HOME国際交流・留学国際交流イベント

国際交流プログラム

International Weeks (インターナショナルウィークス)

2019IW横断幕(案2)_決定 (1)

「武蔵野大学国際化ビジョン100」に基づき教育環境の国際化を推進するため、夏期に、以下のプログラムを実施しています。多くの留学生や海外の教員を受け入れ、学生の国際的な感性を養います。

International Lectures

1

2

International Lecturesは、第2学期に、国内で留学体験をすることを目的に、海外協定校から一流の専門家を招聘し、海外の大学の学部授業を英語で受講できる機会を提供するプログラムです。また、これから長期留学を予定している武蔵野大学の学生の力試しや、留学から帰ってきた学生の英語力保持に利用されることを想定しています。この取り組みを契機として、国際社会がますます身近なものとなり、学生が主体的に自らの専門を学び、世界の課題を発見し、解決していく力を養います。

2019年授業内容

学科招聘大学招聘教員プログラム内容
グローバルビジネス学科カーディフ大学 Dr. Christopher Hood異文化間の理解不足とステレオタイプ/鉄道と航空のブランディング/グローバルな職場での管理と教育/運輸会社マネジメント/グローバルな職場とそうではない職場での管理と教育の比較/イギリスのEU 離脱
法律学科アイダホ大学 Prof. Anastasia Telesetsky国際法を通じた国際協力のケーススタディと模範
政治学科サンシャインコースト大学 Ms. Ann Robertson地方創生、オーストラリアにおける地方のコミュニティの例
経営学科パデュー大学 ノースウェスト校 Shoji Nakayama,Ph.D.グローバル精神の重要性、リスクマネジメント等について、招聘教員の海外経験を活かした授業
人間科学科ペンシルベニア大学 Thea Gallagher, Psy.D.(学科生)不安障害の症状と治療、
(大学院)持続エクスポージャー法のアドバンストワークショップ
環境システム学科 EU社会経済委員会
農業・地域開発・環境担当ユニット長
Eric Ponthieu,Ph.D持続可能なグローバルビジネスに係るEU政策
環境システム学科カーネギーメロン大学 Prof. H Scott Matthews意思決定のための定量的アプローチとしてのライフサイクルアセスメント(ライフサイクルとシステム思考、定量・定性評価、ライフサイクルコスト分析、環境影響評価と政策決定 他)
薬学科ハワイ大学ヒロ校 Roy Alan Goo,PharmD米国ハワイ大学 Pharm D コースカリキュラムにおける科目の中から,感染症領域の薬物治療
「The Role of Pharmacists in Antimicrobial Stewardship」:講義及びグループワーク
2018年授業内容

担当学科

招聘大学

招聘教員

授業内容

法律学科

アイダホ大学
(University of Idaho)

Dr. Anastasia Telesetsky

持続可能な開発目標(SDGs)と法(学科プログラム)

人間科学科ペンシルベニア大学
(University of Pennsylvania)
Dr. Lily Brown

①不安の認知行動療法(学科プログラム)

②国際臨床心理学(大学院プログラム)

政治学科サザンクロス大学
(Southern Cross University)
ウェスタンシドニー大学
(Western Sydney University)
Dr. Jesse Blackadder
Dr. Carol Birrell

外交政策における相互理解を深める~日豪間の捕鯨問題をめぐって(学科プログラム)

薬学科

ハワイ大学(University of Hawaii)

Dr. Carolyn Ma

米国ハワイ大学 Pharm Dコースカリキュラムにおけるヘルスケア及び医療経済に関わる科目の中から、特色ある授業を実施

経営学科ウェスタン・ミシガン大学
(Western Michigan University)

Dr. Devrim Yaman
Dr.Onur Arugaslan

Finance理論のうちTime Value ofMoneyとRisk and Returnについて授業を実施※経営学科教員による事前授業あり

グローバルビジネス学科

天津外国語大学

Dr. Gao Jiayong

現代中国経済を読み解く


MJSP(Musashino Japan Summer Program)

★IMG_1439

★IMG_4326

★IMG_9526

★IMG_1492

海外協定校との国際交流の活性化を図るため、ランゲージセンターが主催しているプログラムです。海外協定校・関係校の大学生数十名が日本語コミュニケーションの授業や日本文化研修のために来日し、本学で学びます。

2019年度内容

 July_8 (MON)July_9 (TUE)July_10(WED)July_11(THU)July_12 (FRI)
AM【入国・出迎え】授与式、歓迎会日本語授業1・2 MU学生との日本語
コミュニケーション活動

日本語授業 3
日本語授業 4・5
PMオリエンテーション①オリエンテーション② 文化体験①
LVC交流会
和太鼓鑑賞・体験
 
 July_15(MON)July_16 (TUE)July_17 (WED)July_18(THU)July_19 (FRI)
AM日本語授業 6
MU学生との日本語
コミュニケーション活動
日本語授業 7・8日本語授業 9

MU学生との日本語
コミュニケーション活動
日本語授業 10・11日本語授業 12・13
PM学生交流イベント国際センター長による授業文化体験②
浴衣着付け
江戸資料館見学
/手作り
 文化体験③
手作り/
浴衣着付け
江戸資料館見学
 July_22 (MON)July_23 (TUE)July_24 (WED)July_25 (THU)July_26 (FRI)
AM日本語授業 14・15日本語授業 16・17日本語授業 18・19成果発表帰国日
PM学生交流イベント文化体験④
茶の湯
 修了式、送別会 
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

入試情報

教育