HOME国際交流・留学武蔵野大学から世界へ

留学を考える

留学プランニング

留学を成功させるための第一歩は、計画をしっかり立てて留学に向けての準備を怠らないことです。どんな留学計画が利用できるのか、どんな大学で勉強できるのか、何を勉強したいのか、どのくらいの語学力が必要か、留学に対しての予算はどのくらいかなど、様々な情報をいろいろな観点から見てきちんと整理して「留学」という目標を達成しましょう。

1.目的・目標をきめる

なぜ留学がしたいのか、留学先でどんなことを勉強したいのかをもう一度考えましょう。目的や目標もなく留学するということは、あなたの人生において留学する必要性がないということです。どんな些細な事でも目的は目的です。明確な目的をもって、海外留学をしましょう。

2.帰国後の計画を立てる

留学は「通過点」でしかなく、人生においての「達成点」ではありません。必ず留学後の将来設計もしっかり考えてみましょう。帰国後武蔵野大学で何を勉強したいのか、卒業後就職の場合はどんな業界・職種につきたいのか、大学院進学の場合はどの分野の勉強をしたいのかを強く意識して留学計画を立てることが重要です。

3.情報を集める

武蔵野大学の留学相談(留学フェアのイベント参加も含む)を利用して、武蔵野大学の留学制度を把握することが第一歩です。
武蔵野大学の留学制度を理解できた前提で、SAP(認定)留学制度を利用する場合、留学先は自分で探します。どの地域、国の4年制大学に留学したいのかは、外部開催の留学イベントや説明会、個別留学相談などに積極的に参加して情報を集めましょう。
留学の種類
海外協定校
協定留学と認定(SAP)留学の比較

4.自分の状況を理解し、留学先を決定する

集めた情報をもとに、どの留学制度を利用して、どこの大学で勉強したいのかを選択します。自身の語学力や留学に必要な費用を理解し、留学先で勉強できるプログラムや科目の内容を総合的に考慮して留学先国・大学を決めましょう。
武蔵野大学の協定留学の制度を利用し、留学先大学の学科科目を履修する「学部留学」を目指す場合は、高い語学力が必要です。行き先の大学が要求する語学の習得も計画的に行いましょう(SAP留学で学部留学を目指す学生も同様です)。

主な語学能力試験のリンクは以下です。
TOEFL ibT®
IELTS
HSK
※学内の団体申込により、受験料が一般より割引を受けられる試験や、一部の学科では受験料を補助する場合がありますので、学内試験申込の優遇対策なども確認しましょう(MUSCAT・又は各学科のガイダンス)

5.学内選考等のスケジュールを確認する

留学先を決定すると同時に、武蔵野大学の各留学制度の募集スケジュールを確認しましょう。留学目的や留学先は決定したが、学内選考に間に合わなかったことは、正しい計画とは言えません。募集スケジュールは留学種類・年度によって違うので、都度MUSCATで掲示します。必ず確認しましょう。
募集スケジュール
MUSCAT

留学~帰国までの流れ

留学開始から逆算して、どのタイミングで何をすべきか例をあげました。これを参考に、留学計画・準備を進めてください。
時間軸アクション具体的な行動

1年以上前

プランニング開始

●目標・目的を設定
●情報収集

8~6ヵ月前

留学先の選択

●留学制度・留学期間・留学先を選択

5~3ヶ月前

出願手続き

●学内選考(留学計画書、留学願の提出)
●希望校への出願手続きの開始

2~1ヵ月前

入学許可受け取り後、渡航準備

●ビザ申請
●海外保険加入
●クレジットカード申請
●各種手続き

留学期間

帰国後1週間以内~1月以内

帰国報告

●帰国報告(国際課)
●単位読替(学務課・アドバイザー教員)
●新学期準備


帰国後についてはこちらのページをご確認ください。
大学案内
学校法人武蔵野大学
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職