HOME教育3つの教育方針とアセスメント・ポリシー

武蔵野大学の教育

3つの教育方針(DP・CP・AP)
とアセスメント・ポリシー

アセスメント・ポリシー(学修成果評価方針)

武蔵野大学では、内部質保証制度の一環として、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーの3ポリシーに基づいて、機関レベル(大学全体)、教育課程レベル(学部・学科・研究科等)、科目レベル(授業・科目)の3つのレベルで、学修成果等を測定・評価し、その結果を教育の改善につなげていく。

1. 機関レベル(大学全体)

学生の進路(就職率/希望進路達成率、資格・免許を活かした専門領域への就職率、進学率等)、学生生活実態調査、卒業時アンケート等から全学的な学修成果の達成状況を測定・評価する。
検証結果は、武蔵野大学の現状把握、全学的な教育改革・改善、学生の学修支援・生活支援等の改善に活用する。

2. 教育課程レベル(学部・学科・研究科等)

各学部・学科・研究科等における学生の進路(就職率/希望進路達成率、資格・免許を活かした専門領域への就職率、進学率等)、卒業要件達成の状況(単位取得状況、GPA等)、資格・免許の取得状況、外部客観テスト(TOEIC等)、授業評価アンケート、学生生活実態調査、学科DPルーブリック評価等から教育課程全体を通した学修成果の達成状況等を測定・評価し、カリキュラムの効果を検証する。

3. 科目レベル(授業・科目)

シラバスで提示された授業等科目の評価基準に基づく成績評価、授業評価アンケートから、科目ごとの学修成果の達成状況を測定・評価する。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

教育