HOME教育学部薬学部薬学科

カリキュラム

6年間の学び

1
年次
6年間のベースとなる知識を修得します。「薬局見学」と「病院見学」では、薬剤師の役割や仕事を具体的に知ることができます。
2
年次
薬の種類と病態を学ぶ講義や実習科目など、専門的な内容が多くなります。実験・実習も始まります。

年次
豊富な実験科目を通して、薬剤師に必要な知識をより具体的に身に付けます。

年次
模擬施設での実習が始まります。「薬学総合演習」で薬学共用試験(CBT、OSCE)に備えて講義だけでなく、演習・実習にも励みます。

年次
病院薬局と保険薬局でそれぞれ11週間、合計22週間の実務実習に参加。研究室に所属し、卒業研究にも取り組み始めます。

年次
学びの総仕上げとなる卒業研究、そして薬剤師になるための国家試験に力を注ぎます。

薬学キャリア教育研究センター

センター長:加瀬 義夫  教授

キャリア教育から国家資格取得まで強力にサポート

1年次からの就業に対する意識の啓発やキャリア形成支援、4年次に行われる共用試験の一つであるCBTの対策、進路・就職支援、最終年次に迎える薬剤師国家試験合格に向けた長期的・計画的なサポートなど、多様化する薬学部生の進路を見据えた学びや体験の機会を提供。薬剤師国家試験の合格はもちろん、幅広い分野で薬のプロフェッショナルとして活躍するための知識や技能の習得を強力に支援します。

製薬・香粧系企業への進路に対応した科目

新薬が社会に供給されるまでを学修する「製薬産業系科目」や、多彩な側面から香粧品を学ぶ「香粧薬学系科目」など、薬剤師の幅広い活躍フィールドに対応した科目を組み込んでいます。

国際的に活躍する薬剤師の養成

TOEIC®対策講座をはじめ、視野を広げグローバル化する社会で働くことの意識を高めるための短期海外研修など、海外における薬や医療を取り巻く環境を直接学ぶ機会を設けています。

希望の職種に応じた学びの場を提供

MR(医薬品メーカーの医薬情報担当者)など製薬企業総合職を目指す学生には、グループワークやディスカッションの機会を提供し、コミュニケーション力・プレゼンテーション力の育成を図ります。

公務員試験対策講座

医薬品の承認審査業務、感染症の予防衛生、水質調査や環境衛生、薬物犯罪に関わる捜査官など、行政機関で薬の知識を活かしたいと考える学生に、公務員試験対策講座を開講しています。

内定を勝ち取るための多様な就職支援

さまざまな分野で活躍するOB・OG懇談会、病院・企業・薬局・官庁など100以上の団体が参加する業界研究会、化粧品大手企業と連携した「内定を勝ち取るための就活メイク講座」など多彩な就職支援講座を開催しています。

将来の進路を見据えたインターンシップ

4年次以降には、製薬企業、医療施設、研究機関などさまざまな分野でのインターンシップの機会を用意。実践の中で自身の適性を見極め、その後の学びや進路決定への意欲向上を図ります。

薬学キャリア教育研究センター

薬学科 サポート1

薬学科 サポート2

薬学科 サポート3

臨床薬学センター

充実した模擬設備で行う実践的な薬学教育

1. 少人数制で薬剤師実務教育を強力にサポート

薬学センターが中心となって実施しています。少人数グループ学習を50回以上繰り返し実施することで、基礎的な知識や技能だけでなく、卒業後も役立つ薬物治療の知識とコミュニケーション能力、生涯にわたって学ぶ態度を十分に身に付けることができます。

2. 達成度重視の教育

授業を受けても必要な能力が身に付かなければ意味はありません。学習した知識および技能を修得できているか、学生一人ひとりの達成度を何回も評価し、十分に修得できるまで手厚くフォローアップしています。

3. 薬物治療を実践できる薬剤師の育成

薬物治療に主体的に関わり、医師に対して提案できる薬剤師の育成を目指しています。例えば、主要50疾患について、模擬症例を用いた演習を約70時間実施しています。

4. 実習施設との連携

早期体験学習や実務実習における病院・薬局との打ち合わせや学生面談などを行い、学生が安全かつ円滑に実習に参加し学習効果が高められるようサポートします。また、トラブル防止に向けた対策も行っています。

臨床薬学センター

主な実習先

首都圏の有力な大学病院など約40の病院と協定を結んでいます。

大学病院(12病院)
● 東京大学医学部附属病院 ● 山梨大学医学部附属病院 ● 信州大学医学部附属病院 ● 横浜市立大学附属病院 ● 防衛医科大学校病院 ● 東海大学医学部付属病院(2病院) ● 順天堂大学医学部附属病院(4病院) ● 東京医科大学病院
 
国公立・公社病院(6病院)
● 国立成育医療研究センター ● 東京都保健医療公社大久保病院 他
 
企業立病院・グループ病院など(20病院)
● JR東京総合病院 ● NTT東日本関東病院 他

薬学科 薬学共用試験

首都圏の有力な大学病院など約40の病院と協定

カリキュラム

「薬学教育モデル・コアカリキュラム」をベースに、学科科目を「薬学基幹科目」「物理系薬学」「化学系薬学」「生物系薬学」「薬理学」「病態・薬物治療学」「薬剤学」「臨床薬学・調剤学」「衛生薬学」「法規・制度」「医薬品学」「香粧薬学」「製薬・産業」の分野に分け、薬剤師の基本的な資質や能力を系統的に身に付けるカリキュラム編成となっています。
カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

授業ピックアップ

薬学科 薬学概論

薬学概論・レギュラトリーサイエンス概論

薬学概論では、医療の専門家に必要な薬学について学び、医療・社会における薬学の役割と薬剤師の使命を理解します。レギュラトリーサイエンス概論では、レギュラトリーサイエンスの概念を学び、医薬品の開発・承認審査における評価および市販後の適正使用のための考え方を理解します。

薬学科 化学系実験実習

化学系実験実習 1・2

講義で学んだ有機化学の反応を、実際に自分の手で実験器具を組み立てて実体験することを目的としています。具体的には、カルボン酸のエステル化、芳香族化合物のニトロ化、カルボニル基の還元反応等の有機合成化学で頻用されている素反応、混合物の分離精製、機器分析による構造解析、および生薬の鑑定試験も実施しています。

薬学科 食品衛生学

食品衛生学

食品の安全を脅かす、食品中の発ガン物質や食品添加物、遺伝子組み換え、食中毒、残留農薬などさまざまな要因を個々に取り上げて、その健康影響を理解することにより、健康影響やリスクを正しく評価できる目を養うとともに、それらに対する予防・対策を学んでいきます。

薬学科 医薬品開発学

医薬品開発学

医薬品の開発過程〔天然物探索とその合成・新規化合物の合成、それらのスクリーニングによる開発候補物質の探索、細胞や動物等を用いた非臨床試験の実施、人を対象とした試験(治験)の実施〕、医薬品の承認申請及び承認審査、並びに市販後の安全対策について、規制と世界の状況を含め学習。また、医薬品開発経験者や承認審査経験者を招き理解を深めます。

薬学科 病院薬局実務実習

病院薬局実務実習

11週間にわたり、実務実習モデル・コアカリキュラムに沿って各施設で実務実習を行い、病院薬剤師の業務全般を学びます。薬剤調製、病棟業務、医薬品情報、注射薬調剤など、薬剤師業務に直接携わる参加型の実習です。病院における薬剤師業務を理解し、責任を持って実施できるだけの知識・技能・態度を身に付けます。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職