HOME教育学部工学部数理工学科

学科の特長

トピックス

数理工学科 「数学×工学」

「数学語」で社会や自然のあらゆる現象を理解し
コンピュータを活用して問題解決

数値や数式でしか処理できないコンピュータの世界では、色、形、大小などを数値に置き換えます。数理工学とは、社会や自然のあらゆる現象をそうした数字や記号などの「数学語」で理解し、問題解決を図る学問です。実際に問題解決を実行する際には、「プログラミング」に代表されるコンピュータの活用が重要となります。本学科では、現象をモデル化して理解する力を身に付け、システム設計に応用できる人材や、大規模データから問題の本質を見抜くデータサイエンティストなど、持続可能な社会の実現に向けて主体的に取り組む人材を育成します。

数理工学プロジェクト

数学のおもしろさと可能性を教えられる
中学・高等学校の数学教員も目指せる

数理工学の必修科目に加え、応用代数、応用幾何など基礎的な数学と他学科とともに学ぶ教職課程の科目を履修することで中学・高等学校教諭一種免許状(数学)の取得が可能です。数理工学の広範な分野を専門とする教員陣から数学の多種多様な可能性とおもしろさを学び、基礎的な数学と応用数学の知識をバランスよく身に付けることで、「いかにして社会の問題を数学で解決していくのか」、数学の楽しさや奥深さを子どもたちに教えられる教員を目指せます。

「プロジェクト」活動で社会に応用できる能力を身に付ける

学生が学年の枠を越えて自主的に企画から携わり実行する実践型授業が「プロジェクト」活動です。学生が主体となってプロジェクトチームをつくり、数理工学の力を用いて、課題解決・目標達成を目指します。教科書や技術書を苦労しながら読み込み、実装に移すスキルを磨きながら、自らの考えを明確かつ論理的に組み立て意見交換することによって、課題解決のための試行錯誤を繰り返します。主体的に考える力と実行力、他者の考えを傾聴する姿勢、リーダーシップ、チームワーク力などを、高い次元で総合的に身に付けることを目標としています。

2018年度最終報告会

自動ごみ分別装置プレゼン

「自動ゴミ分別装置」プレゼン

最優秀賞に決定!

最優秀賞に決定!

数理工学プロジェクト

コンテスト入賞実績

  • 平成30年度パテントコンテスト/デザインパテントコンテスト 優秀賞「テニスのサーブのイン・アウト判定方法」特許出願準備中
  • 第8回データビジネス創造コンテスト 最優秀賞「本の時代再び~リアルとデジタルの融合~」
  • 第8回スポーツデータ解析コンペティション 特別賞(データスタジアム賞)「フェンシングの未来のために~見せ方の改革とデータによる技術の解明に向けて~」
学生VOICE
知識を活用し、身の回りの物事に活かすおもしろさ。
数学で世の中に貢献していきたい
川田 瑛貴
4年
茨城県立水戸第一高等学校 出身
入学して初めて学んだプログラミング。最初は難しそうなイメージがありましたが、仕組みが分かるとすんなり理解できました。プロジェクトの授業では知識を活用することを学び、「テニスサーブの判定装置」を開発し、その年の最優秀プロジェクトに選ばれました。これをきっかけに外部のコンテストにも挑戦したところ、そのコンテストでも最優秀賞を受賞し特に「データ分析が良くできている」と評価してもらえたことは大きな自信になりました。数理を身の回りの物事に活かすことのおもしろさを知り、それ以降もさまざまな挑戦を続けています。将来は大学院に進み、数理の力で世の中に貢献できる力を身に付けていきたいです。

数理工学科

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

入試情報

教育