HOME教育学部工学部建築デザイン学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「基礎ゼミ」では、卒業後の自身のキャリアを思い描きながら、建築デザイン学科の4年間の学びを概観します。「空間表現論」や「住居論」などの授業で建築の基礎を固めます。

年次
「設計製図」や「構造力学」「建築計画」など、学びがより専門的になります。「プロジェクト」では学年を越えて、先輩後輩と課題の制作に取り組んでいきます。

年次
1・2年次に身に付けた知識を活かし、建築やデザインに対する理解を深めます。専門分野を一層幅広く学び、演習やプロジェクトなどの授業では主体的に活動を行います。

年次
3・4年次のゼミを通し論理的思考力を鍛えます。そして、4 年間の集大成となる卒業研究・卒業制作に取り組みます。

カリキュラム

本学科では、現代社会が直面しているさまざまな課題に対して、建築的な教養と実践によって解決策を提示できる力を重視しています。専門科目を段階的に学ぶとともに、そこで得た知識を有機的に結びつけて課題解決に活かすための訓練を徹底的に行います。
カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

授業ピックアップ

建築デザイン学科06

卒業研究

自らテーマを設定し、1年間かけて研究に取り組みます。その成果を、卒業論文または卒業制作で発表します。知識、技術、思考、分析、構成、表現、創造など、総合的な力が試される4年間の集大成です。

建築デザイン学科07

設計製図

戸建住宅、休憩所、美術館、集合住宅、図書館、学校、劇場など建築のさまざまな設計課題に挑戦します。専門科目で学んだ知識を総動員して取り組む、本学科のカリキュラムの中核となる科目です。

建築デザイン学科08

CAD

コンピュータで建築デザインを行う技術を1年から3年前期にかけて段階的に習得。
汎用CGソフトによる製図技法、3次元モデリング、空間体験アニメ、画像・映像編集まで実践的な課題に取り組みます。

建築デザイン学科09

基礎デザイン

スケッチや模型制作、プレゼンテーションパネルなどの制作方法を実習によって習得。建築をデザインするための基礎的な思考方法を理解し、技術を使って人に提案を伝える方法についても学びます。

建築デザイン学科10

建築構造デザイン

具体的な建築を例に、各種構造システムの力学、設計、材料、施工などを多角的に学びます。また、模型等を利用して実際に構造デザインを行い、形と力学的特性の関係を考察していきます。

建築デザイン学科11

建築と環境

建築設備につながる「室内環境」にはどのようなものがあるのかを知るとともに、人にとって快適な「室内環境」を計画・設計するための基礎的な熱、光、風、音環境について学びます。
大学案内
学校法人武蔵野大学
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職