後のビジョンを明確に持った者を選抜します。
帰国生入試
帰国生入試では、日本国籍を有し外国の中学高等学校で教育を受けた者を対象とした入試制度です。
面接や書類審査により、外国でのさまざまな経験を活かし、主体性を持って多様な人々と学ぶ態度や思考力・判断力・表現力などを評価し、入学後はグローバルリーダーとして活躍できる者を選抜します。
外国人留学生入試
外国人留学生入試は日本国以外の国籍を有する者を対象とし、大学での学習に必要な日本語能力または英語能力、学科の学びに必要な教科の理解度を「出願書類」「日本留学試験」「個別学力検査」「面接」によって判断する入試制度です。学力試験の結果から知識・技能を評価し、面接や書類審査により、入学後の学習意欲、卒業後のビジョンを持った者を選抜します。

国際バカロレア特別入試
国際バカロレア特別入試は、主体的に学び考える国際バカロレア(IB)スコアを有する者を対象とし、IBスコアによって知識・技能および主体性を持って多様な人々と学ぶ態度を評価し、面接で思考力・判断力・表現力を評価する入試制度です。
世界共通の特色的なカリキュラムで学んだ学習意欲を継続でき、本学のグローバルリーダーを目指す気概を持った者を選抜します。

学部・学科

グローバル学部
本学部は、日本人学生と留学生がともに学ぶ環境の中で、英語、中国語、日本語の語学スキルと国際的な視点を持ち、グローバルに活躍できる人材を育成します。もって以下のような者の入学を求めます。
  • グローバル社会で活躍する高い意欲を有する者
  • 異文化コミュニケーションと異文化理解に強い関心を有する者
  • 世界を取り巻くさまざまな事象に強い好奇心を有する者

グローバルコミュニケーション学科

本学科は、グローバル社会の要請に対応する、複数の実践的な語学力・国際教養を備えた人材を育成します。
もって以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 英語・中国語など複数の言語を駆使して、グローバル化した社会で活躍する希望を持つ者
  • 多様な文化に関心を持ち、理解していく意欲を持つ者
  • 異文化に対して高い感受性を持つ者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
英語、国語、地理歴史(日本史、世界史)
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)、中国語検定(3級以上)、日本語検定(留学生のみ)など

期待する能力:関心・態度・人格

  • グローバルな事象に強い関心を持ち、それらを自らの問題としてとらえる態度を持つ者
  • さまざまな異文化的価値観に対する関心を有し、異文化の人々と積極的にコミュニケーションをとろうとする者

期待する能力:思考・判断

  • 自ら世界に目を向け、さまざまな問題に対し柔軟な思考によって判断を行うことができる者

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 母語および外国語を用い、的確に読み、書き、聞き、話し、他者に自分の意思を伝えることができる者
  • 他者の話を傾聴し、他者と協働し、目標実現のためにチームワークがとれる者

日本語コミュニケーション学科

本学科は日本人と留学生がともに学ぶ環境の中で外国語として、また、母語としての日本語の高いコミュニケーション能力並びに異文化コミュニケーション能力と問題解決能力を有し、国際社会に日本語や日本文化を発信することで、グローバル社会に貢献できる人材を育成します。
もって以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 日本語教員を目指し、日本語を国内外に広めていく意欲のある日本人・外国人
  • サブカルチャーに高い関心があり、日本文化への理解を深めそれを国内外に発信する意欲のある日本人・外国人
  • 日本語によるコミュニケーション力獲得に強い意欲があり、日本語を使って仕事をしていく志向のある外国人・日本人

期待する能力:知識・専門性

高等学校までに学んだ教科・科目
日本人:国語総合・現代文、英語、地理歴史(日本史、世界史)、芸術(書道、美術、音楽など)
外国人:外国語、地理歴史など
高等学校まで取得するのが望ましい資格等
日本人:実用英語検定試験(2級以上)
外国人:日本留学試験、日本語能力試験

期待する能力:関心・態度・人格

  • 世界を取り巻くさまざまな事象に強い好奇心を有する者
  • グローバル社会で活躍する高い意欲を有する者
  • 外国語および母語のコミュニケーション能力と異文化に対する関心を有する者

期待する能力:思考・判断

  • 自ら世界に目を向け、問題に対して多角的な思考、判断を行うことができる者

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 日本語および外国語を用い、的確に読み、書き、聞き、他者に伝えることができる者
  • 他者の話を傾聴し、他者と協働し、目標実現のためにチームワークがとれる者

