HOME教育学部法学部政治学科

学科の特長

政治学科正規科目でサポート

公共精神と共生の視点を持った人材を育成
公務員を目指す学生を強力にサポート

政治学科では、学科を挙げた取り組みによって、公務員試験合格を目指す学生をサポートしています。公務員志望者が試験対策を行う際、学内外の公務員試験対策講座を有料で受講することが一般的ですが、本学科では地方公務員になるための試験対策に役立つ「地方公務員特殊研究」を正規科目としてカリキュラムに組み込んでいます。また、「選挙特殊研究」をはじめ、プレゼンテーションや調査報告書の作成など実践的な授業も数多く用意しています。

IMG_6901

世界を知って日本を論じる
国際人育成

現代のグローバル化社会に対応できる人材を育てるため、政治学科では4学期制のメリットを最大限に活かす、先進的なカリキュラムを採用。6月中旬から始まる第2学期には、必修科目や選択必修科目が極力入らないよう考慮されており、9月までの夏期休暇とあわせて約3ヵ月半にわたって海外留学することができます。政治学科では、世界を知って日本を論じることができ、国際舞台で活躍できる人材を一人でも多く輩出したいと願っています。

政治学科手厚いサポート

政界やマスメディアを目指せる
政治の本質に迫る実践的な授業

本学科の特長は政治の本質に迫る実践的な講義です。経験豊かな教授陣が指導し、現代社会の問題点や今後の政治のあり方を学べます。「選挙特殊研究」では東京都江東区が行う選挙啓発事業に参加して、行政の現場で働く職員と意見交換を行います。また「地方政府研究」では市役所を訪問・調査するなど地域社会が抱える問題に日頃から目を向け、身近なところから政治との関わりを探る視点を養います。

政治学科国家公務員育成プログラム

国家公務員育成プログラム

国や地域社会を構築するスケールの大きな役割を担う国家公務員。そんな政治に携わる公務員を目指す学生を支援するのが、法学部の学びと、国家試験対策を有機的に構成した「国家公務員育成プログラム」です。1・2年次は、学科の専門科目や学内で開講されるプログラム科目で国家公務員試験に向けた基礎を養います。3年次からは、学外のプログラム科目を効率的に学び、国家公務員試験合格を目指します。専任の担当による少人数制で、半期ごとに面談を行うなど、学習面だけでなく生活面やメンタル面のケアも充実しています。

詳しくはこちら
国家公務員育成プログラム

glp

Global Leadership Program

「グローバル・リーダーシップ・プログラム(GLP)」は、実践的な英語力を身に付けた次代のリーダーを育成する選抜制のプログラムです。海外語学研修、海外インターンシップ、留学対策の英語プログラムなど、チャレンジ精神旺盛な学生を支援する実践的な取り組みを豊富に用意。高い語学力を修得するために、少人数制によるきめ細かな指導を行います。特待生たちの卒業時の目標は、TOEIC®800点、IELTS(Academic)6.0以上。同じ目標を持つ仲間たちと互いに切磋琢磨しながら、高度なコミュニケーション力とグローバル感覚を身に付け、国際舞台で活躍できる人材を目指します。

詳しくはこちら
グローバル・リーダーシップ・プログラム(GLP)
学生VOICE
問題解決には
議論と交流が重要。
政治を学び人々の笑顔を増やしたい
福澤 慶
光泉高等学校 出身
法学部 政治学科 3年
政治学科ではグループワークを行う授業が多く、一つの問題について議論し、さまざまな視点から解決策を模索します。互いに意見を言うことは、より良い解決策を見つけることだけではなく、相手の意見を受け入れる柔軟性を養うことにも繋がります。私は学びを通して、議論や交流の大切さに気が付きました。昨今、日本では住民同士のトラブルが増加しているように思われますが、私たちが安心して暮らすためには、話し合い、交流を深めることが重要だと思います。将来は多くの人の笑顔を生む交流の場に携われる職業につきたいと考えています。
学生VOICE
経験を学びに活かす
フィールドワークが魅力
田中 純平
京北高等学校(現 東洋大学京北高等学校) 出身
法学部 政治学科 3年  ※取材当時
武蔵野大学を選んだのは、キャンパスが都心・有明にあるため、さまざまな知識を持った学生が全国から集まり、互いに切磋琢磨しながら学べる環境があることに魅力を感じたからです。公務員を志望している学生も多く、将来をしっかり見据えて学習している姿を見ると、自分も頑張らなければと刺激を受けています。私はテレビやネットで取り上げられるニュースに興味・関心があり、それらをテーマに政治学について学んでいます。1年次の時には、NPO法人が発行している新聞を石巻市の仮設住宅に配達するボランティアを経験。東日本大震災の被災者から直接話を聞くことで被災地の現状を知り、被災者がどのような思いで生活しているかを実感し、行政への興味がさらに深まりました。こうした実体験を学びに活かせるカリキュラムも、政治学科の魅力のひとつです。現在は、行政や公共政策に詳しい深谷健先生のゼミに所属し、有権者の投票行動について研究中。文献講読やディスカッションを通して、多角的に物事を見る習慣が身に付き、政治学への関心が深まるとともに経営学への興味も生まれ、学びの幅が広がりました。将来は、学科で身に付けた政治学と経営学の知識を活かせる職業に就きたいと考えています。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職