HOME教育学部経済学部経済学科

学科の特長

経済学科専門性を高めるカリキュラム

基礎から最先端までを段階的に学び
経済のメカニズムを理解する

経済学の領域はかなり広範囲にわたりますが、本学科では、入門・基礎から、最新の理論による展開・応用、最先端の研究へと、段階を追って学んでいけるカリキュラムを用意しています。2年次から全員が履修する「経済学プレゼミ」では、少人数ゼミ形式の授業議題に沿って意見を交えるディベートやプレゼンテーションによって、論理的思考力や課題発見・解決力を修得します。

経済学科膨大なデータを論理的に分析する能力を養う

統計的手法を学ぶ授業が充実
膨大なデータを論理的に分析する力を養う

経済学においてデータ分析や計量経済学などによる実証研究は、今後ますます重要になっていきます。インターネットの通信データや消費者の購買パターンなどの膨大なデータが社会・経済の課題解決に活用されており、そうしたデータ分析に欠かせない統計的手法を学ぶ授業やゼミが充実しています。経済学科の学生は大学に携行できるパソコンを持っていることが前提。レポートの作成やプレゼンテーション、講義の予習・復習など日常的にパソコンを使いこなすことで、卒業後を視野に入れたスキルを修得します。

経済学科パソコンを携行して使いこなす

経済学と経営学を共に学び、金融機関、
民間企業、公務員など、幅広い進路へ

将来の進路を見据え、ビジネス志向、公務員志向、教育・研究志向の履修モデルを用意。コースごとの学びで専門性を深めると同時に、隣接する学科の科目も学べる幅広いカリキュラムで、将来は金融機関、グローバル企業、自治体など、多様なフィールドでの活躍を目指すことが可能です。また、基幹科目として「英語で学ぶ経済学」を設置するなど、国際社会の一員として社会貢献するための英語教育も充実しています。

経済学科国家公務員育成プログラム

国家公務員育成プログラム

本気で国家公務員を目指す学生を支援するプログラムです。1年次から専任教員が教育内容をコーディネートし、試験直前まで徹底指導します。

国家公務員育成プログラム
学生VOICE
あらゆる分野に
繋がりを持つ経済学。
学びを深めて
社会への還元を目指します
滝吉 美駒
栃木県立宇都宮中央女子高等学校 出身
経済学部 経済学科 3年
経済学はあらゆる分野と繋がりを持っています。語学やスポーツ、オリンピックなどを経済的な視点から考え、身近な事象を分析する「ゲーム理論」で世の中の事象と経済の繋がりを実感しました。分析内容を基に戦略を考えることで、あらゆる経済問題に対して独自に解析していく姿勢が養われました。また、「フィールド・スタディーズ」で長野のリンゴ農家で農業体験実習を行ったことで、市場調査にも興味が湧きました。今後も経済学科の学びを深め、世の中の事象を解き明かしていきたいです。
学生VOICE
経済学の専門知識を
将来の会社経営に
活かしたい
小野寺 拓生
福島県立磐城高等学校 出身
経済学部 経済学科 3年  ※取材当時
私は将来、和菓子店を経営している父の後を継ごうと思っています。そのために必要な知識を身に付けるために、経済学を専門的に学びたいと考えました。進学先として武蔵野大学を選んだ理由は、武蔵野BASISで他学部の学生と交流できる点に魅力を感じたからです。人とのつながりが広がることで、自分自身も大きく成長できるという期待もありました。1年次で学んだ経済学の基礎を2年次でさらに掘り下げ、段階的に知識を深め、また2年次の「プレゼミ」で文章のまとめ方やプレゼンテーションのポイントなどを学び、その経験が他の学習にも役立っています。調べた結果や自分の考えをまとめて相手に伝えることは、研究を行う際の基本です。調べる力、分析する力、発表する力が身に付いたと思います。私が学業とともに力を注いでいるのが、野球部の活動です。現在は主将として全日本大会優勝を目指し、練習に取り組んでいます。限られた時間を有効に使って学業と部活動を両立した経験は、必ず自分の将来に役立つはずです。私の夢は、製造業の分野で衰退しつつある和菓子の発展に貢献すること。経済学科で得た知識を活かし、経営者としての可能性を切り拓きたいと思います。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職