HOME研究研究所・研究室・センター薬学研究所研究室

老人・女性薬学研究部門

薬物動態学研究室

PROJECTS

概要

生体に投与された薬物の効果や副作用は、その薬物の体内動態に大きく依存することが知られています。当研究室では、薬物の体内動態を左右する因子について様々な視点から研究しています。

1. 薬物代謝酵素・トランスポーターを介する薬物相互作用の定量的予測

これまで薬物相互作用により体内動態が変化する要因として、代謝過程における相互作用が重要視され、in vitro試験や動物実験の結果からその相互作用を予測することが医薬品の開発に役立っています。しかし、最近、代謝酵素だけではなくトランスポーターを介する相互作用も極めて重要であることが明らかになってきています。当研究室では、薬物代謝酵素およびトランスポーターを介する薬物相互作用を定量的に予測する方法について検討し、医薬品開発の高効率化に役立てたいと考えています。

2. 臨床での薬物相互作用のメカニズム解明と注意喚起のための薬物動態学的研究

薬物相互作用の臨床報告があるにもかかわらず、そのメカニズムが明らかにされていなかったり、特に古くから使われている医薬品においては、薬物相互作用について十分な検討がなされないまま臨床で使用されているケースが多数あります。このような医薬品について、臨床で生じた相互作用のメカニズムを解明するとともに現代の研究レベルに沿った薬物相互作用に関する検討を加えることによって、予期せぬ薬物相互作用が生じる可能性について注意喚起をしたいと考えています。

SELECTED PUBLICATIONS

  1. Kudo T., Ozaki Y., Kusano T., Hotta E., Oya Y., Komatsu S., Goda H., Ito K.: Effect of buffer conditions on CYP2C8-mediated paclitaxel 6α-hydroxylation and CYP3A4-mediated triazolam α- and 4-hydroxylation by human liver microsomes. Xenobiotica in press.
  2. Ozeki K., Kato M., Sakurai Y., Ishigai M., Kudo T., Ito K.: Evaluation of the appropriate time range for estimating the apparent permeability coefficient (Papp) in a transcellular transport study.  Int. J. Pharm. 495: 963-971 (2015).
  3. Kudo T., Endo Y., Taguchi R., Yatsu M., Ito K.: Metronidazole reduces the expression of cytochrome P450 enzymes in HepaRG cells and cryopreserved human hepatocytes. Xenobiotica 45: 413-419 (2015).
  4. Iida J., Kudo T., Shimada T., Yatsuno Y., Yamagishi S., Hasegawa S., Ike H., Sato T., Kagaya H., Ito K.: Investigation of the safety of topical metronidazole from a pharmacokinetic perspective. Biol. Pharm. Bull. 36: 89-95 (2013).
  5. Kudo T., Hisaka A., Sugiyama Y., Ito K.: Analysis of the repaglinide concentration increase produced by gemfibrozil and itraconazole based on the inhibition of the hepatic uptake transporter and metabolic enzymes. Drug Metab. Dispos. 41: 362-371 (2013).
  6.  Hasegawa M., Imai Y., Hiraoka M., Ito K., Roy A.: Model-based determination of abatacept exposure in support of the recommended dose for Japanese rheumatoid arthritis patients. J. Pharmacokinet. Pharmacodyn. 38: 803-832 (2011).
  7. Hoshino-Yoshino A., Kato M., Nakano K., Ishigai M., Kudo T., Ito K.: Bridging from preclinical to clinical studies for tyrosine kinase inhibitors based on pharmacokinetics/pharmacodynamics and toxicokinetics/toxicodynamics. Drug Metab. Pharmacokinet. 26: 612-620 (2011). 

STAFF

伊藤 清美  Kiyomi Ito教授   Professor
工藤 敏之  Toshiyuki Kudo講師   Lecturer
山岸 喜彰  Yoshiaki Yamagishi 助教  Assistant Professor

 

ACADEMIC ACTIVITIES

日本薬学会、日本薬物動態学会、日本薬剤学会、日本医療薬学会、日本臨床薬理学会、和漢医薬学会、日本緩和医療薬学会、日本くすりと糖尿病学会、International Society for the Study of Xenobiotics
お問い合わせ
武蔵野大学薬学研究所
〒202-8585 東京都西東京市新町1丁目1番20号  
TEL:042-468-3350(武蔵野学部事務室 / 受付時間:月~金 8:45~17:00)
e-mail:pharmacy@musashino-u.ac.jp
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究
学生生活・就職