HOME教育学部人間科学部人間科学科

学科ポリシー

※[+]をクリックすると、各項目が表示されます。

ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー

学科のディプロマ・ポリシー概要/育成する人材の方針

学科のカリキュラム・ポリシー概要

【1年次】
「武蔵野INITIAL」「CHP(Creating Happiness Program)」「インターンシップ」の各プログラムに基づいた全学共通科目から、学士力の基礎を修得します。また、学科基礎科目である「人間学入門」「人間科学基礎」などを通じ、これから学ぶ人間科学の各分野の専門能力の基礎を修得します。
【2・3 年次】
専門科目として、人間学基幹科目群、臨床心理科目群、公認心理師科目群、産業・社会科目群、生命・健康科学科目群、精神保健福祉科目群などの中から、学生自身が考える将来の進路を勘案しながら必要な諸科目を履修します。各科目群では基礎的な科目を1・2 年次に配当し、より専門的・応用的な科目を3・4 年次に配当します。これらの科目の履修をもって、使命感や論理的思考力を、情報分析力や自己認識力、他者理解力を修得します。
また、2 年に始まる「基礎ゼミ1」では、それぞれの学習への関心をもとに専門能力を発展的に身につけるためのゼミを選択します。各ゼミにおいては、4 年次から始まる卒業研究、あるいはソーシャルワーク実習のための準備を行い、プレゼンテーション力や傾聴力を獲得します。
【4年次】
4 年次には学部における学習の集大成として学生全員がゼミ担当教員指導の下に卒業研究、あるいはソーシャルワーク実習を行い、責任ある職業人・社会人として必要な、専門的かつ実践的な力を修得します。具体的には、文章力、創造的思考、チームワーク力を獲得します。
知識・専門性 【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる。【教養・基礎学力】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 本格的な専門教育を受ける前に、全学共通の教養教育プログラムである「武蔵野INITIAL」を履修します。「武蔵野INITIAL」では、大学での学修に必要な基盤的な技法と知識の修得を目的として、「建学」「スポーツ・⾝体」「情報」「外国語」「教養⽇本語」「CHP(Creating Happiness Program)」「フィールド・スタディーズ」「インターンシップ」「全学教養ゼミナール」などの科目を学びます。これらの科目を通じて、⼈⽣を⽣きる智慧としての幅広い教養を⾝につけ,すぐれた人格の形成を目指します。

人間の心理・生命・社会行動などの専門知識に依拠した、総合的な人間理解力を修得している。【専門能力】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 総合的な人間理解力を修得するために、「人間科学基礎」「社会学」「心理学概論Ⅰ・Ⅱ」「生命科学1」「人間論基礎」などの必修科目をはじめとして、人間科学に関する基礎的な知識を身につける。また、「心理学実験1・2」「生命科学実験演習1・2」「社会調査実習」などの実践的科目を通じて、より応用的なスキルについても修得する。さらに、「人間論演習」「卒業論文演習1・2」「ソーシャルワーク実習」などの3年4年ゼミを通じ、専門的な知識と実践能力を獲得する。

関心・態度・人格 【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

  • 自己と他者への深い洞察にもとづいて、社会において様々な人々と円滑な関係を築くことができる。【自己認識力・他者理解力】
  • 人間が直面する様々な問題について自ら積極的に考え、継続してその解決に取り組むことができる。【主体性・実行力】
  • 人間社会のストレスの問題について理解し、自己の心理的問題について対処することができる【ストレスコントロール力】
  • 哲学・倫理学の知識にもとづき、仏教精神にもとづく人間尊重の倫理・道徳観を身につけている。【人格形成・使命感】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 自己認識力・他者理解力の獲得のため、2年次必修の「人間論基礎」において、哲学的な問題提起や論証の基礎を学ぶ。更に、「東洋思想論1・2」「西洋思想論1・2」などの科目において、様々な思想的観点を学ぶことで、既存の概念的枠組みとその発展的理解ができるようになる。また、「心理学統計法」「心理的アセスメント」などの心理学科目により、自己と他者の客観的理解ができるようになる。さらに、「対人コミュニケーション論」「対人行動論1・2」などの科目から、自己認識力や他者理解力を獲得する。
  • また、現代社会におけるストレスに対応するため、「臨床心理学概論」「メンタルヘルス論Ⅰ・Ⅱ」「心身医学」「精神分析学」「健康・医療心理学」「健康科学」などの科目から心身の健康に関する問題の理解を深め、自己の健康増進に関わるストレスコントロール力を身につける。さらに、「感情・人格心理学」「生命倫理学」「環境倫理学」「仏教ホスピスビハーラ論」などの科目から人間尊重の倫理や道徳観を修得する。
思考・判断 【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

