HOME教育学部看護学部看護学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「看護学概論」をはじめ、看護に関する基礎的な知識を身に付けると同時に、
“人とは何か” “人として大切なことは何か”など人間性についてもしっかり学びます。

年次
看護の専門科目の学習が増えます。また、病院や地域の施設で実際に看護を体験する初めての実習が行われます。
基本的な看護の知識や技術について自らの実践を通して学びます。

年次
「母性・小児・成人・老年・精神看護論の実習」が行われます。
看護の対象となる人々の特徴や健康問題の状況をふまえた看護学を実践を通して学びます。

年次
国家試験対策に力を入れながら、これまでの学びの集大成となる「看護研究( 論文)」と3週間の「統合実習」に取り組みます。

トピックス

総合大学の環境を活かし、教養と人間性を養う

看護師には、看護に関する専門知識やスキルだけではなく、患者さんの気持ちに寄り添える人間性やコミュニケーション力、幅広い教養が求められます。他学部の専門教育を反映した教育プログラムで医薬や心理学、福祉、教育など看護に関連した領域に触れられることが、総合大学で看護を学ぶ魅力です。日々の学びやクラブ活動などを通じて多様な価値観を持った人たちと交流する経験は、看護師に必要な人間性を高める上で大いに役立ちます。

看護学科教養と人間性を養う

高い専門スキルを身に付け、より高度な看護師を目指す

総合大学の特長を活かし、2つの課程と2つの関連領域の学びを科目として用意。看護師に加え、保健師、養護教諭一種の資格取得を目指すことができます。
保健師課程( 選択)
疾病の予防、健康の維持・増進を目指した活動を行う地域・公衆看護の専門職として活躍したい学生を対象とした課程です。
保健師国家試験に必要な公衆衛生看護管理論や臨地実習などを受講することにより、受験資格を得ることができます。
養護教諭課程( 選択)
学校保健の担い手として児童・生徒の成長発達過程について習熟し、他の教職員との協力のもと、心身の発達を支えるのが養護教諭の仕事です。本学が全学的に開講している教職科目を併せて受講することで、養護教諭一種免許が取得できます。

スキルの幅を広げる2つのコース

心理(選択)コース
心理(選択)コースは、心理学に関する科目を看護学部のカリキュラム(通学科目)と本学通信教育部のカリキュラム(通信科目)で学ぶことができます(別途登録が必要です)。
医薬(選択)コース
薬学に関する知識は、看護実践活動において、大切な知識の一つとなります。
医薬(選択)コースでは薬学部と協働し、薬学に関連する知識を学ぶことができます。

看護の7領域を実践的に学びながらバランスよく身に付ける

実践力のある看護師を育てる豊富な実習プログラム

看護学部では、実習前に基礎知識や注意事項を習得し、実習後は「振り返り」の時間で反省点や解決法など実習から得た経験を報告して共有します。実習は2年次から始まり、3年次では看護の7領域を学ぶ「領域実習」にすべての学生が参加。4年次の統合実習では、さらに実践的な環境で知識や技術を高めていきます。
2年次
基礎看護実習+ヘルスプロモーション実習
保育所や高齢者などの健康増進施設での実習
3・4年次
授業 → 領域実習 → 振り返り+ 授業 → 領域実習
学びのサイクルを繰り返し知識と技術を定着させる
統合実習
既修の知識・技術を統合し、自分の将来を見据えて看護をさらに深めていきます。

看護の7領域をバランスよく習得するカリキュラム

看護学は一般に7つの領域に分類されます。看護学部では、「授業」「演習」「領域実習」で各領域をバランスよく効率的に学び、4年次の「統合実習」で学びを統合してさらに深めていきます。看護の7領域すべての領域を学ぶことで、どのような病院や施設で働くことになっても対応できる力が身に付きます。

看護-カリキュラム

1. 基礎看護学

看護学ならびに看護実践の基本となる理論、方法、技術、態度について学び、看護専門職者としての基礎的な能力を身に付けます。

2. 小児看護学

子どもの権利を守り、成長発達を促進し、健康に生活するための看護に必要な知識や技術を学びます。

3. 精神看護学

心の健康とは何か、心が病気になるとはどういうことか。心の問題や障害のある患者さんに対する理解と生活の援助、人権を尊重する態度などを学びます。

4. 母性看護学

母性看護の対象を総合的に理解し、女性のライフサイクルにおける健康上の課題や看護について学び、看護の役割を理解します。

5. 老年看護学

高齢期に見られる健康問題の理解、加齢に伴う能力低下に対する援助などを学びます。また、高齢者とその家族の回復力を高めるための援助技術を習得します。

6. 成人看護学

成人期に特有の健康問題や、急性期・慢性期の患者さんに関する事例を学習。適切な看護援助の理解と、技術の習得を目指します。

7. 在宅・地域看護学

在宅療養者や要介護者、その家族に対する援助理論・技術などを習得。地域看護の理論を理解し、地域の健康課題の把握・解決のための方法を学びます。

カリキュラム

カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

カリキュラムの特徴

学科科目では、看護実践力を高めるための統合カリキュラムを用意。「専門基礎科目」「看護学・看護実践の基本」「健康的な個人・家族を対象とした看護」「疾患を持つ個人・家族の看護」「集団・地域の健康問題に関わる看護」「看護統合」の6分野で構成されており、「専門基礎科目」では、看護学を支える専門基礎的な知識を学びます。そして、看護学の分野においては、「看護学・看護実践の基本」「健康的な個人・家族を対象とした看護」「疾患を持つ個人・家族の看護」「集団・地域の健康問題に関わる看護」による専門的学習を行い、「看護統合」で4年間の学習を総括します。さらに、ニーズの高い関連領域の科目をコース(選択)科目として選択することも可能です。