グローバルビジネス学科

本学科はビジネスに関する専門知識を英語で学びながら、グローバル・ビジネス遂行に必要な「考え方」、「方法論」を身につけ、異文化適応能力や課題発見力、分析力、解決能力を持った人材を育成します。同時に、母国語以外の英語・中国語・日本語のうち二つの言語でコミュニケーションできる人材を育成します。その前提として、以下の要件を満たす学生の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 英語を基本ツールとして、同時に、中国語、日本語も駆使して、世界を舞台に働くことに強い意欲を持つ者
  • 本学科をビジネスの学びの出発点として、生涯学習を通じて自らのキャリアを構築していく意欲がある者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
英語、数学、世界史
高等学校で取得するのが望ましい資格等
国内学生: 実用英語検定試験2級、TOEFL iBTR 57点、TOEICR 550点、IELTS 5.0以上
国際学生: TOEFL iBTR 61点、TOEICR 700点、IELTS 5.5
※注:外国人留学生、国内インタ-ナショナル生、帰国生 

期待する能力:関心・態度・人格

  • 異文化への興味と理解しようとする意欲
  • 疑問点を深く掘り下げて考え、自分なりの意見をまとめて発信することを志向する
  • 相手の言うことを良く聞き、相手を十分に理解しようとする態度

期待する能力:思考・判断

  • 知識の獲得にとどまらず、「考え方」、「方法論」の論理まで理解しようとする意欲

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 数量的な分析、提案をする意欲
  • コミュニケーション能力の向上に強い関心を持っている
経済学部
経済学部では建学の精神を基礎に、経済学と経営学に関する専門的な知識を修得し、グローバルな視点で現代社会における課題の発見と、その分析・判断及び解決に向けた論理的思考力を身につけた社会人並びに企業人を育成します。したがって、入学者には現代社会についての広い問題関心と、それを分析・判断・解決するための普遍的・科学的なものの見方が求められます。

会計ガバナンス学科

経済学部会計ガバナンス学科は、国際化した社会の中で、高い倫理観と共生の視点を持ち、社会貢献と自己実現を目指して活躍できる人材を育成するため、以下のような者の入学を求める。

志向性:将来の進路

  • 会計、ガバナンス、金融等の専門知識をもとにした以下の将来像を描く者
  • 国内外の優良企業や金融機関、ベンチャー企業等のビジネス分野で活躍したい者
  • 非営利・公共分野等で活躍したい者
  • アナリストやコンサルタントとして活躍したい者
  • 中小企業の事業承継を目指す者
  • 国家資格に基づいた専門職を目指す者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
英語、国語、数学、地理歴史・公民(日本史、世界史、政治・経済)
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)、TOEIC®、全商簿記実務検定(2級以上)、日商簿記検定(3級以上)、ファイナンシャル・プランニング技能士(3級)

期待する能力:関心・態度・人格

  • 営利企業、非営利組織の管理に関心を持つ者
  • 企業社会をよくしようという高い志を持つ者
  • 自らの意思で粘り強く物事に取り組める者

期待する能力:思考・判断

  • 必要な情報を自発的に入手する能力を身につけたい者
  • さまざまな問題に対する解決策を見出すための知識と論理的思考能力を身につけたい者

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 自分の考えを整理し、文章、プレゼンテーション等によって、分かりやすく伝えたい者
  • 他者の意思を尊重しながら、全体をより良くするためのリーダーシップを身につけたい者

経済学科

経済学科は、現代社会におけるさまざまな経済現象を理論的・実証的に分析・理解することを通して、社会に対する深い洞察力と正確な判断力を獲得し問題を解決することを目指す人材を求めます。

志向性:将来の進路

より良い社会の実現に貢献しようとする強い意欲を有し、以下のような将来を目指す者
  • ビジネス分野で活躍したい者
  • 国家資格を取得して専門職に就きたい者
  • NPOや公務員を目指す者
  • アナリストやコンサルタントとして活躍したい者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
英語、国語、数学、地理歴史・公民(日本史、世界史、政治・経済)
特に学んでおくべき教科は、数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学B
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)

