HOME教育学部人間科学部

学科の特長

社会福祉学科02

社会福祉士国家試験
新卒合格率全国第1位

2016年度の社会福祉士国家試験の新卒合格率は71.9%(全国平均41.4%)、新卒受験者70名以上の大学中全国1位※1という成績を収めました。全国1位の合格率を達成することができたのは、学生と教員が一丸となって受験に臨む本学独自の受験対策にあります。教員は1年次より専門科目の教育にも熱心に取り組み、また、少人数の学修グループを作るなど受験意欲を高める指導を進めています。合格までの道のりを徹底的にサポートします。
※1.第29回社会福祉士国家試験結果にて新卒受験者数70名以上の大学のうち、通信教育部を除く全国の国公私立33大学で算出

社会福祉学科01

福祉の幅広い分野を学び、
社会の問題を深く広く考える力を身に付ける

現代社会が抱える問題は原因が一つではなくさまざまな要因が絡み合っています。社会福祉士は、心理学、医学、社会学などの複合的な知識から問題の背景を捉えると同時に、物事の本質を鋭く見極めてアプローチしていくことが求められます。武蔵野大学では「児童」「障がい者」「高齢者」「医療」「貧困・低所得」「地域」を専門とする幅広い分野の教員陣から学び、専門性を深めることで、社会の問題解決に積極的に取り組めるソーシャルワーカーを育成します。
 
2018年度よりスクールソーシャルワーク養成課程がスタートします 

社会福祉学科社会福祉士国家試験

実践力を養う充実した実習

課題に挑戦する積極性と深い洞察力、高い創造力を身に付けた社会福祉士の育成を目指し、「社会福祉実習」が充実しているのも、本学科の大きな強みです。最前線の学びが経験できるとともに、実習での学びをより強固に身に付けるために、実際に施設で働いている方を招いた授業も積極的に開講し、基礎学修と事前準備に大きく時間をかけています。また実習後は、報告書の記入や評価、発表を行うことによって、実習での経験を振り返り、次の学びに繋げています。

  基礎学修   2年次前期
社会福祉実習指導1
社会福祉の現場への理解を深める授業。高齢者、児童、障がい者、貧困・低所得、地域、医療の各分野における課題や利用者の特徴を理解します。
 
  事前準備   3年次前期
社会福祉実習指導2
各福祉分野に分かれ、社会福祉実習に向けて、必要な知識・技術を修得します。自らの実習目標の設定などを行い、準備を進めます。
 
  実  習   3年次夏休み以降
社会福祉実習(全180時間)
実習体験を通して大学での学びを確認し、社会福祉士の業務や支援方法を理解。また、利用者との関わり方などへの理解も深めます。
 
  振り返り   3年次後期
社会福祉実習指導3
実習全体の自己評価を行います。実習中に気付いた課題や疑問点などについて整理し、解決することも重要です。
学生VOICE
社会福祉士の資格を取得し
自分らしい方法で
多くの人の役に立ちたい
田島 泉
神奈川県立橋本高等学校 出身
人間科学部 社会福祉学科 3年
社会福祉学科での学びは想像していたよりも多岐にわたり、高校のころはあまり考えたことのなかった社会の諸問題に目が向くようになりました。学びもそうですが、この学科に入って一番良かったと思えるのは、仲間の存在です。学年全体がひとつの大きなクラスのように仲が良く、そして先生方もとても親身になって相談にのってくださるので、大変な授業や課題でも乗り越えていけるんだと思います。将来は医療ソーシャルワーカーとして働くことを目標に、現在は社会福祉士の国家資格の取得を目指して頑張っています。
学生VOICE
社会福祉士になり
地域社会に貢献したい
須長 草
星野高等学校 出身
人間科学部 社会福祉学科 3年  ※取材当時
社会福祉士の国家資格を取得して、困っている人たちの役に立ちたいと思い、社会福祉学科を選びました。日本には一人暮らしのお年寄りや虐待を受けている子どもなど、助けを求めている人がたくさんいます。しかし私たちが実際にその人たちの生活状況を知る機会は決して多くありません。それぞれの人が抱える問題に気づき、その人らしい生活を支えることに、重要な意味があると感じています。こうした福祉のあり方を考えるきっかけになったのが、2年次のプレゼミです。自分たちでアポイントを取って、少年鑑別所や病気の子どもとその家族を支援する施設などを訪問しました。当事者と同じ空間に身を置いて現場の問題を知る、貴重な経験になりました。また、アセスメント方法や面接方法など実践的な学びを通して、社会福祉士という仕事について具体的にイメージできるようになりました。福祉に対する興味や関心が高まったことも、学びの成果だと思っています。人と人とのつながりを育み、地域福祉の充実に貢献できる人材になることが、今の私の目標です。一人前の社会福祉士になるためにはまだまだ多くのことを学ぶ必要がありますが、さらに努力を重ねて自分にできることを増やしたいと思います。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職