HOME教育学部教育学部こども発達学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「武蔵野BASIS」を通して大学生としての基礎力を養う一年間です。専門科目も少しずつ始まります。実際に幼稚園見学や実習等をする機会もあります。

年次
専門の授業が本格的になります。指導法を学ぶ科目では、実際に模擬保育も行います。幼稚園や施設での本格的な実習も始まります。

年次
ゼミや専門的な科目を通じてより実践的に幼児教育・保育を学ぶのが3年次です。また、保育所や施設で、保育士課程のまとめの実習を行います。

年次
幼稚園での3週間実習、さらに、「保育実践演習」「教職実践演習」「卒業研究」に取り組みます。自らの保育観・教育観を養い、4年間の集大成を図ります。

トピックス

● 保育・教育現場に触れる数多くの実習

子どもとの触れ合いを通して保育・幼児教育の実践力を養う

大学附属幼稚園での見学など、1 年次から子どもたちと触れ合うことができます。たとえば幼稚園実習は学びの段階にあわせ2 年次と4 年次との2 回に分けて計5 週間取り組みます。

1年次プレ実習〈通年〉年間を通した大学附属幼稚園での保育の見学や実習。1年間の子どもの育ちと年齢ごとの発達の違いを学ぶ。
2年次幼稚園実習〈2週間〉、
保育実習1(施設)〈2週間〉
幼稚園、施設での長期実習。保育者としての視点を持ち、保育に参加して学ぶ。幼稚園実習は、3~5歳の幼児の発達、生活、遊びについて体験を通じ学ぶ。
3年次保育実習1(保育所)〈2週間〉、
保育実習2(保育所)または
保育実習3(施設)〈2週間〉
保育所、施設での長期実習。保育士資格課程としての、まとめの実習。保育者の一員として保育士や職員の補助的役割を果たし、他の保育者と連携をとりながら保育を行う。
4年次幼稚園実習〈3週間〉
保育インターンシップ〈2週間〉
幼稚園実習は、2年次のものと合わせ、通常より1週間多く、5週間とさらに充実。4年間の学びを確実に実践力と結びつける、実習の集大成。保育インターンシップでは、海外の保育、病児保育、子育て支援、認定こども園等を体験。
児童教育学科 保育・幼児教育専修

● 実践力を磨く環境

学生の「育てる力」を引き出す教育環境が充実

附属幼稚園・附属慈光保育園

学生たちのボランティアや実践学修の中心となる附属幼稚園は、大学構内にあります。絵本、紙芝居を子どもたちに読み聞かせるなど、授業で学んだ指導法を実践する、触れ合いの機会が豊富にあります。

子育て支援室(養育力エンパワーメントセンター)

子どもも大人も幸せを感じられることを願い、地域の乳幼児と保護者を対象に「ひろば」やワークショップを企画・開催。専門科目の授業の一環として、親子と直接かかわりながら保護者が子育てに自信を持てるような支援の基礎を培います。

児童教育学科武蔵野大学附属幼稚園

充実した施設

実践的な学びが多い教育学部。学内には20室のピアノレッスン室、教材作りの際に利用できる造形室、ワークショップなどを行う多目的室を完備。学生たちは指導法の授業準備や採用試験に向けて積極的に利用しています。

DSC_0025

こども発達学科 木琴の練習

こども発達学科 施設

カリキュラム

こども発達学科では、子どもの発達に関わる課題について多面的に理解を深め、子ども一人ひとりに配慮しながら発達の支援を行うとともに、幼児教育・保育および保護者の保育に関する指導を担う、高い専門性をもった幼児教育・保育に貢献する人材を育成します。

こども発達学科カリキュラム

*カリキュラムは変更する場合もあります
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職