HOME研究研究所・研究室・センター薬学研究所研究室

老人・女性薬学研究部門

免疫生化学研究室

PROJECTS

概要

肝を中心とした免疫生化学

1. 非アルコール性肝炎(NASH)の発症抑制

先進国において重要な疾患であるNASHの病態解析とその治療法の開発。

2. 肝臓における細胞群の機能解析

肝臓器には様々な細胞が存在し、特徴的な機能を担っている。その中でも特に肝実質細胞は肝臓機能を代表する細胞群であり、その機能を制御する要因の1つである肝免疫細胞(Kupffer細胞)の機能を解析することで、肝臓の制御法を開発する。

SELECTED PUBLICATIONS

  1.  I. Ajioka, T. Akaike, Y. Watanabe Expression of vascular endothelial growth factor (VEGF) promotes colonization, vascularization and growth of transplanted hepatic tissues in mice. Hepatology, 29 (1999), 396-402.
  2. I. Shibuya, T. Akaike, Y. Watanabe. Design of temporally and spatially controlled drug delivery system for the treatment of liver diseases. Hepatology, 32 (2000), 1299-1307.
  3.  Y. Watanabe, K. Hirakawa, T. Haruyama, T. Akaike. Direct production of an activated matrix metalloproteinase-9 (gelatinase B) from mammalian cells. FEBS Lett., 502 (2001), 63-67.
  4.  I. Ajioka, R. Nishio, T. Akaike, M. Sasaki, J. Enami, Y. Watanabe. Establishment of heterotropic liver tissue mass with direct link to the host liver following implantation of hepatocytes transfected with vascular endothelial growth factor gene in mice. Tissue Engineering, 7 (2001), 335-344.

STAFF

渡辺 恵史 Yoshifumi Watanabe 教授 Professor
宮脇 昭光 Akimitsu Miyawaki助教 Assistant Professor

 

ACADEMIC ACTIVITIES

日本薬学会、日本DDS学会
お問い合わせ
武蔵野大学薬学研究所
〒202-8585 東京都西東京市新町1丁目1番20号  
TEL:042-468-3350(武蔵野学部事務室 / 受付時間:月~金 8:45~17:00)
e-mail:pharmacy@musashino-u.ac.jp
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職