期待する能力:関心・態度・人格

  • 経済社会に関心を持ち、社会の諸問題を発見できる者
  • 問題解決に真摯に取り組める者
  • 柔軟な考え方を身につけている者
  • グローバル社会に対応し、活躍できる者

期待する能力:思考・判断

  • 表やグラフから事実を正確に読み取ることができる者
  • さまざまな観点から総合的に考えることができる者

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 主体的に自分の意見を発信できる者
  • 自らの考えを論理的に整理して伝え、議論できる者
  • 多様な文化を理解し他者と協力できる者

経営学科

経営学科は、国際化した経済社会のなかで高い志と倫理観を持ち、自己実現と社会貢献を目指して活躍できる人材を育成するため、以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 経営、会計、金融等の専門知識をもとにした以下の将来像を描く者
  1. 国内外の優良企業やベンチャー企業等のビジネス分野で活躍したい者
  2. 非営利・公共分野等で活躍したい者
  3. チャレンジ精神を持って起業や中小企業の事業承継を目指す者
  4. 国家資格に基づいた専門職を目指す者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
英語、国語、数学、地理歴史・公民(日本史、世界史、政治・経済)
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)、商業簿記・情報処理等の各種検定資格など

期待する能力:関心・態度・人格

  • 状況の改善にむけて主体的に働きかける姿勢を有している者
  • 自らの責任で物事を判断する力を身につけている者

期待する能力:思考・判断

  • 必要な情報を自発的に入手する能力を有している者
  • さまざまな問題に対する解決策を見出すための論理的思考能力を身につけたい者

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 自分の考えを整理し、分かりやすく伝えようと努力している者
  • 他者の意思を尊重しながら、全体をより良くするためのリーダーシップを身につけたいと考えている者
法学部
本学部は、法律学、政治学の専門知識を活用して、企業、地域、地方公共団体、国、世界、というあらゆる段階の「自己の属する集団」において、最適なルールを創り、その集団のリーダーとなって、構成員を幸福にしていける人材を育成しようとする、「新世代法学部」です。多様な価値観を受け入れ、豊かな想像力をはぐくみ、これからの地球社会の持続可能性等、さまざまな問題に柔軟に対処して、人々と共に幸福を追求しようとする人を求めます。したがって、入学者に求めるのは、人々の価値観の相対性などを理解できる、精神的な成熟度の高さです。さらに、グローバル化の時代に即した能力として、高校時代になるべく英語力をつけてきてほしいと考え、筆記試験型の入試では29年度から英語力の比重を高めた評価をします。

法律学科

本学科は、法律学の専門知識を生かして、ルールを創り、周囲の人々に幸福を与えられるリーダーを育てることを目標にしています。
もって、以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

周囲の人も自分もともに幸福を追求する、という考え方を基本として、現代社会の多様な危機に対処して、企業や地域社会というレベルから国、地球、というレベルまでの持続可能性を考えられる、柔軟な発想を持ち誠実な努力を重ねるリーダーとなることを目指す、強い意欲を有している者
  • 国内外リーディングカンパニー、ベンチャー企業等のビジネス分野で国際的に活躍したい者
  • 地方公務員として地域社会の市民の幸福に貢献したい者
  • 国家公務員として中央官庁で活躍したい者
  • 法曹やその他の国家資格を取得して市民生活を支援したい者
  • 高い倫理観と共生の視点を持って国際社会で活躍したい者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
英語、国語、地理歴史・公民(日本史、世界史、政治・経済)
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)、TOEIC®など

期待する能力:関心・態度・人格

  1. 相手の立場で物事を考えられる
  2. 異なる価値観を受け入れられる
  3. 正義感が強く、他人に寛容である
  4. 自己決定、自己責任の考え方が貫ける

期待する能力:思考・判断

  1. 相手の立場に立てる、異なった価値観で考えられる
  2. 良識を身につけた上で規範にとらわれず柔軟に考えられる
  3. 生起するさまざまな可能性を想像できる

期待する能力:実践的スキル・表現

  1. 説得的なプレゼンテーションができる
  2. 周囲の人々が納得できるルールを創れる
  3. 実際に人々を率いるリーダーシップが取れる

政治学科

本学科は、政治・行政について学び、自己を取り巻く社会環境を理解し、公共精神と共生の視点を持った市民として、持続可能な社会の形成に貢献するための課題を発見し、具体的な解決策を立案できる人材を育成します。
もって、以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • ビジネス分野で活躍したい者
  • 地方公務員として地域社会の市民の幸福に貢献したい者
  • 国家公務員として中央官庁で活躍したい者
  • マスメディアの分野で活躍したい者
  • 議会議員・政策秘書として政治の現場で働きたい者
  • NPOやNGOで市民生活を支援したい者
  • 国際機関で活躍したい者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
英語、国語、数学、地理歴史・公民。特に学んでおくべきは、世界史と日本史、政治経済。
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)

