HOME国際交流・留学武蔵野大学から世界へサポート・危機管理

危機管理について

日本から海外へ留学すると、予想もしない事件や事故に巻き込まれるケースが数多くあります。日本で生活しているときと同じ感覚で海外で行動すると、リスクにさらされる可能性が高くなることもあります。「自分の身の安全は自分で守る」という意識を持ち、現地での自身の行動に責任を持つようにしてください。また、渡航前に留学先情報を十分に入手し、万全の体制で渡航してください。
以下、留学前または渡航後に必要な準備や確認事項の一部を紹介します。

海外旅行保険や留学保険への加入

海外での危機管理の一環として、武蔵野大学の留学プログラムに参加する学生は必ず海外留学・旅行保険に加入します。保険に加入せずに留学をすることは認められません。留学プログラムによっては本学指定の保険や留学先から指定された保険に加入する必要があります。各プログラムの保険加入の詳細については、所管部署に確認してください。

緊急連絡先情報の取得

留学先でトラブルになった時の緊急連絡先を事前に把握しておくことが重要です。現地の緊急連絡先(在外公館、警察、救急、大学緊急連絡先等)を調べ、その情報を常に携行しましょう。

在留届とたびレジ

在留届やたびレジに登録した方は、在外公館からの緊急一斉連絡メールなどを受取ることができます。
海外での思わぬトラブルを未然に防ぐため、是非ご利用ください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

●短期滞在の場合:「たびレジ」
海外滞在が3ヵ月以下の学生はこちらを登録してください。
●長期滞在の場合:「在留届」
旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、その住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられています。現地に到着後、速やかに在留届を提出して下さい。
※留学先の医療事情や治安情勢等の最新情報は外務省のホームページで確認できます。留学先の地域について渡航前に把握しておきましょう。
外務省 海外安全ホームページ
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究