HOME国際交流・留学武蔵野大学から世界へ留学の種類

認定(SAP)留学

武蔵野大学の許可を得て、学生自身で選んだ海外高等教育機関(4年制大学)もしくはその付属語学学校へ半期または1年間留学する制度をSAP(スカラシップ・アブロード・プログラム/認定)留学と言います。
協定校以外の大学で勉強したい、留学したいが語学力に自信が無いという学生の多くはこの制度を使って留学をしています。
協定留学同様、帰国後に留学中の学修時間及び成績による単位認定をすることにより、留学期間を武蔵野大学の修業年限に算入することで4年間での卒業が可能になります。※

※学科の方針により異なります。

認定(SPA)実績校
協定留学と認定(SAP)留学の比較
募集スケジュール

認定(SAP)留学

認定(SAP)留学の特徴

 認定(SAP)留学の最大の特徴は、留学先を自分で決められるということです。
 また、各学科により異なりますが、認定(SAP)留学の場合語学学校のみの留学も可能です。
 留学期間も最低12週間~最大1年間と、目的にあった留学を学生自身でプランニング・実行していきます。

留学先条件

 ・4年制または同等の大学またはその付属の語学学校であること
  ※2年制コミュニティーカレッジや大学付属ではない語学学校(EF, Kaplan Aspect等)は認定(SAP)留学先として認められません
 ・前期帰国の場合は8月末、後期帰国の場合は2月末までに帰国し学内の手続きをする必要があります
 ・成績証明書が発行される学校であること、成績証明書に大学名が記載されていること
 ・成績証明書が紙の原本で発行されること(PDF等の電子ファイルは不可)
 ・履修した授業すべての授業時間が分かる資料(時間割等)、授業の内容が分かる資料(シラバス等)が入手できること

 〈学部留学に関する留意事項〉
  留学先大学で履修を希望する科目が武蔵野大学の単位として認定されるかについては、
  事前に学科の教員に確認する必要があります。

留学先の探し方

 認定(SAP)留学先の探し方として、各大使館が実施している留学フェアに参加したり、留学エージェントを利用して決定する先輩が多くいます。
 外部留学フェアなどの情報はMUSCATに掲載しますので、日ごろから留学情報に対してアンテナを張るようにしてください。
 また留学エージェントを利用する際は、必ず複数のエージェントと比較するようにしてください。
 きちんと信頼関係を築くことができるのか、またどこまでサポートしてくれるのかなど、さまざまな観点から比較し利用する留学エージェントを
 決定しましょう。

留学中の学費

認定(SAP)留学中の学費負担は1種類

認定(SAP)留学中の学費負担は1種類

 その他にも留学先でかかる費用(渡航費、現地滞在費、食費など)は全て自己負担となります。

武蔵野大学長期派遣留学奨学金制度

 認定(SAP)留学制度を利用する学生で、次の条件を満たしている学生は武蔵野大学長期派遣留学奨学金の審査面談を受ける資格が与えられます。
 留学目的がしっかりしているのか、支援をするに値する人物なのかを書類、面談の2段階で判断し、支給することが可能です。

 奨学金審査対象条件

 国際課にお問い合わせください。

認定(SAP)留学出願条件

出願資格

・留学開始時に本学に1年以上在学し、かつ在学1ヵ年につき30単位を修得している
・留学開始時に原則として2・3年生(4年次8月までに帰国すること)
・GPA 2.00以上
・留学先の大学が4年制大学またはその付属語学学校(上記「留学先条件」のとおり)

単位認定

40単位を上限とし、留学中の単位を本学の卒業単位として認定(半期の場合は上限20単位)

奨学金

給付制限あり

留学期間

半期~1年(半期の場合、プログラム期間は最短12週間~)

出発時期

・1学期/前期(2月~4月) 
・3学期/後期(8月~10月)


出願から留学出発までのスケジュール

 

前期(1学期)派遣

後期(3学期)派遣

学内応募

11月

5月

内定・留学先手続き(各自)

12月

5月

奨学金審査対象者発表・審査

1月

7月

認定(SAP)留学認証式
随時出発

1月~

8月~


 ※協定留学を希望する場合は、申し込み前に必ず留学相談を受け常に最新の情報を確認して下さい。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

教育