HOME教育学部看護学部看護学科

学科の特長

武蔵野BASIS

総合大学の環境を活かし、
他学部の学びと人間性を養う


武蔵野大学の看護学部は看護に関する専門知識やスキルだけでなく、総合大学ならではの学びを活かし、どんな状況でも最善の看護を提供できる看護職者の育成を目指しています。総合大学で看護を学ぶ魅力は、医薬、心理学、福祉、教育など看護と関連する他学部の分野も学べること。また、武蔵野大学独自の全学共通基礎課程(武蔵野BASIS)で他学部の学生とともに学び、クラブ活動などを通じて多様な価値観を持った人たちと交流する経験は、看護職者に必要な人間性を高める上で大いに役立ちます。

専門スキルを身に付け、より高度な看護職者を目指す

総合大学の特長を活かし、2つの課程と2つの関連領域の学びを科目として用意。看護師に加え、保健師、養護教諭一種免許の資格取得を目指すことができます。
保健師課程( 選択)
疾病の予防、健康の維持・増進を目指した活動を行う地域・公衆衛生看護の専門職として活躍したい学生を対象とした課程です。保健師国家試験に必要な公衆衛生看護管理論や臨地実習などを受講することにより、受験資格を得ることができます。
養護教諭課程( 選択)
学校保健の担い手として児童・生徒の成長発達過程について習熟し、他の教職員との協力の下、心身の発達を支えるのが養護教諭の仕事です。本学が全学的に開講している教職科目を併せて受講することで、養護教諭一種免許が取得できます。

スキルの幅を広げる2つのコース

心理(選択)コース
心理(選択)コースは、心理学に関する科目を看護学部のカリキュラム(通学科目)と本学通信教育部のカリキュラム(通信科目)で学ぶことができます(別途登録が必要です)。
医薬(選択)コース
薬学に関する知識は、看護実践活動において、大切な知識の一つとなります。医薬(選択)コースでは薬学部と協働し、薬学に関連する知識を学ぶことができます。

アメリカでの医療視察

看護学科アメリカでの視察研修

最先端の医療現場に触れる、
アメリカでの視察研修


アメリカ・ロサンゼルスでの「医療・福祉施設視察研修」は、医療先進国アメリカの実情を肌で感じられるプログラム。総合病院や小児・子ども専門病院、高齢者向け福祉施設などを視察します。さらに、現地の看護師や心理カウンセラー、ソーシャルワーカーなどの講演を聞くことによって、医療人としての職業観を養い、視野を広げることができます。最先端の医療現場から刺激を受け、主体的な学びの大切さを再確認できる濃密な研修です。

高度な専門性や研究力を身に付ける、大学院での学び

看護学科 高度な専門性や研究力を身に付ける、大学院での学び


卒業後、さらに高度な専門性や研究力を深めることができるのが、大学院の「看護学研究科看護学専攻修士課程」「博士後期課程」です。修士課程では、建学の精神を基盤とした教育研究によって、高い看護実践力や教育研究力を備えた看護実践のスペシャリストを養成します。また、修士課程専門看護師コース「がん看護」「精神看護」領域の必要単位を修了すると、日本看護協会が認定する専門看護師(がん看護・精神看護)の受験資格を得ることができます。さらに「博士後期課程」では、自立した研究活動を通じて、豊かな学識と創造性を備えた研究者や教育者を養成します。

大学院 看護学研究科
学生VOICE
自分を知ることが
他人を思いやることに繋がる。
たくさんの発見がある授業
小野 ちづる
神奈川県立光陵高等学校 出身
看護学部 看護学科 3年
看護学部は、一人で考えるのではなく周りの人の意見を聞き、議論するグループワークの授業が多いことが特長です。多角的な視点を取り入れることは自分と他人を知ることにも繋がる大切な学びだと感じています。看護師や専攻している養護教諭は他人の人生に介入していく責任のある立場。学ぶ内容は難しく、量もありますが、みんな意識を高く持って意欲的に学んでいます。そういった学生たちに囲まれて学べる環境はモチベーションも高まり自分も頑張ろうと思います。
学生VOICE
一人ひとりと向き合い
心身ともにケアできる看護師が目標
神岡 美穂
東京都⽴立川高等学校 出身
看護学部 看護学科 3年  ※取材当時
武蔵野大学の看護学部を選んだ理由は、高い国家試験合格率はもちろん、総合大学であるため他学部の学生との交流を通して、看護師に不可欠な心の豊かさも身に付けられると思ったからです。また保健師や養護教諭の受験資格も得られるため、将来の仕事の幅を広げられるのも魅力でした。印象的だった授業は、1年次で経験したロサンゼルスでの医療福祉施設視察研修です。アメリカの最先端医療について学んだり、看護師を目指すアメリカ人学生と触れ合ったり、国際的な視野で看護を考える良い機会となりました。患者さん一人ひとりを大切にするという世界共通の看護の考えも再認識することができました。また、2年次の基礎看護実習では、患者さんのためにチームが一つになってより良いケアを目指す大切さや、患者さんの容態が良くなった時の喜びなど、看護師という仕事の大変さと素晴らしさを実感。実習最終日に患者さんからいただいた「今日までありがとう。明日から会えなくなるのが寂しいわ」という言葉は忘れられません。将来の目標は、大学での学びや経験を活かし、患者さんが心身ともに満足できるケアを行える看護師になることです。今後も授業や実習に全力で取り組んでいきたいと思います。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職