HOME学生生活・就職学びのサポート

学びのサポート

評価・成績

評価

評価には以下の種類があります。

出席日数

成績評価基準

区分

評価

GPA
(成績ポイント)

評価内容

2/3を超える出席

100~90点

 合格

S

4.0

きわめて優れた成績を表します。

89~80点

A

3.0

優れた成績を表します。

79~70点

B

2.0

十分と認められる成績を表します。

69~60点

C

1.0

合格ではあるが、十分ではない成績を表します。本学がめざす単位取得の到達レベルではありません。

 59点以下

不合格

D

0.0

合格と認められる最低限の成績に達していないことを表します。

1/3以上欠席

X

0.0

出席不良や、評価不能であることを表します。

 

 認定科目の合格

★転編入や留学などにより他大学等で修得した科目を本学の単位

★認定科目を履修して、合格した場合の評価を表します。

 認定科目の不合格

★認定科目を履修して、不合格の場合の評価を表します。

※評価:S・A・B・C・Dに出席点は含まれません。

GPA(Grade Point Average)制度

学生の勉学意欲を高めることを目的とし、各人の学習到達度を評価するためGPA制度を導入しています。
GPAとは、それぞれの科目で得た評価をポイントに置き換え、計算式により数値を算出する成績評価システムです。
それぞれの国や地域、学部・学科で異なる大学での学習制度ですが、その学習効果をGPAで測定する方法は、世界標準であると同時に、日本でも一般的な手段となりつつあります。GPAは大学で学ぶ学生にとって、学習の到達度を客観的に測る指針となり、進級や卒業判定にも用いられます。また、大学院への進学や海外留学をめざす際の目安にもなります。このGPA制度を教育の質的向上にむけて活用していきます。

GPA(Grade Point Average)制度

GPA計算方式

GPA計算方式 科目単位数×成績ポイント( S=4.0、A=3.0、B=2.0、C=1.0、D=0.0、X=0.0)の総和

総履修単位数

GPA計算例

評価が以下の場合

授業科目名

単位数

評価

GPA(成績ポイント)

仏教概説 

4

S

4.0

健康体育1

1

B

2.0

英語1A 

1

C

1.0

英語1B

1

D

0.0

キャリアデザイン

2

B

2.0

自己の探求

1

A

3.0


このような計算式となります。
(4×4.0)+(1×2.0)+(1×1.0)+(1×0.0)+(2×2.0)+(1×3.0)

4+1+1+1+2+1
=2.60
以上からGPAは 2.60となります。

GPA値

GPA値には2種類あり、それぞれ以下のとおりです。

種類

対象学部

算出対象科目

単年度GPA

文学部、グローバル・コミュニケーション学部、グローバル学部、法学部、経済学部、政治経済学部、人間科学部、工学部、環境学部、教育学部

当該年度に履修した科目を対象

薬学部

当該開講学年の国家試験対策
必修科目のみを対象(※)

看護学部

当該年度に履修した必修科目のみを対象

総合GPA

全学部

全科目が対象
(初年次からの通算)


※薬学部の単年度GPAの詳細はこちらを参照。

GPAが適用されない科目

単位認定科目

・単位認定科目を履修した評価として「認」と「不」があります。
「認」=認定は合格評価、「不」=不可は不合格評価の扱いになります。
卒業の単位換算はしますが、GPAの算出には含めません。

他大学等で修得した科目

・他大学等で取得した単位については、「認」とし、本学の取得単位として読み替えを行います。
上限は60単位とします。

学習到達目標(ミニマム・リクワイアメント)の設定

武蔵野大学は学習到達目標をGPA2.00とします。したがって「C評価=1.0」は、本学の授業の学習到達目標を達成した評価とはいえません。本学は、卒業基準に入学時からの通算のGPAが2.00以上であることを盛り込んでいます。

履修上限単位数の拡大

総合GPA3.50以上(毎年4月1日時点)の学生は、CAP制による履修上限単位数より年間8単位、GPAポイント3.00以上の学生は、年間4単位拡大して履修登録が許可されます。
なお、上限単位数は各学期で均等割りになります。
CAP制については、「MUSCAT > Live Campus > 履修要覧 > 学修の手引き> 履修> CAP制について」を確認してください。
MUSCAT

成績通知/評価問い合せ

成績通知

成績は、「MUSCAT > Live Campus」で確認、及び成績通知書を印刷することができます。
成績公開期間は以下の通りです。
4月1日(金)〜6月1日(水)
6月27日(月)〜7月28日(木)
8月31日(水)〜11月10日(木)
12月5日(金)〜1月24日(火)
※金曜日を除く。
上記以外の公開期間は別途MUSCATでお知らせしています。
成績公開の際、成績評価が*になっているものは未確定となります。確定までお待ちください。

評価問い合せ

通知された成績に対し疑問がある場合は、評価問い合せ制度を利用することができます。これは担当教員に対して、安易に成績の再考・変更を求める制度ではありません。成績への疑問に明確な根拠がある場合のみ、期間内に学務課または武蔵野学務室に申し出てください。
評価問い合せの期間や手順などの詳細については、「MUSCAT >共通連絡」に掲示します。申請には、問い合わせをする科目のシラバスが必要になります。シラバスの印刷方法については、「学修の手引き>履修>シラバス・時間割」を参照してください。
MUSCAT

評価問い合せの注意事項

疑義照会を具体的に立証できていない場合は、評価問い合せを受付けられません。
具体的に立証できていない例は以下のとおりです。
・授業欠席回数、欠席理由を説明していない場合(欠席していない場合は記入しなくてよい)
・シラバスを参照せずに問い合せしている場合
・試験、レポート等の自己評価を具体的に説明していない場合
 例:試験はよくできていたと思うのですが、どうしてC評価なのですか?
・具体的な根拠なく成績を問い合せしている場合
 例:どうしてC評価なのですか?
・他学生と比較をしている場合
 例:友達はB評価ですが、どうして私はC評価なのですか?
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職