HOME教育学部教育学部幼児教育学科

学科ポリシー

※[+]をクリックすると、各項目が表示されます。

ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー

学科のディプロマ・ポリシー概要/育成する人材の方針

幼児教育学科では、人格教育に重きを置き、乳幼児期から児童期・青年期に至る発達全体を見通しながら、特に乳幼児期の子供の成長発達に関しての専門性の高い幼児教育者・保育者を育成します。
①子供の発達に関わる課題について、子供、家庭、社会などから多面的に理解を深める
②社会環境の変化に対応し子供の発達をめぐる課題に主体的に取り組む態度と知識と実践力を身に付ける
③教育・保育の原理や方法を学び幼児教育・保育の場で実践できる専門的能力を修得することを目指します。
保育士資格、幼稚園教諭免許、小学校教諭免許(オプション)が取得できるカリキュラムを設け、子供の成長を長いスパンで見通すことで、知識や技術を教授するだけではない広い視野と豊かな人間性をそなえた教育・保育の専門家の育成を目指します。

学科のカリキュラム・ポリシー概要

知識・専門性 【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

自ら教養・基礎学力を修得し、自立的・主体的に学ぶことができる。【教養・基礎学力】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 本格的な専門教育を受ける前に、全学共通の教養教育プログラムである「武蔵野INITIAL」を履修します。「武蔵野INITIAL」では、大学での学修に必要な基盤的な技法と知識の修得を目的として、「建学」、「スポーツ・身体」、「情報」および「外国語」を学びます。また、同プログラムの「Creating Happiness Program(CHP)」において、世界に目を向けた広い視野を備えた人格の形成を目指します。

自ら子供の成長や発達を理解し、社会環境の変化や子供の個別性に対応しながら発達の支援ができる知識と実践力を身につけている。【専門能力】
自ら幼児教育・保育の原理や方法を身につけ、集団的及び個別的に実践できる専門的能力を修得している。【専門能力】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • <学科基礎科目>で本学科の基礎となる科目を必修科目として学び、<学科基幹科>では幼児教育・保育のベースとなる教育関連科目や心理学関連科目を学びます。
  • <学科展開科目>である<保育・幼児教育関連科目群><発達・子育て支援科目群><領域及び保育内容指導法関連科目群><領域関連専門科目群>では教育・保育の内容と方法を学びます。
  • その後、幼稚園教諭免許および保育士資格取得に必要な実習及び周辺科目を配した<実習関係科目>にて、教育者・保育者となる自分を見つめ、社会に貢献できる実践力を身につけます。
  • また、<国際教員養成科目群>を履修することにより、国際感覚を身につけ、国際バカロレアを理解し実践できる世界標準の教員に必要な能力を涵養します。
関心・態度・人格 【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

自ら問題意識を持ち、幼児教育・保育を実践することができる。【主体性・実行力】
社会の幸せに貢献できるような柔軟性、創造性と心身を自己管理する力を身につけている。【ストレスコントロール力】
幼児教育者・保育者としての倫理観、使命感を持っている。【人格形成・使命感】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • <建学科目>の『仏教概説』を必修科目として履修することで、本学の建学の精神である仏教精神を学び、人と人との関係、人と社会との関係を大局的に捉え、健全にして品性のある人格形成を目指します。
  • また、保育者・教育者となる自分を見つめ、問題意識を持つことができるように、「プレ実習」「保育・教育実習」「保育インターンシップ」等の多数の<実習関係科目>を履修することで、保育・教育現場を直に体験し、社会に貢献できるような柔軟性と心身を自己管理する力を身につけます。
  • さらに、実習と理論の循環的学びを通して自ら問題意識を持ち、教育・保育を実践できるように「学科入門ゼミ」「学科発展ゼミ」「児童教育演習」や「保育実践演習」といった少人数のゼミナールを通して、専門性を深めるとともに卒業研究としてまとめます。
  • 教育者・保育者となる自分を見つめ、さらに倫理観や使命感について考えるために、「教職論」や「教職実践演習」を学びます。
思考・判断 【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

自ら幅広い分野の知識を身につけ、多種多様な環境にある教育・保育の領域にまたがる課題を、総合的、多面的に理解し、論理的に分析できる。【情報分析・論理的思考力】
様々な幼児教育・保育、家庭及び社会の状況に応じて、新たな方法を模索することができる。【創造的思考力】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 1年次の教育・保育プレ実習、2年次の幼稚園及び施設での実習、3年次の保育所及び施設での実習、4年次の幼稚園教育実習と、1年次から4年次まで段階的に教育・保育の現場に触れ続けるカリキュラムにより、大学での講義・演習によって会得した理論・知識を実践と相互連動させ、教育・保育状況を多角的に捉え、分析する能力を獲得します。
  • さらに、<学科展開科目>では<発達・子育て支援科目群><領域関連科目群><国際教員養成科目群>を履修し、保護者の理解と支援に理解を深め、多面的に教育保育について検討し、豊かな人間性の育成と様々な場面に臨機応変に対応できる能力を獲得します。
実践的スキル・表現 【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

幼児教育・保育の場面で言語・非言語メッセージを読み取り、豊かなコミュニケーションができる。【コミュニケーション力】
保育計画を立て、環境や援助に表すことができる。【表現力】
自らの考えを明確に話したり、書いたりすることができる。【表現力】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 幼児教育学科全科目を通して、様々な教員や他の学生と積極的に関わり、幼児教育・保育における豊かなコミュニケーション力を身につけます。特に「実習科目」と事前・事後指導を行う「実習指導科目」を相互連動させるカリキュラムにより、グループ討議を通じて学生一人ひとりが体験的に学んだことを言語化して整理・発表し、他者との相互理解、体験の共有化を図りながら、自らの考えや今後の自己の課題を明確にします。
  • 幼稚園教諭・保育士に求められる資質・能力・技術について、模擬保育や演習・実習を行うなどの実践に即した学修から、表現力を身につけます。

アドミッションポリシー

本学科は、保育士資格、幼稚園教諭免許、小学校教諭免許(オプション)取得できるカリキュラムを設けています。
次のような志を持つ専門家を育成します。

志向性:将来の進路

期待する能力:知識・専門性

高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
国語、地理歴史(日本史・世界史・地理)、公民(現代社会・倫理・政治・経済)、数学、理科(理科・物理・化学・生物・地学)、保健体育(体育・保健)、芸術(音楽・美術・工芸・書道)、外国語、家庭、情報等の科目をバランスよく学んでいること
高等学校で取得するのが望ましい資格等
実用英語検定試験(2級以上)、日本漢字能力検定(準2級以上)など

期待する能力:関心・態度・人格

期待する能力:思考・判断

期待する能力:実践的スキル・表現

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究