HOME教育学部工学部数理工学科

学科の特長

トピックス

数理工学科 「数学×工学」

「数学語」で社会や自然のあらゆる現象を
理解しコンピュータを活用して問題解決

数値や数式でしか処理できないコンピュータの世界では、色、形、大小などを数値に置き換えます。数理工学とは、社会や自然のあらゆる現象をそうした数字や記号などの「数学語」で理解し、問題解決を図る学問です。実際に問題解決を実行する際には、「プログラミング」に代表されるコンピュータの活用が重要となります。本学科では、現象をモデル化して理解する力を身に付け、システム設計に応用できる人材や、大規模データから問題の本質を見抜くデータサイエンティストなど、持続可能な社会の実現に向けて主体的に取り組む人材を育成します。

数理工学プロジェクト

数学のおもしろさと可能性を教えられる
中学・高校の数学教員も目指せる

数理工学の必修科目に加え、応用代数、応用幾何など基礎的な数学と教職必修科目を履修することで中学校・高等学校教諭一種免許状( 数学)の取得が可能です。数理工学の広範な分野を専門とする教員陣から数学の多種多様な可能性とおもしろさを学び、基礎的な数学と応用数学の知識をバランスよく身に付けることで、「いかにして社会の問題を数学で解決していくのか」、数学の楽しさを子どもたちに教えられる教員を目指せます。

数理工学科プロジェクト活動

「プロジェクト」活動で
社会に応用できる学びを体感

学生が学年の枠を越えて自主的に企画から携わり実行する、学年縦断の実践型授業が「プロジェクト」活動です。学生が主体となってプロジェクトチームをつくり、数理工学の力を用いて、課題解決・目標達成を目指します。教科書や技術書を的確に読み込み、実装に移すスキルを磨きながら、自らの考えを明確かつ論理的に組み立て意見交換し、課題解決のための方向性を決定。実行力、傾聴力、リーダーシップ、チームワーク力を総合し、高い次元で身に付けることを目標としています。

数理工学プロジェクト

先輩たちのプロジェクトテーマ

● 疑似体験
● プログラミングによるゲーム作成
● 拡張現実カメラアプリの作成
● 動くゴミ箱
● 地球にやさしい電動スケートボード
● 楽譜を読み込んで自動演奏するアプリ
● もしもの世界
● テニスのサーブの判定装置( 仮)
● 本格的なゲームを作る2
● 本格的なゲーム開発に挑戦1
● プロジェクションマッピング
● 人感センサー付き音楽機器
● 嘘発見器
※教職再課程認定申請中。文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

数理工学科

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職