期待する能力:関心・態度・人格

  • 地域や国際社会の問題に関心を持つことができる

期待する能力:思考・判断

  1. 物事を批判的にとらえることができる
  2. 独創的な考えを持つことができる

期待する能力:実践的スキル・表現

  1. 自分の意見を発表することができる
  2. 他者と討論することができる
  3. 他者の意見をふまえて、自己の意見を吟味することができる
文学部
本学部は、文学にゆかりの深い武蔵野の地で、文学の学びを通じ、豊かな感性と構想力を育み、読解力、表現力、創造力、批評力のある人材を育成します。そのため、以下のような能力・意欲を有する人の入学を求めます。
  • 文学、文化、言語、芸術などを学び、価値観や考え方の違いを受け入れ、情報化・グローバル化の時代に活躍したいと願う人
  • 常に高い目標を掲げ、希望と誇りを持って人生を着実に歩んでいきたいと願う人
  • 読書と思索を通して豊かな想像力と表現力を身につけたいと願う人

日本文学文化学科

本学科は文学の学びを通し、世界を読み、言葉による「世界」を創ることのできる人材の育成を目指しています。
そのため、以下のような人の入学を広く国内外から求めます。

志向性:将来の進路

  • 世界中の日本文学と伝統文化を学ぶことを通して、言語に対する豊かな感受性や表現力、情報発信力、社会や文化に対する問題意識を身につけている人
  • 高度な読解力・表現力・創造力・批評力を身につけている人
  • 総合的なコミュニケーション能力を身につけて、グローバル化した現代社会で活躍できる人

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
国語総合・現代文・古文・漢文、英語、地理歴史(日本史、世界史)、芸術(書道、美術、音楽など)
高等学校で取得するのが望ましい資格等
朝日新聞語彙読解力検定試験(準2級以上)、日本漢字能力検定(準2級)、実用英語検定試験(2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

  • 文学、文化、言語、芸術に対して、幅広い関心と旺盛な探求力を持ち、学問に真摯に向き合う人

期待する能力:思考・判断

  • 基礎的な読解力、表現力、創造力、批評力を持ち、さらにそれを高める意欲を持っている人
  • 豊かな感受性と確かな論理性を自らの思考と判断に活かせる人

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 基礎的な情報発信力、日本語コミュニケーション能力を備えており、さらにそれを高める意欲を持っている人
人間科学部
本学部は、人間科学、社会福祉学等の学びを通して、人間尊重の立場から、社会の諸課題を分析し、解決して行けるような総合的な人間力を備えた人材を育成します。それぞれの学科によって、大学教育における目標、入学者に求める能力は異なりますが、ここでは学部に共通する求める能力について挙げています。人間科学部が求める者は以下のような能力、意欲を持つ者です。
  • 人間の心理、生命、社会、福祉に関心を持ち、多面的に学びたいという意欲を持った者
  • 基礎となる教養に幅広く触れようとする姿勢を有しており、基本的な学力を持つ者
  • 情報を自ら蒐集しようとする姿勢を持つ者
  • 他者の考えを聞き、自らの考えを述べ、文章に表すことのできる者

人間科学科

本学科は、さまざまな課題を抱える現代社会において、人間が直面する諸問題に対して、人間尊重の立場から分析し的確に解決していける、総合的な人間力を備えた人材を育成します。したがって以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 人間の心理、生命、社会行動などの専門知識を学ぶ意欲とそれに必要な基礎的知識・能力を有した者
  • さまざまな人々と相互理解を深め、共感・協調するなかで自分らしさを発揮し、豊かなコミュニケーション力を身につけようとする者
  • 人間が直面する諸問題について学び、解決していくための主体的・実践的な力を身につけようとする者