2年次1学期の時間割例

 
1 自主学習自主学習成人看護論 1成人看護論 1
2自主学習基礎看護実践論 3
(生活行動援助技術)
精神看護論 1母性看護論 1課題学習
3老年看護論 1セクシュアリティ論死生学疾病治療論 5(精神)
4課題学習基礎看護実践論 4
(看護実践基礎技術)
課題学習疫学総論課題学習
5
6認知心理学 1課題学習課題学習

授業ピックアップ

看護学科看護学概論

看護学概論

看護学の概念を本質や目的など、さまざまな視点から学習。看護・看護学の過去、現状、これからの方向性について知識を深めていきます。また、看護領域学習の導入として探る(調べる)、読む、まとめる、考える、書く、伝えるなどの基礎力を伸ばす学習活動を取り入れています。

看護学科看護研究 1

看護研究 1

看護の質を高めたり、より良い看護を実践するために必要となる看護研究。その特徴と意義、そして研究の方法やプロセスの基本を学びます。グループワーク、課題発表などを取り入れた学生参加型の授業を展開し、4年次から始まる卒業論文に向けて研究能力を習得します。

看護学科地域看護論 2

地域看護論 2

「母子保健」「精神保健福祉」「難病対策」などの保健活動における支援技術と活動の基本を学習。疾病や障害を持つ個人や家族のセルフケアを促す支援方法や特定集団の特徴的な健康課題の解決方法を理解します。

看護学科 看護実践統合演習 2-2(援助技術)

看護実践統合演習 2-2(援助技術)

疾患あるいは加齢や周産期などのライフサイクルにおける健康問題を抱える人への看護に必要となる基礎的な援助技術を学びます。各領域( 成人看護、老年看護、母性看護、小児看護、精神看護)における特徴的な援助技術の習得。さらにエビデンスに基づいた的確な援助技術についても習得します。

看護学科 看護学科在宅看護論

在宅看護論

病棟看護と在宅看護それぞれの特徴を理解した上で、在宅において病や障害を持ちながら生活する療養者とその家族への看護支援を学びます。また、訪問看護の役割や魅力についても理解を深めていきます。

看護学科 統合実習

統合実習

4年間の授業や臨地実習で身に付けた知識と技術を組み合わせて、医療現場の実務に沿った看護実践を行います。実習先では自分で目標を設定。主体的に業務に取り組み、看護職に求められる総合的なスキルを磨くことで保健医療福祉チームの一員としての自覚を養います。

看護学科アメリカでの視察研修

最先端の医療現場に触れる、アメリカでの視察研修

アメリカ・ロサンゼルスでの「医療・福祉施設視察研修」は、医療先進国アメリカの実情を肌で感じられるプログラム。総合病院や小児・子ども専門病院、高齢者向け福祉施設などを視察します。さらに、現地の看護師や心理カウンセラー、ソーシャルワーカーなどの講演を聞くことによって、医療人としての職業観を養い、視野を広げることができます。最先端の医療現場から刺激を受け、主体的な学びの大切さを再確認できる濃密な研修です。

看護学科 高度な専門性や研究力を身に付ける、大学院での学び

高度な専門性や研究力を身に付ける、大学院での学び

卒業後、さらに高度な専門性や研究力を深めることができるのが、大学院の「看護学研究科看護学専攻修士課程」「博士後期課程」です。修士課程では、建学の精神を基盤とした教育研究によって、高い看護実践力や教育研究力を備えた看護実践のスペシャリストを養成します。また、修士課程専門看護師コース「がん看護」「精神看護」領域の必要単位を修了すると、日本看護協会が認定する専門看護師(がん看護・精神看護)の受験資格を得ることができます。さらに「博士後期課程」では、自立した研究活動を通じて、豊かな学識と創造性を備えた研究者や教育者を養成します。
学生VOICE
一人ひとりと向き合い
心身ともにケアできる看護師が目標
神岡 美穂
東京都⽴立川高等学校 出身
看護学部 看護学科 3年
武蔵野大学の看護学部を選んだ理由は、高い国家試験合格率はもちろん、総合大学であるため他学部の学生との交流を通して、看護師に不可欠な心の豊かさも身に付けられると思ったからです。また保健師や養護教諭の受験資格も得られるため、将来の仕事の幅を広げられるのも魅力でした。印象的だった授業は、1年次で経験したロサンゼルスでの医療福祉施設視察研修です。アメリカの最先端医療について学んだり、看護師を目指すアメリカ人学生と触れ合ったり、国際的な視野で看護を考える良い機会となりました。患者さん一人ひとりを大切にするという世界共通の看護の考えも再認識することができました。また、2年次の基礎看護実習では、患者さんのためにチームが一つになってより良いケアを目指す大切さや、患者さんの容態が良くなった時の喜びなど、看護師という仕事の大変さと素晴らしさを実感。実習最終日に患者さんからいただいた「今日までありがとう。明日から会えなくなるのが寂しいわ」という言葉は忘れられません。将来の目標は、大学での学びや経験を活かし、患者さんが心身ともに満足できるケアを行える看護師になることです。今後も授業や実習に全力で取り組んでいきたいと思います。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究
学生生活・就職