HOME教育学部薬学部薬学科

カリキュラム

6年間の学び

1
年次
6年間のベースとなる知識を修得します。「薬局見学」と「病院見学」では、薬剤師の役割や仕事を具体的に知ることができます。
2
年次
薬の種類と病態を学ぶ講義や実習科目など、専門的な内容が多くなります。実験・実習も始まります。

年次
豊富な実験科目を通して、薬剤師に必要な知識をより具体的に身に付けます。

年次
模擬施設での実習が始まります。「薬学総合演習」で薬学共用試験(CBT、OSCE )に備えて講義だけでなく、演習・実習にも励みます。

年次
病院薬局と保険薬局でそれぞれ11週間、合計22週間の実務実習に参加。研究室に所属し、卒業研究にも取り組み始めます。

年次
学びの総仕上げとなる卒業研究、そして薬剤師になるための国家試験に力を注ぎます。

カリキュラム

「薬学教育モデル・コアカリキュラム」をベースに、学科科目を「薬学基幹科目」「物理系薬学」「化学系薬学」「生物系薬学」「薬理学」「病態・薬物治療学」「薬剤学」「臨床薬学・調剤学」「衛生薬学」「法規・制度」「医薬品学」「香粧薬学」「薬学実務実習」「製薬・産業」の分野に分け、薬剤師の基本的な資質や能力を系統的に身に付けるカリキュラム編成となっています。
カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

授業ピックアップ

薬学科 薬学概論

薬学概論・レギュラトリーサイエンス概論

薬学概論では、医療の専門家に必要な薬学について学び、医療・社会における薬学の役割と薬剤師の使命を理解します。レギュラトリーサイエンス概論では、レギュラトリーサイエンスの概念を学び、医薬品の開発・承認審査における評価および市販後の適正使用のための考え方を理解します。

薬学科 化学系実験実習

化学系実験実習 1・2

講義で学んだ有機化学の反応を、実際に自分の手で実験器具を組み立てて実体験することを目的としています。具体的には、カルボン酸のエステル化、芳香族化合物のニトロ化、カルボニル基の還元反応等の有機合成化学で頻用されている素反応、混合物の分離精製、機器分析による構造解析、および生薬の鑑定試験も実施しています。

薬学科 食品衛生学

食品衛生学

食品の安全を脅かす、食品中の発ガン物質や食品添加物、遺伝子組み換え、食中毒、残留農薬などさまざまな要因を個々に取り上げて、その健康影響を理解することにより、健康影響やリスクを正しく評価できる目を養うとともに、それらに対する予防・対策を学んでいきます。

薬学科 医薬品開発学

医薬品開発学

医薬品の開発過程〔天然物探索とその合成・新規化合物の合成、それらのスクリーニングによる開発候補物質の探索、細胞や動物等を用いた非臨床試験の実施、人を対象とした試験(治験)の実施〕、医薬品の承認申請及び承認審査、並びに市販後の安全対策について、規制と世界の状況を含め学習。また、医薬品開発経験者や承認審査経験者を招き理解を深めます。

薬学科 病院薬局実務実習

病院薬局実務実習

11週間にわたり、実務実習モデル・コアカリキュラムに沿って各施設で実務実習を行い、病院薬剤師の業務全般を学びます。薬剤調製、病棟業務、医薬品情報、注射薬調剤など、薬剤師業務に直接携わる参加型の実習です。病院における薬剤師業務を理解し、責任を持って実施できるだけの知識・技能・態度を身に付けます。
大学案内
学校法人武蔵野大学
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職