期待する能力:知識・専門性

  • 人間の心理、生命、社会行動などを学ぶ上で基礎となる教養に幅広く触れようとする姿勢を有していること。
高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
受験で使用するかどうかに関わらず、高等学校で履修する科目(例えば英語、国語、数学、地理歴史・公民(日本史、世界史、政治・経済)、理科(化学、生物)など)に知識を有している者
高等学校で取得するのが望ましい資格等
特に指定しないが、実用英語検定試験(2級以上)、漢字検定(2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

  • 自ら積極的に考え、継続してその解決に取り組むことを目指す上で必要となる関心・態度・人格を有する者

期待する能力:思考・判断

  • 課題を見出し、情報を収集し、自ら考え判断することができる者

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 他者の考えを聞き、自らの考えを述べ、文章に表すことができる者

社会福祉学科

社会福祉学科の使命は、人間尊重の理念を基盤に、社会正義や多文化共生社会の実現を目指し、社会福祉固有の専門的価値及び倫理、知識、技能を有する存在として、人々やさまざまな構造に働きかける人材を育成することにあります。

志向性:将来の進路

  • 自ら社会福祉を学び、社会に貢献したいという意欲のある者
  • ソーシャルワーカーを目指す者

期待する能力:知識・専門性

  • 基本的な読解力や文章力を有していること

期待する能力:関心・態度・人格

  • 自主性・主体性を持っていること
  • 社会への興味・関心を持っていること
  • 他者と協調し積極的に取り組む姿勢を持っていること

期待する能力:思考・判断

  • 自ら情報を収集しようとする姿勢を持っていること

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 他者の意見を聞き、共感できる
  • 自らの意見を表明することができる
  • 自分の考えを文章として表現することができる
  • グループでの活動に積極的に参加することができる
工学部
本学部は、持続可能な社会構築に向けて主体的に参画し、工学的手法により課題解決のできる人材を育成します。したがって、環境問題、高度情報化、社会構造の変化などの自然現象や社会現象を理解し、専門的な知識を養い、主体的に社会参画し、課題解決を行う意欲を持った者を求めます。

環境システム学科

本学科では、自主自律で自由闊達な学風の中で、持続可能な社会構築に貢献する人材を育成するために、以下のような学生の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 持続可能な社会構築に向けて、環境科学の専門能力、幅広い環境関連分野の知識を身につけ、システム的思考を持って主体的に社会参画し、一般社会を啓発する意欲を持っている者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
高等学校の各教科・科目を文系・理系にとらわれず幅広く学習し、均衡のとれた基礎学力を身につけている
高等学校で取得するのが望ましい資格等
GTEC for STUDENTS 650点以上 など

期待する能力:関心・態度・人格

  • 自らグローカルな視野で環境システムに関する諸問題を発見することができる
  • 自らインターンシップなどを通して、企業・自治体・NPOの現場を知ることで、社会で活躍するための柔軟性とストレス耐性を身につけている

期待する能力:思考・判断

  • 自ら環境科学などの専門能力を身につけ環境システムを論理的に分析できる
  • システム的思考に基づき、問題に対して多角的な思考、判断を行うことができる
  • 複雑に絡み合い“答えのない”問題に対し、多様な人々との協働を通して革新的な発想を生み出し、大きなビジョンを描き、新たな価値を創造することができる

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 日本語及び英語を用い、的確に読み、書き、聞き、他者に伝えることができる
  • 自らの考えを明確かつ論理的に組み立て、文書や、図解等を用いて論文や報告書にまとめて発表することができる
  • 自ら対話を通じて他者と協力し、持続可能な社会の実現のために方向性を示し実行できる

数理工学科

本学科は、数理工学の専門能力を身につけ、自然現象や社会現象をモデル化して理解し、システム設計に応用することができる人材や、大規模データから問題の本質を見抜くデータサイエンティストを育成します。もって以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 社会現象や自然現象を数理モデルとして理解し、システム設計に応用する意欲を持っている者
  • 大規模データから問題の本質を見抜くデータサイエンティストとして活躍したい者
  • 数理工学の専門能力を身につけ、持続可能な社会構築に向けて主体的に参画する意欲のある者

期待する能力:知識・専門性

  • 高等学校の各教科・科目を文系・理系にとらわれず幅広く学習し、均衡のとれた基礎学力を身につけていること。
高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
特に学んでおくべき教科は、英語、数学(数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ・数学B、数学Ⅲ)、物理(物理基礎、物理)
高等学校で取得するのが望ましい資格等
数学検定、実用英語検定試験(2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

