HOME学生生活・就職学びのサポート

学びのサポート

学籍について

学籍

学籍とは、武蔵野大学に在籍する者(在学生)および在籍した者(卒業生等)の学生の戸籍です。学籍は、本人氏名・生年月日・住所・電話番号等の個人情報および学籍番号・所属(各学部・学科、各研究科・専攻)・学年・学籍異動履歴(入学・休学・卒業)等の大学に関する情報で構成されます。学籍に基づき証明書の発行、保険手続きなどの各種サービスが提供されます。

武蔵野大学学生の学籍管理は学生支援課/武蔵野学生支援室が行います。入学後、速やかに学生個人記録を学生支援課/武蔵野学生支援室に提出してください。また学籍に関する個人情報に変更が生じた場合や、休学したいなどの学籍異動が生じる場合は、学生支援課/武蔵野学生支援室に相談・届出をしてください。
留学生の方は、国際課へ相談・届出をしてください。

学生個人記録

学生個人記録は、本人の氏名、生年月日、現住所、連絡先、家族構成などの個人情報を記載するほか、保証人および緊急連絡先に関する住所、連絡先などを記載した重要な書類です。
入学時に所定の用紙が配布されます。必ず決められた期日までに学生支援課/武蔵野学生支援室に提出してください。
※提出がない場合は、各種証明書の発行ができなくなる場合がありますので、注意してください。

学籍内容変更届

学生本人、保証人および緊急連絡先に関する個人情報(現住所・連絡先・婚姻等による改姓など)に変更があった場合は、下記様式を印刷し記入の上、学生支援課/武蔵野学生支援室に提出してください。

学籍内容変更届

休学・復学・退学・長期欠席

休学

(1)休学を希望する者は、休学願にその理由を記載し、保証人連署(署名・捺印)の上、アドバイザー(大学院生は指導教員)の所見を得て、学生支援課/武蔵野学生支援室に提出し、学長の許可を受けなければなりません。
(2)病気療養による休学の場合、医師の診断書(原本)の添付が必要です。
(3)休学期間は、前期(1~2学期)または後期(3~4学期)を原則とします。なお、病気や経済的事情等特段の事情がある場合は、通年または1学期単位で休学を認めることがあります。事前に学生支援課/武蔵野学生支援室に相談してください。
(4)平成29年度休学手続きのスケジュールは下記のとおりです

 

申し出締切日

願提出締切日

平成29年度前期(1~2学期)休学

平成29年4月28日(金)

平成29年5月8日(月)

平成29年度後期(3~4学期)休学

平成29年9月29日(金)

平成29年10月6日(金)


(5)休学中の学費は、在籍料として、半期ごとに6万円を納入していただきます。休学中であっても、定められた期間に納入しなければなりません。学費について不明な点は、経理課(03-5530-7384)までお問い合わせ下さい。
学費情報はこちら
(6)休学期間は、通算3年(ただし大学院修士課程については、2年)を超えることができません。また休学期間は、在学年限に算入されませんので、休学期間の分、卒業が延期になります。休学に伴い卒業延期となった期間中は、残りの単位数にかかわらず定められた通常の学費を納入する必要があります。
(7)休学期間を満了した場合は、自動的に復学となります。 ただし、下記の場合は所定の「復学願」の提出が必要になります。
※病気によって休学の許可を受けた場合は、医師の診断書(原本)を添付して提出が必要となります。
※休学期間中に休学の事由(看護・介護等)がやみ、休学期間を短縮して2、4学期から復学をしようとする場合は理由を明記して提出が必要となります。(1学期間の休学予定を1学期未満の期間に短縮することはできません。)
(8)留学生で、母国における徴兵制度により複数年間の休学を希望する場合は、事前に学生支援課/武蔵野学生支援室に相談してください。

※1学期単位で休学が認められた場合でも、納入された前・後期の学費の清算返金はできません

復学

(1)復学は、学期始めを原則とします。
(2)休学期間を満了した場合は特別な事情を除き、自動的に復学となります。
※復学願いの必要な場合 上記の休学-7を参照してください。
(3)復学願提出の期限は、後期から復学の場合は9月下旬、前期から復学の場合は3月下旬となります。手続きに時間がかかりますので、早めに学生支援課/武蔵野学生支援室へ相談してください。

