HOME教育学部看護学部看護学科

実習プログラム

豊富な実習プログラム

学びのサイクルで 繰り返し知識と技術を定着させる

看護学部では、実習前に基礎知識や技術・態度を修得し、実習後は「振り返り」の時間で改善点や解決法など実習から得た経験を学生間で共有し、その後の学習に活かします。実習は2年次から始まり、3年次では「領域実習」に全ての学生が参加。4年次の「統合実習」では、さらに実践的な環境で知識や技術を高めていきます。

● 実習の流れ

2年次保育所や健康増進施設などで現場を体験して経験を積むとともに、病院施設で日常生活援助を中心とした看護実践を実施し、看護専門職者としての基礎的な能力を身に付ける。
 ヘルスプロモーション実習基礎看護実習
地域社会の様々な施設(保育所、助産所、健康増進施設など)において人々が自らの健康をコントロールし、改善することができるようにするプロセスであるヘルスプロモーションの活動の実際を見学実習します。看護学ならびに看護実践の基本となる理論、方法、技術、態度について学び、看護専門職者としての基礎的な能力を身に付けます。

 

3・4年次6領域におよぶ学修と実習の繰り返しで、幅広い看護の視点と実践力を育てる。
 
授業
領域実習
振り返り
+
授業
領域実習
振り返り

 

領域実習

1.小児看護論実習

子どもの権利を守り、成長発達を促進し、健康に生活するための看護に必要な知識や技術を学びます。

2. 精神看護論実習

心の健康とは何か、心が病気になるとはどういうことか。心の問題や障がいのある患者さんに対する理解と生活の援助、人権を尊重する態度などを学びます。

3. 母性看護論実習

母性看護の対象を総合的に理解し、女性のライフサイクルにおける健康上の課題や看護について学び、看護の役割を理解します。

4. 老年看護論実習

高齢期に見られる健康問題の理解、加齢に伴う能力低下に対する援助などを学びます。また、高齢者とその家族の回復力を高めるための援助技術を修得します。

5. 成人看護論実習

成人期に特有の健康問題や、急性期・慢性期の患者さんに関する事例を学修。適切な看護援助の理解と、技術の修得を目指します。

6. 在宅看護論実習

在宅療養者や要介護者、その家族に対する援助理論・技術などの修得を目指します。

4年次既修の知識・技術を実践して統合し、将来に向けた看護を深める。
 統合実習 
既習の学修を踏まえ、各領域において看護実践を実施し、知識、技術、態度を統合し、基礎的な看護実践能力を身に付けます。
公衆衛生看護論実習

● 主な実習先

看護学科主な実習先

● 東邦大学医療センター大橋病院
● 順天堂大学医学部附属練馬病院
● 青梅市立総合病院
● 東京都済生会中央病院
● 昭和大学江東豊洲病院
● 東京都多摩小平・多摩立川保健所
● 東京都多摩地区の市町村保健センター 他
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職