HOME教育学部工学部数理工学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「武蔵野BASIS 」で幅広い教養を身に付けると同時に、「数理工学入門」「微積分」「線形代数」「情報処理」などの授業で数理工学の基盤を固めます。

年次
数学に加えて物理や統計を学んで数理工学の基幹を押えるとともに「プロジェクト」をはじめます。
「プロジェクト」とは学生が主体となって企画・実行する体験型の授業です。

年次
数学や物理の応用と数理工学が実際に使われている分野の内容を学びます。

年次
4年間の学びの総仕上げとなる年です。
各教員の個別指導のもと、卒業に向けて論文の作成に取り組みます。

トピックス

数理工学科 「数学×工学」

「数学×工学」の力で社会を構築する人材を育成

数値や数式でしか処理できないコンピュータの世界では、色、形、大小などは数値に置き換えます。数理工学とは、そうした数字や記号などの「数学語」で、社会や自然のあらゆる現象を理解しようとするものです。数式を解くことが目的ではなく、数学的手法を使って現実社会でおきるさまざまな現象や問題を解決する学問だといえます。交通・物流・金融・セキュリティ分野などでも数理工学は活用されています。金融商品の価格づけに使われる確率微分方程式、クレジットカードで使われる暗号理論、近年注目されているビッグデータを処理するスキルとしても数理工学のニーズは高まっています。自然現象や社会現象をモデル化して理解し、システム設計に応用することができる人材や、大規模データから問題の本質を見抜くデータサイエンティストなど、持続可能な社会構築に向けて主体的に参画する人材を育成します。

数理工学科プロジェクト活動

プロジェクト活動

数理工学科の「プロジェクト1」「プロジェクト2」は、学生が自主的に企画・実行する、学年縦断の体験型授業です。学生が主体となってプロジェクトチームを作り、数理工学の力を用いて、課題解決・目標達成を目指します。チームでスマートフォンアプリを開発するなど、実践的テーマに挑戦。社会で必要とされるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などを磨きます。

カリキュラム

カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

カリキュラムの特徴


高度情報化社会において不可欠となる数理工学的手法を習得することを目的に、数理モデリング、シミュレーション、データ解析などを学びます。また、これらの技能を将来、さまざまな業界で活かすため、課題発見・解決力を同時に育成していきます。「プロジェクト」は、学生の主体的な取り組みによって企画・実行する、学年縦断の体験型授業。「スマートフォンアプリの開発」といった興味のある分野や、社会問題を解決するためのテーマなどを設定し、必要な数理モデルを選択し、実制作に取り組みます。授業で学んだ内容を実践することにより、数理工学への理解が深まります。さらに、社会貢献意識を持ちながら課題と向き合う姿勢も養われます。

2年次1学期の時間割例

 
1微積分 3数学科指導法 Aインターンシップ(事前研究)線形代数 3 
2課題学習自主学習
3英語 2A微分方程式 1数理工学概論1英語 2B数学演習 2
4課題学習課題学習
5学校の制度課題学習課題学習
6教育課程論

授業ピックアップ

数理工学科数理工学入門

数理工学入門

自然・社会現象に対し数理モデルを用いて解析する基本的な考え方を習得します。工学システムを数理モデル化し、システム設計に役立てる手法を学ぶとともに、複雑なデータに対して数理的手法が有用であることを実例に基づき理解します。

数理工学科保険数学

保険数学

生命保険や損害保険などの数理的仕組みを学びます。また、その仕組みが健全に運営されるためには、対象に応じた確率モデルを用いた適切なリスク管理が不可欠。
講義では、保険数理に確率的な考え方がどう生かされるかについても学びます。

数理工学科データベースと情報管理

データベースと情報管理

テキスト・音声・画像・動画などの電子情報が、インターネットを通じて広く流通しており、それらの蓄積と検索を効率よく実施できるデータベースが重要になっています。講義では電子情報の管理方法と、効率的に活用する方法を学びます。

数理工学科数理工学概論

数理工学概論

教員が自身の研究経験に基づいて、数理工学の実際例を紹介します。また、数理工学を駆使して活躍されている方々をゲストスピーカーとして招聘し、実体験に基づいた数理工学の重要性について話して頂き、数理工学の実践について学びます。

数理工学科離散数理工学

離散数理工学

現象の記述方法には、独立変数だけでなく従属変数も離散値をとる超離散系があります。その一つであるセルオートマトンの数理的な側面を理解し、渋滞現象のシミュレーションを行い、実社会の課題を解消する方法を探る技術を習得します。

数理工学科環境・エネルギー工学

環境・エネルギー工学

エネルギーや環境問題を考える際に必要な自然界のエネルギーの流れや物質循環の基本を踏まえ、人類のエネルギー、物質の生産・輸送・消費・廃棄・リサイクルの流れなどについて、数理モデルを使いながら理解を深めます。

数理工学科計画工学

計画工学

生産計画では、例えば決められた予算・材料の制約条件から、どの製品をどれだけ製造したら利益が最大となるかが問題となります。この講義では、多岐にわたる計画策定に対して用いられる数理的手法について学びます。

数理工学科確率数理工学

確率数理工学

さまざまな工学現象を確率モデルで理解するために必要なランダムウォークなどの確率過程と、複雑ネットワークなどの応用例について学びます。そのなかで、工学現象を確率的な視点で眺め、応用できるようになることを目指します。

数理工学科生命情報学

生命情報学

生命科学の膨大な実験データに対する情報処理技術の向上により、システムとしての生命メカニズムに迫る学問が生まれています。講義では、ゲノムに関する多様な情報処理技術と遺伝子発現ネットワークなどの予測技術について学びます。
学生VOICE
数学の専門知識を深め、
人間的な成長を
実感する日々
持田 拓郎
八千代松陰高等学校 出身
工学部 数理工学科 2年
「楽しい学科を作っていこう!」という学科長の先生の言葉で始まった大学生活。その言葉通り、刺激に満ちた楽しい毎日を過ごしています。印象的な講義はたくさんありますが、特に印象深いのは「数理工学入門」です。パズルゲームの一種である「ハノイの塔」や、最適化問題として有名な「巡回セールスマン問題」などを題材に、社会のさまざまな現象を数理工学で解き明かしていきます。また、「情報処理」という科目でプログラミングを学んだことも、とても新鮮な体験でした。私の卒業後の目標は、数学の教員になることです。その目標を実現する上で、今学んでいる専門的な数学の知識が役に立つと考えています。また、教員として生徒を指導していくためには、人間的な面での成長も重要です。1年次の必修科目「キャリアデザイン」で経験したフィールドワークや、東日本大震災で被害を受けた宮城県石巻市でのボランティアなど、さまざまな経験は将来の自分の糧になると思います。武蔵野大学は、自分の心構えひとつで、無限に可能性を広げられる大学です。学科の枠を越えて多くの人たちと関わり、自分と違った意見も積極的に取り入れることによって、思考の幅が広がっていくのを実感しています。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職