HOME教育学部経済学部経済学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「初年次ゼミ」で経済学科の4年間の学びを概観し、分析に必要なパソコンの操作法をはじめとするアカデミックスキルを身に付けます。さらに「経済学基礎」で経済学についての理解を深めます。

年次
ゲーム理論や財政学など新たな分野を学修。プレゼミでは経済学を「人間」と「社会」という視点から学び、関心のあるテーマを掘り下げます。

年次
より専門的な科目やゼミで高度な経済学の知識を身に付けます。また、卒業後に目指す進路を見据えながら、それぞれの業界に関する知識を深めます。

年次
これまでに学んできた経済学の知識を統合します。卒業論文に取り組むことにより学んだ理論やデータ分析の手法を確実に修得します。

カリキュラム

経済学科では、3・4年次にしっかりと応用分野に取り組むことができるよう、1・2年次に「経済学入門」や「マクロ経済学」「ミクロ経済学」「統計学」「計量経済学」など経済学の基本的理論を学ぶ科目を多く設けています。
カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

授業ピックアップ

経済学科ミクロ経済学

ミクロ経済学

ミクロ経済学は、経済学の基礎となるもので、消費者や企業の行動を分析し、さらに両者が取引を行う市場のメカニズムについて研究する学問です。また市場がうまく働かない時などに、政府がどのような役割を果たすかも分析していきます。

経済学科計量経済学

計量経済学

統計学の基礎を学んだ上で、パソコン演習を通して、経済学のデータ分析で使用される計量的手法と理論について習得します。経済理論から導き出されたモデルを現実のデータを用いて統計的に分析するための基礎知識を養います。

経済学科国際金融論

国際金融論

為替レート、国際収支などを取り上げながら、国際金融の基本的な考え方や理論を学習します。さらに制度的、歴史的側面からも実践的に学ぶことで、国際経済のしくみをより多角的にとらえ、理解する力を養います。

経済学科マクロ経済学

マクロ経済学

マクロ経済学では経済を全体として分析。マクロ経済現象についての理論を学び、経済がどのように動いているのか、または経済政策の効果についても学びます。さらに、理論をもとに、マクロの統計データから日本経済の現状を理解します。

大阿久先生

ゲーム理論

経済学の問題分析に欠かせないゲーム理論は、幅広い分野で応用され、経営学や社会学の分野でも使われています。相互が影響し合う関係にあるプレイヤーの行動を「戦略的」に考えます。ゲーム理論の基礎をわかりやすく解説します。

経済学科統計学

統計学

経済学では、データの分析や計量経済学による実証研究は重要な役割を果たします。実習として学生自らが統計分析を行い、データ分析や計量経済学の基本となる統計学の知識を習得。実際の統計調査の手法や分析事例を幅広く学びます。

経済学科公共経済学

公共経済学

ミクロ経済学の視点から、政府の経済活動への関わり方が市場にどのような影響を与えるのかを分析。経済活動における公共性を踏まえ、政府が関与する分野と、政府が関与せず市場に任せる分野について、それぞれの果たす役割を考えます。
大学案内
学校法人武蔵野大学
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職