HOME教育学部教育学部こども発達学科

学科の特長

児童教育学科 保育内容(人間関係)

子ども子育て支援新制度に対応
発達に細やかな配慮ができる幼稚園教諭・保育士に

子ども子育て支援新制度により認定こども園の設置が進み、幼稚園教諭免許状・保育士資格の併有のニーズが高まっています。また、家庭や社会の環境は複雑化し、子どもの貧困や児童虐待、発達への個別的配慮など多くの課題があります。本学科では保幼小の接続を念頭に、子ども一人ひとりの発達に配慮しながら幼児教育・保育の実践を目指す、幼稚園教諭と保育士を育成します。またオプションで教育学科・武蔵野大学通信教育部の単位を修得することで小学校教諭一種免許状の取得も可能です。

海外保育室

保育インターンシップや海外保育研修で
視野を広げ、人間性を高める

3年次に「子ども理解と援助」「子育て支援」、4年次には附属幼稚園、病児保育室、本学子育て支援室他での「保育インターンシップ」が用意されています。また、2年次からの「保育・教育海外研修」、3年次の「国際保育論」「児童英語」、4年次の「保育インターンシップ(海外)」では、海外の多様な保育や多文化への理解を深めます。事前授業で、教育・保育の実情や現地の文化などについて理解を深めてからインターンシップや研修に臨みます。多様な保育施設や海外の保育事例を学び現場を経験することは、保育者としての視野を広げるチャンスです。

IMG_1844

学生一人ひとりの顔が見える
4年間を通した「ゼミ& 実習」教育

1・2年次は「学科入門ゼミ」「学科発展ゼミ」といった1クラス25人規模の「ゼミ」で専任教員の指導により幼児教育・保育の基礎を学びます。あわせて、1年次から始まる「実習」の指導を専任教員が丁寧に行い、理論と実践をリンクさせながら学びを進めます。3・4年次になると10人前後の少人数で「児童教育演習」「保育実践実習」等のゼミが行われ、教員指導のもと、学生自ら実践演習や研究を行います。

充実した就職対策

充実した就職対策

教職センター実施の公務員保育士対策講座や模擬試験に加え、学科独自に、専任教員と学外講師により公立・私立の幼稚園・保育所・認定こども園就職のための充実した就職対策講座が行われます。エントリーシート・小論文作成講座、模擬面接、外部講師・卒業生の講演などに繰り返し参加することで力がつきます。大事にしたい子ども観・保育観、なりたい理想の保育者像がはっきりと見えてきたら、あなたの目指す仕事の合格はすぐそこです。
※教職再課程認定申請中のため、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

こども発達学科

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職