HOME教育学部工学部建築デザイン学科

学科の特長

トピックス

MU展

全員が一級建築士を目指せる。
本学科独自のカリキュラムで専門性を高める

1年次から図面・模型など表現の基礎に触れ、2・3年次の「設計製図1・2・3・4」で、小規模から大規模、単一用途から複合的用途、私的利用から公共利用などさまざまなバリエーションの設計課題に取り組みます。本学には建築の基本から全員が一級建築士を目指せる専門性の高いカリキュラムを用意。さらに、本学大学院環境学研究科環境マネジメント専攻において、一級建築士実務経験のための科目を経て課程を修了すると、1年、あるいは2年の実務経験とみなされるため、一級建築士受験資格を得ることができます。

建築デザイン学科 卒業研究

学年・大学という垣根を越え、
「プロジェクト」を通して社会と繋がる

本学独自の教育システムとして、教員の専門性に沿った多様な「プロジェクト」があります。1年から4年までが学年を越えて一丸となり、自分たちの作品や研究成果を社会に提示していく活動です。本学の学びは学外での発表を見据えており、各種コンペや作品展などにも盛んに出品しています。自分たちの作品が多くの目にさらされることで、表現力や創造的思考力を磨き、現代社会が抱える課題を発見する視点、解決への実践的な行動力を養います。

2016 年度プロジェクトの主な出展・受賞歴

  • 数理工学プロジェクト01
  • 数理工学プロジェクト02
● 学生サマーセミナー2016(出展・審査員賞)
● 創立130 周年記念 建築文化週間 学生グランプリ2016
● 建築文化週間全国学生ワークショップ2016(出展・優秀賞、特別賞)
● トロールの森2016(出展)
● A'DESIGN AWARD(銀賞)
● 第9回国際デザイン賞(銀賞)
● SITE 2016 版築アートプロジェクト(出展)
学生VOICE
テキストだけでは学べない
生きた授業で
作品に誇りを
持てるようになりました
秋元 晴奈
昭和女子大学附属昭和高等学校 出身
工学部 建築デザイン学科 3年
建築デザイン学科の魅力は、制作に対する充実したサポートと学修プロセス。まずは、古典や中世の有名建築の構造や歴史の流れを学び、先人の建築に対する思考を推察し知識を蓄えます。制作する前に建築の基礎を学ぶことで表現の幅が広がり、制作に応用を加えることができるようになりました。また、講評の時間も一人ひとりに充分に与えられ、先生のアドバイスのもと、より良い作品への糸口を探します。培った知識を使い、さらに高みを目指す学修プロセスで、自分の作品に対して誇りを持てるようになったと感じています。
学生VOICE
設計スキルが
向上していく喜びを
実感しています
岩田 舞子
埼玉県立伊奈学園総合高等学校 出身
環境学部 環境学科 都市環境専攻 4年  ※取材当時
(現 工学部 建築デザイン学科)
建築に関連した分野を幅広く学べることに魅力を感じ、建築デザイン学科に入学しました。自分の考えやアイデアを表現する面白さを感じながら勉強しています。1年次にはグループワークなどを通して建築の基礎を学び、2年次にはさらに専門的な内容に取り組みました。また、「プロジェクト」では学年の垣根を越えたワークを行い、課題を制作。先生方や先輩方のアドバイスを受け、設計のスキルを高めることができました。設計やプロジェクトを行うには長い時間がかかりますが、その過程で苦労があるからこそ、完成したときの達成感は大きなものになります。こうして生み出した作品のいくつかは、学外でも発表することができました。3年次の前期に取り組んだ課題が評価され、第15回「住宅課題賞2015」審査員賞の「濱野賞」をいただけたことが良い思い出に残っています。これまでの学びを通して、建築の専門知識はもちろん、総合的な問題解決力や表現力を磨くことができました。こうした能力は、社会に出てから自分を支えてくれると思っています。残りの学生生活も悔いのない時間を過ごし、社会で活躍できる力を身に付けたいと思います。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職