HOME学生生活・就職学びのサポート

履修・授業に関するFAQ

FAQ in English
Q. 履修計画を立てる上で、履修例のようなものはありますか?

A. 各学科の履修要覧にカリキュラム・マップや履修モデル(該当学科のみ)掲載されています。各学科の履修要覧はこちらのURLを参照してください。http://risyuyouran.musashino-u.ac.jp/yoran/

Q. 卒業に必要な単位数や単位の種類はどこで確認できますか?

A. 各学科の「卒業所要単位表」には学科科目等、それぞれの単位区分(必修・選択必修・選択)に応じて必要な単位数を記載しています。各学科の履修要覧はこちらのURLを参照してください。 http://risyuyouran.musashino-u.ac.jp/yoran/


Q. この履修登録で、卒業所要単位を充足するか確認してもらえますか?

A.卒業所要単位を充足しているかは、ご自身でご確認ください。その上で、不明点があれば、学務課もしくは武蔵野学務室に相談してください。


Q. 既に登録されているクラスを変更することは可能ですか?

A.大学が事前に登録している授業については、自己都合でのクラス変更は受け付けられません。

Q. 必修と全員履修の違いは何ですか?

A. 必修は卒業までに単位の修得(C以上の成績)が必要です。全員履修は単位の修得(合否)を問いません。

Q. 下位学年の必修科目・履修指定科目を再履修したいです。どうすればよいですか?

A.特に指定のある場合を除き、下位学年の必修科目や履修指定科目を再履修する場合は自動登録の対象とはならないため、各自で履修登録をする必要があります。

Q. 必修科目が不合格になってしまいました。再履修しなければいけませんか?

A.必修科目については、卒業要件を満たすために必ず、再履修する必要があります。

Q. 再履修は同じ年度内にできますか?

A.同一年度内の再履修は認められません。不合格(D・X・不評価)となった履修科目は次年度以降再履修することができます。


Q. 再履修前の成績はどうなりますか?

A.科目を再履修した場合、以前の成績(評価と修得単位)に代えて再履修後の成績(不合格も含む)が最終のものとなります。


Q. 合格科目の再履修はできますか?

A.既に単位を修得した合格科目の再履修は原則として認められません。ただし、①卒業留年生、②資格課程において履修内規の認める場合(教職課程履修内規、日本語教員養成課程履修内規、社会福祉実習履修内規)には、合格科目の再履修が可能です。

Q. 科目の履修希望者が定員を超えるとどうなりますか?

A.履修希望者が定員を超えると人数制限を行います。その結果、履修を許可されなかった場合、対象者にはMUSCATで通知の上、その科目の登録を削除します。なお、人数制限の場合は、いくつかの点を考慮し抽選を行います。詳しくはこちらのURLを参照してください。https://risyuyouran.musashino-u.ac.jp/faculty/guide/5-course-registration-faculty/