  • 新しいことに積極的に向かっていく姿勢を持つこと。失敗してもあきらめない気持ちを持つこと

期待する能力:思考・判断

  • 教科書に出てくる公式や数式などについて、単に覚えるのではなく、自分なりのやり方で理解する習慣を身につけておくこと

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 的確に日本語を読み、書き、聞き、他者に伝えることができる力を身につけておくこと。また、自らの考えを明確かつ論理的に述べ、意見交換ができるようにしておくこと

建築デザイン学科

本学科は、新しい建築デザインへの創造性を育むことを目標としています。「建築」という専門性に軸足をおきながら、「人間」、「環境」、「空間」という広い領域への広がりへと展開できることを視野に入れ、柔軟性が高く、自律的な積極性を有した人材を育成することを目指し、以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 建築の分野を中心に、広く社会に向けてデザインができる専門能力を活用し、社会における多様な事象にチャレンジする意欲を持っている者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
文・理・芸・スポーツの各分野を広く、そして深く学習していること
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)、数学検定など

期待する能力:関心・態度・人格

  • 計画を最後まで粘り強く実行する体力、及び耐力
  • 課題を新しい視点で主体的に発見できる能力

期待する能力:思考・判断

  • 論理的な思考と、感覚的な思考を駆使できる能力
  • 多面的に考えることができる能力
  • 具体的な解決策を提案できる能力

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 考えを具体的かつ的確に表現できる能力
  • 他者の立場に立った視点からプレゼンテーション、及び意見交換ができる能力
  • グループのなかで役割を理解し、他者と協働作業を行うことができる能力
教育学部
本学部は、子どもの成長・発達の過程を深く理解し、子どもや保護者と円滑にコミュニケーションがとれる保育・教育の専門家を育成します。子どもの成長や発達を長いスパンでとらえ、保育・教育の過程を全体的、多角的に理解していく意欲を持った者を求めます。

こども発達学科

本学科は、保育士資格、幼稚園教諭免許、小学校教諭免許(オプション)取得できるカリキュラムを設けています。
次のような志を持つ専門家を育成します。
  • 保育・幼児教育の原理や本質を理解し、広い視野と深い洞察力を持った保育者
  • 専門知識・技術に加え、豊かな人間性やコミュニケーション能力を持ち社会に貢献できる者
  • 保護者や地域の方々と連携する保育者

志向性:将来の進路

  • 認定こども園 保育教諭・保育士・幼稚園教諭、保育所保育士、幼稚園教諭、児童福祉施設保育士、小学校教諭、及び保育・教育に関する研究者を目指す者

期待する能力:知識・専門性

  • 幅広い分野の学問や社会の動向に関心を持つ
  • 保育や教育に関心を持つ

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
国語、地理歴史(日本史・世界史・地理)、公民(現代社会・倫理・政治・経済)、数学、理科(理科・物理・化学・生物・地学)、保健体育(体育・保健)、芸術(音楽・美術・工芸・書道)、外国語、家庭、情報等の科目をバランスよく学んでいること
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)、日本漢字能力検定(2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

  • 自律した生活ができる
  • 人や社会への思いやりや共感、配慮ができる
  • 課題意識を持ち、前向きに取り組むことができる

期待する能力:思考・判断

  • 物事を多面的にとらえようとする
  • 物事を論理的に分析しようとする
  • さまざまな事象に対して新たな方法を模索することができる

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 自らの考えを明確にし、話したり書いたりすることができる
  • 他者と豊かなコミュニケーションができる
  • 豊かな感性を育てようとしている

児童教育学科

本学科は、小学校教諭免許、中学校教諭免許、高等学校教諭免許が取得できるカリキュラムを設けています。
次のような志を持つ専門家を育成します。
  • 教育の原理や本質を理解し、広い視野と深い洞察力を持った教育者
  • 専門知識・技術に加え、豊かな人間性やコミュニケーション能力を持ち社会に貢献できる者
  • 保護者や地域の方々と連携する教育者

志向性:将来の進路

  • 小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭、及び保育・教育に関する研究者を目指す者

期待する能力:知識・専門性

  • 幅広い分野の学問や社会の動向に関心を持つ
  • 初等教育ならびに中等教育に関心を持つ
高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
国語、地理歴史(日本史・世界史・地理)、公民(現代社会・倫理・政治・経済)、数学、理科(理科・物理・化学・生物・地学)、保健体育(体育・保健)、芸術(音楽・美術・工芸・書道)、外国語、家庭、情報等の科目をバランスよく学んでいること
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)、日本漢字能力検定(2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