退学

(1)退学を希望する者は、退学願にその理由を記載し、保証人連署(署名・捺印)の上、アドバイザー(大学院生は指導教員)の所見を得て、学生支援課/武蔵野学生支援室に提出し、学長の許可を受けなければなりません。
(2)退学する学期の学費を完納していなければなりません(学費未納の場合は「除籍」となります)。
(3)退学日は前期末(2学期末)または後期末(4学期末)を原則とします。なお、病気や経済的事情等の特段の事情がある場合は、1学期末及び3学期末で退学を認めることがありますので、事前に学生支援課/武蔵野学生支援室へご相談ください。
(4) 平成27年度及び平成28年度退学手続きのスケジュールは下記のとおりです。

 

申し出締切日

願提出締切日

平成28年度後期末(4学期末)退学

平成29年3月31日(金)

平成29年4月7日(金)

平成29年度前期末(2学期末)退学

平成29年9月22日(金)

平成29年9月29日(金)

※1学期単位で退学が認められた場合でも、納入された前・後期の精算返金はできません。

長期欠席

(1)学生本人の病気、その他の事由により2週間以上修学できない者は、長期欠席届にその理由を記載し、保証人連署(署名・捺印)の上、学生支援課/武蔵野学生支援室に提出することができます。
(2)病気療養による長期欠席の場合、医師の診断書(原本)の添付が必要です。
(3)提出期限は、随時(欠席期間の事前または事後)となります。
(4)学費は通常どおり納付していただき、欠席期間にかかわらず返還されません。また長期欠席期間は、在学年限に算入されます。
(5)長期欠席届は、欠席理由を明らかにするものであり、公欠扱いとはなりません。

公欠、欠席届

履修科目に関連した実習や学内公認団体の活動、1親等の家族が死亡した場合などで授業を欠席する(した)場合には「公欠届」「欠席届」の手続きを行うことができます。

公欠、欠席届

欠席理由

様式

申請部署

申請に必要となる証明書類など

教職課程に伴う実習など

公欠届

教職研究センター事務室

 

就職活動

欠席届

就職・キャリア開発課

就職等試験報告書

武蔵野就職・キャリア開発室

学内公認団体の発表会・試合など

欠席届

学生支援課
武蔵野学生支援室

学外集会許可願(大学様式)

発表会・試合などの詳細がわかるもの

1親等の家族の死亡の場合

欠席届

会葬礼状または死亡公的証明書

「欠席届」はあくまで欠席理由を明らかにするもののため、公欠扱いとはなりません。各申請部署にて受付された書類を授業時に担当教員に提出してください。欠席内容の配慮に関する取り扱いについては担当教員に確認をしてください。

除籍

 次に該当する者は、除籍となります(武蔵野大学学則 第38条、武蔵野大学大学院学則 第21条)。
(1)在学期間が所定年数を超える者(ただし休学期間は含めません)
薬学部薬学科を除く各学科…8年
薬学部薬学科…12年
別科(日本語教育課程)…2年
大学院修士課程…4年
大学院博士後期課程…6年
専攻科(言語聴覚士養成課程)…4年
(2)休学期間が通算して3年を超える者(大学院修士課程については、2年を超える者)
(3)授業料その他学費を滞納し、催告してもなお納付しない者
(4)薬学部及び看護学部においては、同一学年に2年間在籍し、なお、進級できない者。ただし、休学期間は含めません

再入学および復籍

病気、その他やむを得ない事由により退学または除籍された者が、3年以内に同一学部学科に再入学または復籍を願い出たときは、欠員のある場合に限り、選考のうえ、相当年次に入学を許可することがあります。
手続き方法などについての詳細は再入学(復籍)を希望する前年度の12 月までに学生支援課/武蔵野学生支援室に問い合わせてください。

転部・転科・転専攻の制度

現在在籍の学部・学科・専攻から、選考のうえ、ほかの学部・学科・専攻への転部・転科・転専攻をすることができる制度があります。希望者は必ずアドバイザーに相談してください。詳細は学務課より11月下旬頃MUSCATにてお知らせします。

懲戒

武蔵野大学の学生が、学則に背きまたは武蔵野大学の秩序を乱し、学生としての本分に反した行為があった場合は、その軽重に従い、譴責、停学または退学処分に付されます。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職