HOME教育学部経済学部経済学科

学科の特長

経済学は、一般的に景気や雇用、経済成長や経済史などの経済現象を分析しますが、最近では、教育や介護、環境問題など、社会のさまざまな分野の問題の分析にも応用されるようになってきています。なぜ多様な社会問題の分析に経済学が使われるようになっているのでしょうか?それは、経済学の分析の目的が「どうしたら、みんなが幸せになるか」だからです。

経済学科専門性を高めるカリキュラム

経済現象は複雑であるからこそ、多面的に分析することが重要

経済現象は生き物と言われるくらい複雑な分析対象です。その経済現象を「科学的に」分析するにあたっては、さまざまな手法を駆使する必要が出てきます。経済学科では、理論的な推論、統計データを用いた分析、歴史的な考察といった3つの手法をバランス良く学ぶことで、現実の社会経済を理解する力を育んでいきます。1年次から2年次にかけては経済理論・データ分析・経済史の基礎を学び、基本的な分析方法を身に付け、2年次の後半以降では発展的な内容に進みます。このように基礎から応用へと学修を積み重ねることで、経済社会問題を深く理解できる力が修得できるようになります。

経済学科膨大なデータを論理的に分析する能力を養う

データを正確に分析する力を養って、幅広い進路へ

現代社会では、政府の政策立案や企業の経営において、課題解決のために統計データを用いた分析が求められるようになっています。したがって、政府の統計や企業が保有する消費者の購買データなどを正確に見極め、分析し考察できるスキルを持つ人材が、いま、社会のあらゆる分野で求められていると考えられます。経済学科では、データ分析に欠かせない統計的手法を学ぶ授業やゼミが充実しています。レポートの作成やプレゼンテーションでパソコンを使いこなして、データを正確に分析する能力を身に付けることによって、幅広い分野で社会に貢献できる人材を育てます。

経済学科

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育