HOME教育3つの教育方針とアセスメント・ポリシー

武蔵野大学の教育 新・全学共通基礎課程

武蔵野INITIAL

武蔵野INITIALとは

「アクティブな知」につながる学び

「武蔵野INITIAL(イニシアル)」では、学問の広大さ、私たちの非力さ、そして知が広がる躍動を体感し、疑問を掘り下げ、それを言葉で表現する苦労を体験します。それが専門課程での学びと「アクティブな知」へと、つながります。

専門の学びと結びつくことで「アクティブな知」につながるプログラム

武蔵野INITIAL

武蔵野大学では、全学生が1年次に全学共通の基礎課程「武蔵野INITIAL」を履修します。INITIALとは「最初の」「はじめの」等の意味をあらわすことばです。これは、皆さんが社会の中核として活躍する2050年の未来を想定して、世界の諸課題を担い解決していける人材となるための学びです。社会に出たら課題とその答えが用意されているわけではありません。自分で気づき、自分で答えを探ることが求められます。自分で発見し、「なぜか」と問いを立て、情報を収集・分析して、最適だと思われる答えを提案する(カタチにする)。こうした行動を主体的に行うためには、自ら気づいて問題意識を持つために「視野を広げること」、情報を収集・分析するための「スキルを身に付けること」、答えをカタチにするための「行動力を持つこと」が必要であり、それを学ぶのが「武蔵野INITIAL」です。学科の専門課程の学びと融合することで、社会で活躍するための力となる「アクティブな知」へと結実するはずです。

武蔵野INITIAL科目群の概要

心とからだ建学本学の建学の精神を学び、高い倫理観と慈悲の心を身に付けるとともに、自らの生き方を考える
スポーツ・身体正しい身体動作の方法と意義を、実技を通して学修し、生涯を通じた心身の健康増進のための「身体知」の導入を図る
学びを深める
力をたくわえる
情報 AI(人工知能)や最新のツールを自ら取り入れて活用する力を身に付ける
教養日本語伝えたいことを誤解を招くことなく伝える日本語の文章作成能力を修得し、文章を書くにあたっての倫理的心構えと作法を学ぶ
外国語英語(必修)および中国語・韓国語・スペイン語・フランス語・ドイツ語(選択)等を学び世界に視野を開く
問いを深める
考えを伝える
Creating Happiness Program(CHP) SDGsの理念を学び、自ら問題意識を持って主体的に学ぶ姿勢と実践力を身に付ける
フィールド・スタディーズ社会を見て、体験し、自らの専門の学びの有用性を感じ、将来のキャリア選択のきっかけとする
フィールド・スタディーズ発展(発展FS) SDGsの理念を実現するために、実社会の問題を体感し、解決策を提示していく
全学教養ゼミナール人文学、芸術学、社会科学、自然科学等様々な分野で行われている新しい研究の一端に触れることで、大学での学びにふさわしい広い知的視野を獲得する
インターンシップ就業体験を通して自らのキャリアや卒業後の進路について考えるきっかけにする

PICK UP スポーツ・身体科学

(全学部1年次 選択科目)
「スポーツと身体科学」

これまで本学の体育授業では球技を中心として展開し、スポーツの楽しさ体験や組織づくり養成に重点を置いていました。今回、リニューアルした「スポーツと身体科学」ではスポーツに加え、新たに「東洋的コンディショニング(座禅・ヨガ)と筋力トレーニング」と「合気道」を導入します。身体活動を通して深い呼吸、精神集中、脱力を学び、心の豊かさ、根気、寛容、協調などの精神心理面の鍛錬を図るとともに、ウェイトトレーニングを用いることで、筋力の増大・増量と健康づくりを目指します。

※履修学生全員が座禅、ヨガ、筋力トレーニングを受講します。合気道、スポーツはスポーツ科学5種目(バスケットボール・バレーボール・サッカー・テニス・合気道)から1種目を選択し受講します。

[座禅]

座禅

姿勢、目や口の中の状態、手の組み方、意識を置く場所について実践を行い、座禅の基本である「調身」「調息」「調心」を学びます。

[ヨガ]