  • 情報を適切に収集・分析し、かつ建設的な議論を踏まえ、課題解決に向けて科学的・論理的に考えることができる。【情報分析力・論理的思考力】
  • 自ら設定した課題について、心理学・社会学・生命科学の立場から多角的な理解と提案ができる。【創造的思考力】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 「心理学研究法」「心理学実験1・2」「脳と心1・2」「社会調査法」などの科目から、人間の理解に関する客観的視点と方法論を修得する。また、「人間論基礎」「東洋思想論1・2」「西洋思想論1・2」などの科目において、哲学的、倫理学的な「論証」を修得し、他者の見解を理解し、また自分の見解を明確に言葉で述べることができるようになるとともに、種々な見解の合理性を批判的に検討できるようになる。
  • これらの専門領域についての理解と実践的スキルを育成するために、「人間論演習」や「卒業論文演習1・2」「ソーシャルワーク実習」などのゼミナールにおいて、各教員の専門性に基づき、卒業論文の執筆と完成またはソーシャルワーク実習に取り組む。これらを通じて、人間科学の総合的理解と実証的・批判的思考を修得するとともに、課題解決を進める応用力を養成し、創造的思考力を身につける。
実践的スキル・表現 【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

  • 心理学の知識と実践力に基づく共感的なコミュニケーションを通して、様々な人々と相互理解を深めることができる。【コミュニケーション力】
  • 自らの考えを、読み手の立場に立った明確かつ論理的な文章にまとめ、分かりやすい発表をおこなうことができる。【表現力】
  • 聞き手の立場に立った、分かりやすい発表ができる。【プレゼンテーション力】
  • 人間に対する深い理解にもとづき、他者と協力しながら課題に取り組むことができる。【傾聴力・チームワーク力】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 「社会・集団・家族心理学」「社会心理学」「対人コミュニケーション論」「臨床心理学概論」「メンタルヘルス論Ⅰ・Ⅱ」「感情・人格心理学」などの科目から、対人関係、社会や環境における人間の心理のメカニズムについて理解できるようになる。また、「カウンセリング演習」「心理演習」「臨床心理学特殊演習」などの応用科目において、傾聴力やコミュニケーション力の発展的スキルの獲得も目指す。
  • 「基礎ゼミ1・2」「人間論演習」「卒業論文演習1・2」「ソーシャルワーク実習」などのゼミナールにおいては、心理学、社会学、生命科学、哲学などの専門領域についての課題のとりまとめや発表を行う。最終的に、卒業論文やソーシャルワーク実習などの成果発表により、社会で活躍する際に必要な、文章力とプレゼンテーション力の養成を図る。各学年におけるゼミナールだけでなく、「心理学実験1・2」や「心理的アセスメント」などの科目は個人のみでなくグループにより課題の実践ととりまとめを行う。これにより、傾聴力やチームワーク力を身につけることができる。

アドミッションポリシー

本学科は、さまざまな課題を抱える現代社会において、人間が直面する諸問題に対して、人間尊重の立場から分析し的確に解決していける、総合的な人間力を備えた人材を育成します。したがって以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

期待する能力:知識・専門性


高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
受験で使用するかどうかに関わらず、高等学校で履修する科目(例えば英語、国語、数学、地理歴史・公民(日本史、世界史、政治・経済)、理科(化学、生物)など)に知識を有している者
高等学校で取得するのが望ましい資格等
特に指定しないが、実用英語検定試験(2級以上)、漢字検定(2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

期待する能力:思考・判断

期待する能力:実践的スキル・表現

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育