HOME教育学部看護学部看護学科

学科ポリシー

※[+]をクリックすると、各項目が表示されます。

ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー

学科のディプロマ・ポリシー概要/育成する人材の方針

慈悲の心をもった心のケアのできる質の高い人材を育成していきます。
(1)豊かな人間性と倫理観を備えた人材の育成: 人間の生命と生活を尊重し、人の生・老・病・死に寄り添い、痛みや苦しみ、喜びや楽しみを共に分かち合える豊かな人間性と倫理観を養います。
(2)看護学に求められる社会的使命を遂行し得る人材の育成: 看護職の責務が拡大するなか、専門的知識・技術に基づき倫理的判断力と科学的思考に支えられた実践能力を養います。
(3)ケア環境とチーム体制の整備能力を備えた人材の育成: 保健・医療・福祉等について総合的視野を持ち、関連領域の専門家やチームと連携・協力できるチームリーダーや調整者としての基礎的能力を養います。
(4)国際社会でも活躍できる人材の育成:国際的な視野から、保健・医療・福祉にかかわる課題と看護の機能と役割をふまえ、国際社会でも活躍できる基礎的能力を養います。
(5)自己研鑽し、看護実践を改革しうる人材の育成:広く社会から期待される看護の実践と充実に向けて研究成果を適用し、実践の改革ならびに看護学の発展をめざし、自己研鑽を継続できる基礎的能力を養います。

学科のカリキュラム・ポリシー概要

知識・専門性 【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

⾃ら教養・基礎学⼒を修得し、⾃⽴的・主体的に学ぶことができる【教養・基礎学⼒】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 本格的な専⾨教育を受ける前に、全学共通の教養教育プログラムである「武蔵野BASIS」を履修します。「武蔵野BASIS」では、⼤学での学修に必要な基盤的な技法と知識の修得を⽬的として、「建学」、「健康体育」、「情報」、「⽇本語リテラシー」および「外国語」を学びます。また、同プログラムの「基礎セルフディベロップメント」において、「思想・芸術」、「国際・地域」、「社会・制度」、「⼈間・環境」、「物質・⽣命」、「数理・情報」の6分野を学ぶことにより、広い視野を備えたすぐれた⼈格の形成を⽬指します。さらに、アクティブな知を獲得するために、学外で学修する「フィールドスタディーズ」が⾏われます。

看護学の知識・技術・態度について体系的に修得し、臨床の場で適切に適⽤することができる【看護学の専⾨性】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 看護学の専⾨的知識・技術・態度を⾝につけるため、学科⽬の6分野の科⽬を学びます。看護学の基礎となる【専⾨基礎科⽬】の科⽬として⼈の体や機能を学ぶ科⽬、疾病や治療に関する科⽬、保健学・疫学を学ぶ科⽬が必修科⽬として1-2年次に配置されています。
  • さらに、看護学を学ぶための【看護学・看護実践の基本】【健康的な個⼈・家族を対象とした看護】【疾患をもつ個⼈・家族の看護】【集団・地域の健康問題に関わる看護】の分野の科⽬である「基礎看護実践論1-4」「看護倫理」、「⺟性・⼩児・成⼈・⽼年・精神・在宅・地域看護論1.2」「家族看護論」「終末期看護論」で基本的な知識を学び、各分野の「看護実践統合演習」でそれぞれの科⽬の知識・技術・態度を統合して学びます。
  • また、各分野での実習科⽬で臨床の場への適⽤について学びます。さらに、4年次の【看護統合】の分野の「総合看護演習」で4年間の学びの振り返りを⾏います。
関心・態度・人格 【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