ヨガ

ヨガを呼吸の原理、視覚の働き、体性感覚(深部感覚・触覚)の役割などから捉え、感覚の入力・統合・出力を通じて自己の身体と向き合い、「気づき」を高め、理論と実践から姿勢と心の安定を体得します。

[筋力トレーニング]

筋力トレーニング

筋力強化、心肺機能向上、身体調整のマシン(計47台)を用いて、姿勢や身体を動かす源となる構造や組織の強化を図ります。

[合気道]

合気道

深い呼吸と脱力に基づく合理的な身体の使い方を身につけます。また技の修得を通して、心身の統一と自他を尊重する精神を学びます。

[スポーツ]

スポーツ

身体活動から様々な精神的作用を高揚させるとともに、スポーツ科学の知識・概要を学びます。

PICK UP 情報

文理問わず全学生が、AI活用の基礎を必修科目として学びます。また、サブメジャー(副専攻)として「AI活用エキスパートコース」の選択履修が可能に。主専攻とAIを融合できる人材を育成します。

武蔵野大学の情報教育

特定のソフトの使い方にフォーカスした学びとは違い、次々に出てくる新しいツールを使いこなすコツや、欲しいツールを自分で作れるようになるプログラミングの基礎、ネット社会で自分の身を守るための知識などを学びます。また、今後は多くの分野でAI(人工知能)を利用する機会が増加し、皆さんが学ぶ専門分野とAIとの関係を理解することが重要になります。武蔵野大学は他の大学に先駆けて、AIの基礎を学ぶ科目を全学必修とし、皆さんが将来活躍する分野でどのようにAIを活用できるのかについて考えます。これらの学びは、将来どのような分野に進んでも、皆さんにとって強力な武器となるでしょう。

武蔵野大学はどのようにAIを活用できるのかについて考えます


(全学部1年次 必修科目)
「データサイエンス基礎」・「人工知能基礎」

これからの大学生に必須の「数理・データサイエンス・AI」スキルを学ぶ

「データサイエンス基礎」・「人工知能基礎」

数理・データサイエンス・AI分野で新たに提唱されているモデルカリキュラムに対応した授業です。データサイエンス基礎では、社会に溢れているデータを収集するだけでなく利活用できる基礎的な知識とスキルを実践的に学びます。人工知能基礎では、ヒトがAIを利活用するために必要な、AIの仕組み、社会的意義、今後の可能性についての基礎知識および利活用スキルを実践的に学びます。

(全学部1年次 選択科目)
「情報技法基礎」

ロジカルシンキングとデザインシンキングで提案力を高める

「情報技法基礎」

膨大なデータを多面的に分析し、そこから組み立てた企画アイデアを論理的に伝え、実現につなげる手法を学びます。現実の店舗の年間売上データを使った演習を通じ、実践的に基礎を身に付けます。

(全学部1年次 選択科目)
「プログラミング基礎」

使いたいツールを自分で作る力を身に付ける

「プログラミング基礎」

目的に応じて自分でソフトウェアを制作するための思考法、技法、ツールの使い方を学びます。感覚的に学べるので、文系学部生にとっても面白い授業です。

副専攻“AI活用エキスパートコース”

データサイエンス・機械学習の専門的なツールを活用して実社会の問題解決を実践的に行うことができるエキスパートになることを希望する全学部生(データサイエンス学部を除く)について、指定科目(計12単位)を修得した学生をコース認定します。


INITIAL
情報科目・AI活用エキスパートコースのイメージ図

「コース修了証」を大学卒業時に発行します副専攻(AI活用エキスパートコース)で定めた12単位を修得した学生に対して、「コース修了証」を大学卒業時に発行します(予定)。

 


武蔵野大学が推進しているBYODって?
使い慣れているPCやタブレットを携帯すれば、いつでもどこでも、今いる場所が教室に。

武蔵野大学が推進しているBYODって

BYODとは、Bring Your Own Device(あなたの端末を持ってこよう!)の略です。一昔前の大学は、キャンパスでインターネット環境に接続したい場合、キャンパスにあるPC教室に行って、有線LANが接続されているデスクトップ型PCを操作することしかできませんでした。武蔵野大学ではBYODを推進し、皆さんの持つ PCをいつでもキャンパスの中のどこでも自由に使いこなして、在学期間中に社会に出ても役に立つ“情報スキル”を身につけて欲しいと考えています。

