HOME教育学部人間科学部

学科紹介

“声なき声”に耳を傾け続けるソーシャルワーカーを目指す

「自分の人生は何のためにあるのか」「自分の存在は何のためにあるのか」考えたことはありますか。「自分の人生を自分のためだけに使うのはもったいない」そんな思いを形にするのがソーシャルワーカーの仕事です。社会の不平等や不正義、人の悲しみや生きづらさの中にある“声なき声”に誰かが向き合わなければ、その社会を変えることはできません。“声なき声”に耳を傾け続け、人がその人らしく生きることに本気で向き合うソーシャルワーカーを私たちは本気で育てます。

学科DATA

取得できる学位

学士(社会福祉学)


人数

専任教員数
入学定員数
学生数(平成29年5月1日現在)

11名
157名
559名

キャンパス

1年2年3年4年
武蔵野キャンパス

学生男女比

男子160名女子399名
29% 71%

取得できる資格

● 社会福祉士国家試験受験資格
● 児童指導員任用資格
● 社会福祉主事任用資格
● スクール(学校)ソーシャルワーク養成課程修了認定

将来の職業イメージ

 就職グラフ2

 公務員系 26 % 
A 公務員(17.6%)
● 国家(裁判所事務官) ● 山梨県 ● 神奈川県 ● 横浜市 ● 東京都特別区(練馬区、台東区、大田区、江東区、杉並区、荒川区、中野区) ● 北海道庁 他
B 事業団(5.3%)
● 東京都社会福祉事業団 ● 川口市社会福祉事業団 他
C 特殊法人(3.1%)
● 社会保険診療報酬支払基金 ● 盛岡市医療生活協同組合 他
 
 福祉系 32.1 % 
D 社会福祉協議会(2.3%)
● 横浜市社会福祉協議会 ● 相模原市社会福祉協議会
E 病院(14.5%)
● 東京慈恵医科大学附属病院 ● 戸田中央医科グループ戸田総合病院 ● 埼玉医科大学病院 ● 武蔵野赤十字病院 ● 長野県立病院機構 ● 順天堂大学医学部附属浦安病院 他
F 社会福祉法人・NPO(15.3%)
● 同愛会 ● 東京老人ホーム(高齢者施設) ● ひだまり ● 敬愛学園 他
 
 企業系 41.2 % 
G・H 一般企業他(41.2%)
● 日本郵便 ● 全日本空輸 ● 大建設 ● 日通商事 ● 近畿日本ツーリスト ● 大和ハウス工業 ● 日清医療食品 ● 光製薬 ● 第一生命保険 ● 住友不動産販売 他


就職率(2016年度実績)

99.2 %

学科長メッセージ
人の一生、社会の未来に
深く関わるクリエイティブな
学問です
学科長 熊田 博喜  教授
東洋大学大学院 社会学研究科
社会福祉学専攻博士課程単位取得
研究領域:社会福祉学、地域福祉論
高齢者の孤立死、ゴミ屋敷問題、児童虐待、介護離職、若者・中高年のひきこもりなど、現代社会が抱えている問題には、実にさまざまな要因が絡み合っています。例えば高齢者の孤立死を考える場合、心の問題や心身の障害、高齢者を取り巻く人間関係、地域との関係など理解し、解決するためには、心理学、医学、社会学など、複合的な知識を学ぶとともに、社会福祉固有のアプローチを身に付け、専門性を実践に活かす力が必要です。そこで本学科では、しっかりと知識を習得し、問題が起きている現場に足を運んで実感し、これらを踏まえ自分で考える学びを重視しています。一番大切なのは、「物事を本質的に考えること」。そこをきちんと理解した上で、問題の背景にあるものを深く、広く考える力を身に付けていきます。社会福祉は、人と向き合い、より良い暮らしとは何なのか、何が必要なのかを考え、ときには必要な仕組みを作り出し、社会の未来を切り開く、とてもクリエイティブな分野です。今起こっている生活や社会の問題の解決に、情熱を持って取り組みたい。そんな熱意のある人の入学を期待しています。
教員メッセージ
人や社会のために役立ちたいと願う
学生たちの活躍を期待しています
渡邉 浩文  准教授
日本社会事業大学 社会福祉学研究科
博士後期課程修了[博士(社会福祉学)]
研究領域:高齢者福祉、ケアマネジメント
社会福祉学科の中にはアルバイトやボランティアで福祉の現場を体験している学生もいて、皆勉強熱心です。身近な社会問題の解決に向けて様々な人や組織に働きかける授業があり、そこでも自分たちで課題を設定し、仲間とともに積極的に活動しています。高い実践力を身に付けたソーシャルワーカーの育成に重点を置いている本学科では、現場経験のある教員が丁寧な実習指導を行っています。事前に福祉施設などを訪れ、現場の実態を肌で感じ取った上で実習に臨み、学びの内容を深めていることも特長です。人の役に立つことが自分の喜びに感じられるような優しさを持つ人は、ぜひ一緒に一人ひとりが幸せを感じられる社会づくりについて考えていきましょう。
教員メッセージ
「察する」「考える」力と
実践力が社会を支える
力になります
矢野 明宏  准教授
武蔵野女子大学大学院 人間社会・文化研究科
福祉マネジメント専攻 修士課程修了
修士( 福祉マネジメント学)
研究領域:ソーシャルワーク教育、高齢者福祉
社会福祉学科は、社会の現状に広く関心を持つ習慣を身に付ける導入教育を大切にしています。例えば私が担当している「基礎ゼミ」では、印象に残った新聞記事を要約し、コメントすることで、学生の社会問題への興味を刺激。その後、福祉の現場を見学したり、現役ソーシャルワーカーの話を聞いたり、グループディスカッションをしたりしながら、2年次からのゼミにつながる基礎をしっかりと身に付けます。また、私自身がソーシャルワーカーとして現場で働いた経験を活かし、「なぜ遅刻はいけないのか」など社会人としての素養も指導しています。3・4年次のゼミでは、ソーシャルワークの価値と倫理を研究します。ソーシャルワーカーに必要なのは、専門的な知識と技術だけではありません。土台となる価値と倫理を理解し、人との関わりを経験しながら、プロとしての使命感と心構えを学んでほしいと思います。身近な問題を見て見ぬふりするのではなく、自分のできることをやり遂げる行動力を身に付けて、社会福祉の立場から社会を支える人を目指してください。私たちは全力でサポートします。一緒に歩んでいきましょう。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職