⼈々の⽣命、価値観や信条、⽣活を尊重し、⼈々の尊厳や⼈権を擁護する⾏動がとれる【⼈権の尊重】
グルーバルな視点で保健・医療・福祉・看護にかかわる多様な課題を⾒出すことができる【課題発⾒⼒】
看護の対象に対して積極的に関わり、必要とされる援助を計画・実施・評価することができる【主体性、実⾏⼒】
看護専⾨職者として社会から期待される看護実践を遂⾏できるよう、⾃⼰研鑽できる基礎的能⼒を修得する【⼈格形成・使命感】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 看護学を基盤とする看護専⾨職の役割として、対象となる⼈々の権利を擁護することを⼤切にしています。全ての学科科⽬においてその学習内容は包含されますが、特に「⽣命倫理・医療倫理学」「看護倫理」「終末期看護論」の必修科⽬や発展セルフディベロップメントで提供される選択科⽬である「セクシャリティ論」「死⽣学」「グリーフケア・ターミナルケア」などの選択科⽬で、⼈々の⽣命、⽣活、尊厳、⼈権について学びを深めます。
  • また、2年次で開講される【看護学・看護実践の基本】分野の「基礎看護実習」と【健康的な個⼈・家族を対象とした看護】分野の「ヘルスプロモーション実習」、3年次から4年次で開講される【疾患をもつ個⼈・家族の看護】分野の「⺟性看護論実習」「⼩児看護論実習」「成⼈看護論実習A」「成⼈看護論実習B」「⽼年看護論実習」「精神看護論実習」「在宅看護論実習」、【看護統合】分野の「統合実習」の10科⽬では、臨地の場で看護の対象となる⼈々と援助的に関わり看護実践を⾏いながら⾃⼰と他者を理解し、⼈々の⼈権の尊重、看護学の視点からの課題発⾒、解決、そして看護専⾨職者としての倫理観、⾃⼰研鑽の態度を段階的に⾝につけます。4年次には「看護管理論・政策論」を学び、保健・医療・福祉・看護の視点から、それまで学んできた看護学・看護実践について視野を広げていきます。
思考・判断 【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

看護現象について積極的に情報収集し、論理的に情報を解釈・分析・統合し、課題を妥当に判断できる【情報分析・論理的思考・判断⼒】
課題に対し、エビデンスに基づいて⽬標設定・解決策を⽴案することができる【課題解決⼒】
制約された条件の中で、課題に対する多様な解決策を発想できる思考を修得する【創造的思考⼒】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 武蔵野BASISの必修科⽬である「コンピューター基礎1」、専⾨基礎科⽬の必修科⽬の「疫学総論」「保健統計学」で情報分析の基礎を学びます。
  • 看護学の専⾨的知識・技術を⽤いて看護の対象となる⼈々の看護上の課題を明確にする⼒および課題解決⼒を養うため、「基礎看護実践論1」でクリティカルシンキング、科学的問題解決的思考の基本を学び、その後「看護統合演習2-1(看護過程展開)」で対象特性・状況への応⽤を学びます。
  • また、状況把握のためのアセスメント技術や看護学の専⾨技術の基本を「基礎看護実践論2」「基礎看護実践論3」「基礎看護実践論4」で学び、その後「看護実践統合演習1」「看護実践統合演習2-2(援助技術)」「看護実践統合演習(地域)」で健康問題や対象に特徴的な技術を学びます。
実践的スキル・表現 【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

相⼿の意⾒を傾聴し、アサーティブなコミュニケーションをとることができる【コミュニケーション⼒】
⾃らの考えや看護実践を、論理的にわかりやすくまとめて表現することができる【⽂章⼒・討議⼒・プレゼンテーション⼒】
リーダーシップを理解したうえでチームメンバーとして、対象となる⼈々の⽬標達成に向けて協調・協働することができる【チームワーク】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 語学⼒向上として、武蔵野BASISの科⽬「英語1B」「英語1D」で英語の基礎を学び、その後「英語3(医療英語)」で専⾨分野に対応できる英語⼒を修得します。さらに、英語⼒を発展させるために選択科⽬として「英語4(医療英語2)」を準備しています。
  • 学科科⽬では、あらゆる講義や演習科⽬において⼩グループによるディスカッションや発表を通して、コミュニケーション⼒、討議⼒やプレゼンテーション⼒を養う教授法がとられています。特に、「実習科⽬」や4年次の「看護ゼミ」においてはカンファレンスやディスカッション、レポート作成などを通して、看護実践について⾃⼰内省や考えを表現し発信するコミュニケーション⼒・伝達⼒・⽂章⼒を養います。
  • さらに、2年次の「看護研究1」で論理的思考の基礎を学び、4年次には「看護研究2(論⽂)」において、これまでの実習科⽬での経験から導いた課題をテーマに、論理的思考プロセスと⽂章⼒を養います。
  • また、4年次の「統合実習」や「看護管理・政策論」では、多職種の中での看護専⾨職としての役割を学び、組織・政策という視点から看護について考えます。

アドミッションポリシー

本学科は、医療チームと連携・協力できる総合的視野や、国際社会でも活躍できる基礎的能力を養いながら、患者の痛みや苦しみ、喜びや楽しみをともに分かち合える豊かな人間性と倫理観を持った人材を育成します。もって以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目:
英語、国語、数学、理科(化学、生物)
(特に生物に関しては「生物基礎」のみならず「生物」を履修しておくことが望ましい。)

高等学校で取得するのが望ましい資格等:
実用英語検定試験(2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

期待する能力:思考・判断

期待する能力:実践的スキル・表現

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育