BYOD推進のため、武蔵野大学は以下の学習環境を整え、支援しています。
  1. キャンパス全域でのWi-Fi環境の整備
  2. BYODに関するサポートを行うヘルプデスクの開設
武蔵野大学は学習環境を整え、支援しています

 


PICK UP Creating Happiness Program(CHP)

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、持続可能な社会をつくるため国連加盟193ヵ国が2016年~2030年の15年間で達成するべく掲げた国際社会共通の目標です。SDGsの掲げる「誰一人取り残さない」という基本理念は、武蔵野大学の建学の精神と共通します。そのため、SDGsに基づいた授業「CHP」で個々の学生が問題意識を持って、主体的な学びと実践の姿勢を身に付けられるようにします。
SDGs基礎「世界は幸せか」を問うとともに、グループワークやチーム作りなど、学びの基礎力を身に付けます。
SDGs発展1・2・3 SDGsの17目標(169ターゲット)に対応した授業で、それぞれのテーマを掘り下げます。世界の課題に気づき、世界と自己の関係を考え、自身の問題意識を醸成します。
SDGs特講世界の幸せをカタチにしていくために、多様な学問の見方・考え方を学ぶとともに、実習やディスカッション、グループワークなどを交え、「しあわせ」についての理解と考察を深めます。

PICK UP フィールド・スタディーズ

フィールド・スタディーズ

国内外70以上のプログラムから自ら選択し、大学を飛び出して実践的に学びます。例えば、1ヵ月かけて地域活性化事業の企画を考えたり、特色ある自治体で就業体験をしたりと、武蔵野大学独自の学びの機会を提供しています。

PICK UP フィールド・スタディーズ発展(発展FS)

発展型フィールド・スタディーズ

企業・自治体・団体と連携した産学・官学連携のプログラムや、国内・国外の修学関連施設を訪れ、学びの理解を深めるプログラムなど、多種多様なプログラムが用意されています。学科の専門に捉われない学部学科横断型タイプと、身に付けた専門の学びを学外で実践的に発揮して専門性を高める学科限定型タイプがあります。いずれも、SDGsの指標を実現するため、上級学年で受ける専門教育と社会とのつながりをより明確に理解し、社会の課題に対して解決策を提示し、世界の幸せをカタチにするHappiness Creatorを育成していく事を目的とした学外学修科目です。プログラムをいくつか紹介します。

メディア制作表現プログラム

受講者全員が監督となって映像作品を作り、世界に向けて発信します。自ら企画を立て、脚本・取材・撮影・演出・編集・広報・配信を実践。近隣の地域等と連携し、自治体の個性を活かしたドラマ・ドキュメンタリーなどのジャンルにとらわれないPR動画を制作する。担当するのは、海外映画祭等で入選経験のある、プロの映画監督です。

コピーライティングゼミ

広告・広報分野で働くコピーライターの技術やノウハウを軸に、情報の編集力、発信力を高めることを目指します。取材することで情報を集め、伝わる言葉で言語化、編集、発信する力を養います。インタビューを行って原稿にまとめたり、プロジェクトストーリー制作、スローガン開発、キャッチコピー開発など、さまざまな言葉づくり、文章作成を行います。よりよい言葉を生み出すために考え続ける、つらく楽しい作業を経験します。

仏教を学び,仏教から学ぶ

仏教美術、日本の伝統文化と仏教、現代社会における仏教など、「仏教」に関連する様々な学修を通じて、新たな視点から自己と世界を見ていきます。授業は複数の先生によるオムニバス形式で実施され、多角的な視点から学び、学外学修では都内の寺院、博物館、美術館を訪れます。

長野県信濃町の地域活性化企画

長野県信濃町を題材として、地域活性化に関する課題発掘と課題解決のための調査、考察を行います。学外学修では実際に信濃町に訪れ、農業体験や現地フィールドワーク調査を体験し、地域の魅力を探します。また地方創生、地域活性化、6次産業などにおける他の地域の事例を抽出しながら比較を行い、論文執筆と町役場でのプレゼンを目指します。

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究