HOME教育学部法学部法律学科

学科の特長

法律学科大教室双方向授業

法学部生の「多数派」の進路を考えた
新世代法学部

国家の役に立つ人材や法曹界の担い手を育成するのは法学部の目標の一つですが、法律はあらゆる職業に直結しているため、卒業後には法曹よりも企業や公務員の道に進む学生が大多数です。本学科では、法律の解釈論を学ぶだけではなく、法律をはじめとする世の中のさまざまなルールのあり方を学ぶことで「ルールを創る」力を身に付けます。ルールを守り、使うだけではなく、創ることによって自分も他者も幸せにできる。ビジネス界や国際舞台、地方自治など幅広い分野で社会をリードする人材の育成を目指しています。

法律学科民事基本法先行集中学習

本学独自の画期的なカリキュラム
「民事基本法先行集中学習」

私法の系統樹でいう幹に当たる民法を先行して集中的に学習してから、枝の部分といえる商法、会社法、労働法、消費者法、知的財産法などの各法律を3年次以降に学習します。私法の基本法である民法の物権法や債権法を週2回の授業で集中して学び、他大学では3年次までかかるのが通例とされている民法財産法を2年次のうちに修了することができます。このような本学独自の学習法により、法曹その他の資格試験に早い段階から対応できます。

法律学科企業エクスターンシップ

企業法務から公務員、法律専門家まで
幅広い進路に対応

3年次の「企業エクスターンシップ」では、金融、商社、知財関係の企業や官公庁などで見学や実習を行い、講義で学んだ法理論が実社会でどう役立てられているかを確かめます。国家公務員を目指す人は1年次から「国家公務員育成プログラム」に参加して、少人数制で徹底した国家試験対策の指導が受けられます。法曹や法律資格を目指す人には「法曹・士業プログラム」を開講しています。現役の弁護士による演習講座や特別奨学金など、法曹や法律資格取得を強力にサポートします。

法曹士業プログラム

法曹・士業プログラム

法律の専門家に必要な資格取得を目指す

司法試験、司法書士、不動産鑑定士、宅地建物取引士など、法律の国家資格取得のための支援も充実しています。2・3年進級時に学業成績により選抜された法律学科の学生を対象に、現役弁護士であり法科大学院などでの指導経験も豊富な特別講師による法律演習講座を毎週土曜日に開講。成績優秀者には外部予備校の講座を受講するための特別奨学金も給付します。

法曹・士業プログラム
学生VOICE
授業は受けるのではなく
参加するもの。意識が変わり
学習意欲が向上しました
越智 素子
埼玉県立川口北高等学校 出身
法学部 法律学科 3年

法律学科の特長の一つに「大教室双方向授業」があります。先生がマイクを手に教室を歩き、学生に問い掛ける参加型の授業です。自分の意見を発言したり同級生の考えを聞くことで、授業は受けるのではなく、参加するものだと意識が変わりました。また、この学科では、論述力の向上や資格取得に向けて基礎から丁寧に指導していただけます。法律を学び始めたばかりの1年次からでも資格取得を目指していける環境が整っているのが魅力ですね。
学生VOICE
法律を学ぶことによって
広がる未来
富塚 里菜
埼玉県⽴桶川高等学校 出身
法学部 法律学科 3年  ※取材当時
公務員である祖父、父、兄の後ろ姿に憧れ、私も人の助けになる仕事に就きたいと思い法律学科に入学しました。武蔵野大学に決めたのは、法学部が新設だったからです。1期生である自分たちで歴史の1ページを刻めることに魅力を感じました。新設らしい斬新さを実感したのは「大教室双方向授業」です。教授はマイクを持って歩かれるので、大教室なのに学生はどこに座っていてもマイクを向けられます。そのため授業に緊張感があり、また教授との距離が近く、疑問などを質問しやすい環境があります。「フィールド・スタディーズ」では、他学部の学生と一緒に徳島県阿南市で農業ボランティアを体験。お世話になった農家の方とは今でも交流があり、昨年は、近況報告もかねて再度訪れました。また、「プレゼミ」では、さまざまな視点から意見が飛び交うディベートを経験することで、新たな発見と刺激を受けました。こうして大学での学びや経験を通して、民法が実社会のさまざまな場面で活かせることを理解し、法律を学ぶ楽しさや充実感、将来性を日々実感しています。将来は、法律学科で得た知識を活かし、法律事務所でパラリーガルとしてクライアントの支援をしていきたいと考えています。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職