HOME教育学部法学部法律学科

学科の特長

法律

法学部生の「多数派」の進路を考えた新世代法学部

国家の役に立つ人材や法曹界の担い手を育成するのは法学部の一般的な目標の一つですが、法律はあらゆる職業に直結するため、卒業後には法曹よりも企業や公務員の道に進む学生が大多数です。本学科では、法律の解釈論を学ぶだけではなく、法律をはじめとする世の中のさまざまなルールのあり方を学ぶことで「ルールを創る」力を身に付けます。ルールを知り、守り、使うだけではなく、創ることによって自分も他者も幸せにできる。ビジネス界や国際舞台、地方自治など幅広い分野で社会をリードする人材の育成を目指しています。

民事基本法先行学習2019

本学独自の画期的なカリキュラム「民事基本法先行集中学習」

私法の系統樹でいう幹に当たる民法を先行して集中的に学習してから、枝の部分といえる商法、会社法、労働法、消費者法、知的財産法などの各法律を3年次以降に学習します。私法の基本法である民法の物権法や債権法を週2回の授業で集中して学び、他大学では3年次までかかるのが通例とされている民法財産法を2年次のうちに修了することができます。このような本学独自の学習法により、法曹その他の資格試験に早い段階から対応できます。

法律学科企業エクスターンシップ

企業法務から公務員、法律専門家まで幅広い進路に対応

3年次の「企業エクスターンシップ」では、金融、商社、知財関係の企業や官公庁などで見学や実習を行い、講義で学んだ法理論が実社会でどう役立てられているかを確かめます。国家公務員を目指す人は1年次から「国家公務員育成プログラム」に参加して、少人数制で徹底した国家試験対策の指導が受けられます。法曹や法律資格を目指す人には「法曹・士業プログラム」を開講しています。現役の弁護士による演習講座や特別奨学金など、法曹や法律資格取得を強力にサポートします。

法曹士業プログラム

法律の専門家に必要な資格取得を目指す

法曹・士業プログラム
─第一線の現役弁護士担当の演習講座・特別奨学金の給付─

司法試験、司法書士、不動産鑑定士、宅地建物取引士など、法律の国家資格取得のための支援も充実しています。2・3年進級時に学業成績により選抜された法律学科の学生を対象に、現役弁護士であり法科大学院などでの指導経験も豊富な特別講師による法律演習講座を毎週土曜日に開講。学習進度に応じて夏期・春期に集中講座も実施しています。また、成績優秀者には教材購入や外部講座受講など、学習環境を補助するための特別奨学金も給付します。2017年度受験の先輩たちは、慶應義塾大学、早稲田大学、中央大学といった難関法科大学院にのべ10名合格、続く2018年度受験の先輩たちはのべ5名合格しました。その5名のうち2名は3年生であり、本学初の飛び級合格者が出ました。また、宅地建物取引士試験には、受講生および聴講生から、毎年、合格者を輩出しています。

法曹・士業プログラム

国家公務員育成プログラム

国家公務員育成プログラム

国や地域社会を構築するスケールの大きな役割を担う国家公務員。そんな政治に携わる公務員を目指す学生を支援するのが、学科の学びと、国家試験対策を有機的に構成した「国家公務員育成プログラム」です。1・2年次は、学科の専門科目や学内で開講されるプログラム科目で国家公務員試験に向けた基礎を養います。3年次からは、学外のプログラム科目を効率的に学び、国家公務員試験合格を目指します。少人数制で、半期ごとに面談を行うなど、学習面だけでなく生活面やメンタル面のケアも充実しています。
国家公務員育成プログラム
学生VOICE
法律のおもしろさを知った「法学」の授業。
「法曹・士業プログラム」で法科大学院合格を目指し
なりたい自分のために学ぶ
曽我 彩乃
3年
東京都立新宿高等学校 出身
入学して最初に受けた「法学」の授業で、身近な事例に当てはめた実生活につながる法律を学び、法律のおもしろさを知りました。大学に入るまで法律の知識はほとんどありませんでしたが、今は通常授業に加えて「法曹・士業プログラム」でハイレベルな学修を進めていて2年次には宅地建物取引士の資格を取得しました。法律学科で学ぶうちに勉強はしなければいけないものではなく、自分の将来を考えて逆算した上で、1日1日積み重ねていくものだと考えるようになりました。私は卒業後もさらに法律の学びを深め、社会に出てその知識を活かしていきたい。今後はTOEIC®スコア900点と、法科大学院合格を目指し継続して学んでいきます。

法律学科

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

教育