HOME研究研究所・研究室・センター薬学研究所研究室

老人・女性薬学研究部門

薬理学研究室

PROJECTS

概要

医療の進歩によって様々な病気が治療可能になり私達は長生きできるようになりましたが、それと裏腹に、高齢になるとかかる病気が問題となってきました。アルツハイマー病などの認知症もそのひとつです。当研究室では、「記憶に関係する脳の仕組みを解き明かし、認知症などの記憶障害を治す薬を創り出すこと」を目標に、薬理学的・生理学的研究を行っています。

1.記憶の分子メカニズムと記憶改善薬の探索

脳の中で「海馬」と呼ばれる部分では、強い情報の入力があると信号の伝わり方が変化して痕跡が残ります。この現象はLTPと呼ばれ、記憶を作るのに必要なステップと考えられています。当研究室では、海馬LTPを促進する薬を見つけ出して、それを認知症の治療に役立てようと研究しています。

2.感情が記憶を左右するメカニズムの研究

私達は特に嬉しかった出来事や怖い体験などはよく覚えているものです。つまり感情によって記憶形成が高められるのです。当研究室では、脳の中で感情を司る「扁桃体」と記憶形成を行う「海馬」の神経連絡に注目し、感情と記憶の関係を研究しています。

3.アルツハイマー病発症機構の解明

アルツハイマー病は、海馬などの特定脳領域にアミロイドβ蛋白という毒が蓄積して発症すると考えられています。当研究室では脳細胞に対するアミロイドβ蛋白の作用を解析することによって、アルツハイマー病発症の分子機構を解明しようとしています。


Laboratory Home Page
http://www.musashino-u.ac.jp/yakugaku/yakuri/m-yakuri-home.html

SELECTED PUBLICATIONS

  1. Abe, K., Kimura, H., The possible role of hydrogen sulfide as an endogenous neuromodulator, J. Neurosci., 16, 1066-1071 (1996).
  2.  Abe, K., Yamaguchi, S., Sugiura, M., Saito, H., The ethanol metabolite acetaldehyde inhibits the induction of long-term potentiation in the rat dentate gyrus in vivo, Br. J. Pharmacol., 127, 1805-1810 (1999).
  3. Edagawa, Y., Saito, H., Abe, K., Endogenous serotonin contributes to a developmental decrease in long-term potentiation in the rat visual cortex, J. Neurosci., 21, 1532-1537 (2001).
  4.  齋藤洋、阿部和穂 監修・著、『認知症治療薬開発の最前線』、シーエムシー出版、2006年3月刊行
  5.  Maher, P., Akaishi, T., Abe, K., Flavonoid fisetin promotes ERK-dependent long-term potentiation and enhances memory. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 103, 16568-16573 (2006).

STAFF

阿部 和穂 Kazuho Abe教授 Professor
赤石 樹泰 Tatsuhiro Akaishi講師 Lecturer
山本 昇平 Shohei Yamamoto 助教 Assistant Professor

 

ACADEMIC ACTIVITIES

日本薬学会、日本薬理学会、日本神経科学会、北米神経科学会
お問い合わせ
武蔵野大学薬学研究所
〒202-8585 東京都西東京市新町1丁目1番20号  
TEL:042-468-3350(武蔵野学部事務室 / 受付時間:月~金 8:45~17:00)
e-mail:pharmacy@musashino-u.ac.jp
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職