  • 自らの生活を管理できる
  • 人としての倫理観を持っている
  • 課題意識を持ち、前向きに取り組む

期待する能力:思考・判断

  • 物事を論理的に分析しようとする
  • さまざまな事象に対して新たな方法を模索することができる

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 自らの考えを明確にし、話したり書いたりすることができる
  • 他者と豊かなコミュニケーションができる
  • さまざまな表現を楽しむことができる
薬学部
本学部は、教養教育から基礎薬学教育、医療薬学教育へと系統的な教育を行うことで、医療人としての高い倫理観と高度な専門知識を兼ね備えた実践力のある薬剤師を育成することを目的としています。わが国の医療の一翼を担う人材として、薬学の知識修得に必要な基礎学力を有するとともに、人間性豊かで高い志を持ち、広く社会に貢献しようという意欲を持った者を求めます。

薬学科

本学科は、基礎薬学と医療薬学に関する確かな知識と応用力を持ち、実務実習に基づいた高度な専門知識と実践力があり、チーム医療の一員としての知識と技術に加えて、医療に携わるために必要な高い倫理性を兼ね備えて社会に貢献できる人材の育成を目的としています。もって、以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 医療人として慈悲の心を持って患者・生活者に応対していこうとする者
  • 患者・生活者の相談に適切に対応できる実践力を身につけていこうとする者
  • 医療チームの一員として病院や地域医療で活躍していこうとする者
  • 基礎的な科学力と研究能力を有して社会で活躍しようとする者
  • 最新の医療技術の進歩に対応していこうとする者
  • 多様な薬学関連分野で活躍できる創造力豊かな人材を目指す者

期待する能力:知識・専門性

  • 薬学教育に対応できる十分な基礎学力を有し、薬学に強い意欲を持つ下記の履修・資格を有する者
高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
英語、国語、数学、理科(物理、化学、生物)
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

  • 学問に真摯に対峙し、自主的・主体的に学ぶ意欲を持っている者
  • 豊かな人間性涵養のために積極的に自己研鑽を行う者

期待する能力:思考・判断

  • 科学的志向に基づいて問題点を見出し、論理的に判断できる能力を有している者

期待する能力:実践的スキル・表現

  • 相互理解に十分なコミュニケーション力を有している者
看護学部
本学部は、「慈悲の心」を持ちながら、人の生老病死に寄り添い、痛みや苦しみ、喜びや楽しみをともに分かち合える豊かな人間性と倫理観、そして確かな専門知識・技術に裏打ちされた実践力を兼ね備えた看護師を育成します。看護専門職に必要な基礎的能力を身につけ、社会のさまざまな領域で人々の健康及び福祉の向上に貢献できる看護実践者及び将来の看護指導者を目指す者を求めます。

看護科学科

本学科は、医療チームと連携・協力できる総合的視野や、国際社会でも活躍できる基礎的能力を養いながら、患者の痛みや苦しみ、喜びや楽しみをともに分かち合える豊かな人間性と倫理観を持った人材を育成します。もって以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  • 豊かな人間性と倫理観を備えた人材を目指す者
  • 看護学に求められる社会的使命を遂行し得る人材を目指す者
  • ケア環境とチーム体制の整備能力を備えた人材を目指す者
  • 国際社会でも活躍できる人材を目指す者
  • 自己研鑽し、看護実践を改革しうる人材を目指す者

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
英語、国語、数学、理科(化学、生物)
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)など
  • 自主的・主体的に学ぶ意欲がある者

期待する能力:関心・態度・人格

  • 人の痛みや苦しみ、喜びや楽しみに関心があり、他者の権利や尊厳を尊重する態度を持っている者
  • 直面する多様な課題を解決し、それを通して自分の能力を高め成長していきたいという意欲のある者
  • 看護に関心があり、保健・医療・福祉の分野において貢献したいという意欲があり、国際的な健康問題にも関心がある者

期待する能力:思考・判断

  • 思考の論理性、柔軟性、創造性の基礎的な力を持つ者

期待する能力:実践的スキル・表現

  • コミュニケーションの基礎的な力を持っており、他者と協調する能力を持つ者
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職