HOME学生生活・就職就職・キャリア支援

インターンシップ

 民間企業や中央省庁、地方自治体、非営利団体などが、大学生のために用意した就業体験のプログラムを「インターンシップ」と呼びます。
 学生たちはインターンシップに参加することで“働く”ということをより具体的にイメージすることができ、実際の業務を通じて仕事内容を知ることができます。また仕事内容だけではなく、職務を通じて社会人としてのコミュニケーション力やビジネスマナーも実践的に身に付けられます。自身の将来を真剣に考えるきっかけにもなるでしょう。
 実習生を受け入れる企業・自治体としても、就職前の学生に仕事内容などを教えることにより、職場への理解を深めてもらうことができるので、インターンシップを積極的に取り入れる企業・自治体が増えています。インターンシップを広報活動に結び付けるだけでなく、その後の採用活動に活かすケースもあり、就職活動を行う上で切っても切り離せない存在となっています。
 武蔵野大学では、学生ひとりひとりに納得のいく進路を選択して欲しいと願っています。充実したインターンシップ体験は、その第一歩となりますので、参加を希望する学生たちに対しては、以下のような支援を行っています。

①    各種対策講座

 インターンシップ実施にあたり、参加者を選考する受入先もあります。履歴書やエントリーシートの提出、面接を実施する場合も少なくありません。武蔵野大学では有明、武蔵野両キャンパスにて各種対策講座を開講しており、チャレンジしたい学生の支援にあたっています。

【平成30年度実施講座(一例)】

自己分析講座≪座学・実践≫(8日間開催)
文章力養成講座≪座学・実践≫(8日間開催)
業界研究講座≪座学・実践≫(8日間開催)
インターンシップ講座≪座学≫(12日間開催)

②   学校推薦インターンシップ

 武蔵野大生を受け入れて下さる企業より夏季・冬季に募集があり、平成30年度は以下の企業に、夏季15名、冬季5名の学生を派遣しています。
(受入先は年度によって異なります)

平成30年度 学校推薦インターンシップ実施一覧(五十音順)

受入時期受入先
夏季 SMBC日興証券株式会社
城南信用金庫
野村證券株式会社
白十字株式会社
株式会社三井住友銀行
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
冬季野村證券株式会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

※受入先、受入数は年度によって異なります。

③    国内インターンシップ(授業)

 本学では、2010年度より正課カリキュラムとして「国内インターンシップ」を開講し、複数の専任教員がきめ細かく個別指導をしています。
 この授業では、約3ヶ月間の事前研究期間を通して履歴書の書き方やビジネスマナーを身に付けたのち、夏期休暇中に5~10日間程度の職場実習を行っています。受入先は企業や自治体、非営利団体等約50社/団体あり、OBが在籍しているなど本学生の育成に協力的な実習先ばかりです。学生たちは実習を通して課題発見力やコミュニケーション力等を身に付け、実習終了後には「フォローアップ授業」を実施し、お世話になった受入先の方々の前で自身の実習経験を発表します。教員との個別面談や実習先からのフィードバックを通して体験の振り返りを行い、授業での経験をその後のキャリア形成に多いに活かしています。

タラサ志摩

実習先リゾートホテルでの様子

国内インターンシップ授業

フォローアップ授業の様子

国内インターンシップ 授業構成表

インターンシップ_授業構成表

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

教育