HOME教育学部工学部環境システム学科

学科の特長

トピックス

環境システム学科環境システム

文系・理系の学問領域を横断した学び
“文理融合型カリキュラム”

本学科の学びは、高校までの「文系」「理系」の枠を越えた、文理融合のカリキュラムが特長です。環境問題はたとえば汚染や気候の変化など自然科学的現象として起こりますが、その原因は人間社会にあります。それを解決するには、科学や技術などの理系的知識と経済や制度などの文系的な知識を総動員する必要があります。分野の枠にとどまらず環境と社会についての幅広い知識を学んで環境問題に対峙し、より良い社会をつくるために自ら活動できる人材を育成します。

環境システム学科環境プロジェクト01

自ら社会を啓発し、
持続可能な社会へと導く

企業や組織が自主的に環境保全に取り組むことを環境マネジメントといいますが、その活動には、課題発見、調査、企画提案などの分析力と、実行し、再挑戦する前向きな行動力が必要です。本学科ではこのような力を高め、さまざまな職種でリーダーシップを発揮できる実践力を身に付けます。また、持続可能な社会のためには教育現場での環境教育も不可欠。そうした環境教育・ESD※の推進者となれるよう、中学校・高等学校教諭一種免許状( 理科)が取得できるカリキュラムも用意しています。
※ ESD:Education for Sustainable Development 持続可能な開発のための教育

環境システム

キャンパスを越えた自由でアクティブな学び
本学独自の“環境プロジェクト”

座学にとどまらず、教室もキャンパスも飛び越えて活動するのが、本学科オリジナルの「環境プロジェクト」です。実際の世の中の課題を解決するために、企業・行政・地域の方々と協力し合いながら解決策を考え、実現する。プロジェクト活動を通して自ら主体的に行動し、困難を切り拓き、成果を出していく経験は、将来どのような分野に進んでも「答えのない問題」に最善解を導くことができる力となることが期待されます。

環境みつばち

先輩たちの環境プロジェクト(抜粋)

〈先輩たちの環境プロジェクト〉
● シカプロジェクト~しかをいただく~
● ベースキャンプ(村)をつくる
● 古民家再生プロジェクト
● 半農半学プロジェクト
● 里山保全
● 武蔵野ビオトープ
● 自転車プロジェクト
● LOHASプロジェクト
● 防災教育
● アリアケ海岸  他

環境システム学科

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職