Q. 履修登録(追加・削除)が完了しているか確認する為には、どうすればよいですか?

A. 履修した科目は以下のとおり確認することができます。

  ① 履修登録期間中: MUSCAT>履修・成績>履修登録確認
  ② 履修登録期間外: MUSCAT>授業>My時間割
  ※「履修登録確認」は履修(訂正)登録期間中のみ表示されます。
        なお、履修登録(追加・削除)を行うと、「あなたあてのお知らせ(個人通知)」に登録されている科目の一覧が届きます。
        メッセージが届かない場合、登録できていない可能性がありますので、必ず確認をしてください。
Q. 履修登録(追加・削除)した科目がMy時間割に反映されていないのは、なぜですか?
A. 履修(訂正)登録期間中は、My時間割には反映されません。履修(訂正)登録期間終了後、登録した内容がMy時間割に反映されます。履修(訂正)登録期間中は、【履修登録確認】にて履修登録(追加・削除)が完了しているか確認をしてください。
Q. 集中授業など不定期に実施される授業の日程はどこに記載されていますか?
A. 履修登録時は、履修案内ページにて時間割を公開しています。履修登録後は、MUSCATの週間スケジュールで確認してください。時間割調整中となっている科目については、授業日が確定次第、週間スケジュールに表示もしくは担当教員から履修者に案内があります。
Q. 集中・変則授業と通常授業の日程が重なってしまった場合、どうすればよいですか?
A. どちらかの科目の履修を削除する必要があります。履修(訂正)登録期間中にMUSCATにて履修を削除をしてください。万一、履修(訂正)登録期間外に発覚した場合は、速やかに学務課/武蔵野学務室に相談してください。
Q. 受付が終了している科目を訂正登録期間中に誤って削除してしまった場合、再度登録することはできますか?
A. 訂正登録期間より前の履修登録期間に登録していた場合、履修を削除した訂正登録期間中であればMUSCATから再登録できます。MUSCATから再登録できない場合は、速やかに学務課/武蔵野学務室に相談してください。
Q. 所属するキャンパスと別キャンパスで開講される科目を履修することはできますか?
A. 時間割上、履修ができる場合は可能です。ただし、キャンパスを移動するため、移動時間として1時限以上の空きがない場合は別キャンパスの科目の履修登録ができません。なお、休み時間とオンライン授業は移動時間に含めておりません。
  【例】 :3限有明 → 4限(空き) → 5限武蔵野
      ✕:2限有明 →  (昼休み)  → 3限武蔵野
      :1限武蔵野 →  2限オンライン  → (昼休み) → 3限武蔵野
      ✕:1限武蔵野 →  2限オンライン  → (昼休み) → 3限有明
      :3限武蔵野 →  4限オンライン  → 5限空き → 6限有明
      :1限オンライン →  2限オンライン
Q. 後期に履修したい科目が決まっていないので、後期の履修登録期間に登録してもよいですか?

A.基本的には、春に1年間の学修計画を立ててください。後期の履修登録期間でも登録できますが、人数制限等で登録できない場合があります。

Q.教科書を購入したが、履修を変更したいので教科書を返品できますか?

A. 書き込み等のない教科書は返品可能です。現品と購入明細書(レシート不可)をブックセンターにお持ちください。

Q.教科書を購入したが、受け取りが初回授業に間に合わない場合どうすればよいですか?

A. 授業時に、授業担当教員に教科書が持参できていないことを申告してください。

Q. 授業担当教員に連絡を取りたいが、どうすればよいですか?

A. 連絡先は【MUSCAT>シラバス>教員を検索>担当科目のシラバスをクリック>担当教員名をクリック】から確認してください。非常勤講師および連絡先が公開されていない専任教員は、連絡先を学務課/武蔵野学務室からお伝えすることができませんので、学生自身で授業時に担当教員とコンタクトを取ってください。


Q. 就職活動や忌引き等で授業に欠席しなければならないが、どうすればよいですか?

A. 本学で開講している資格課程の履修に関連した実習等や、本学が特別に認める事由により授業に出席できない場合のみ「特定欠席」を発行しています。対象内容は、【履修要覧>学修の手引き>6.授業】にて確認ができます。なお、就職活動による欠席は、「特定欠席」の対象外です。特定欠席の対象とならない理由で欠席する場合は、各自で授業担当教員に事情を説明してください。学務課/武蔵野学務室で欠席の連絡を取り次ぐことはできません。

Q. 対面授業に出席する際、学生証を忘れてしまい、出席カードリーダーにタッチができなかったが、どうすればよいですか?

A. 授業時に、授業担当教員に説明してください。
 ※オンライン授業は、出席カードリーダーによる出席登録を行うことができませんので、授業担当教員が別途管理します。


Q. 出席カードリーダーに学生証をタッチしたらエラーが出た(反応しなかった)場合どうしたらよいですか?
A.授業担当教員に出席していることを説明してください。また学務課/武蔵野学務室にエラーがでたことを申告してください。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育