HOME研究研究倫理

公的研究費の適正使用

公的研究費の適正使用のための指針・規則

公的研究費を適正に使用するため、以下の規範や規程を定めています。
武蔵野大学行動規範
武蔵野大学における公的研究費の管理・監査に関する規程
武蔵野大学研究活動規範委員会規程
武蔵野大学における懲戒処分の公表基準

責任体系の明確化

公的研究費の適正な運営・管理のために運営・管理体制を明確にしています。
武蔵野大学における公的研究費の管理・運営体制・責任と役割等

不正防止計画の策定・実施

公的研究費の再発防止を推進するため、不正発生要因を把握し不正防止計画を策定・実施しています。
武蔵野大学における公的研究費の不正使用の発生要因と不正防止計画

不正を行なった研究者への処分について

本学就業規則に基づき処分が下されます。また、処分結果については外部へ公表します。

不正を行なった業者への取引停止等の処分について

本学の調達規程等により一定期間の取引を停止又は以後の取引を停止します。

公的研究費に係る相談・通報窓口

公的研究費の適正な使用を徹底するために相談・通報窓口、通報者の保護ルール等を定めています。

1.相談窓口
公的研究費の事務手続きや使用に関するルール等について、学内外からの相談を受け付けます。
有明キャンパス 学部事務課
TEL:03-5530-7730 e-mail:a_gakubu@musashino-u.ac.jp
☆取扱研究費:科研費、経常費補助金特別補助、大学研究費他

武蔵野キャンパス 武蔵野学部事務室
TEL:042-468-3350 e-mail:pharmacy@musashino-u.ac.jp
☆取扱研究費:科研費、厚生労働科研費等、財団助成金等、大学研究費他

2.通報窓口
公的研究費の不正使用の疑いがある場合や不正使用に係る情報等を受け付けます。
総務課    TEL:03-5530-7372 e-mail:soumu@musashino-u.ac.jp

3.通報者の保護

本学では公益通報運営規程に定めているとおり相談又は通報したことを理由として、通報者等が解雇その他いかなる不利益な取り扱いを受けることはありません。また、通報者等が相談又は通報したことを理由として通報者等の職場環境が悪化することのないように適切な措置がとられます。通報者等に対して不利益な取り扱いや嫌がらせ等を行った者(通報者の上司、同僚等を含む)がいた場合には、就業規則に従って処分を課します。

公的研究費の使用に関するガイドブック

公的研究費の執行手続きに関する理解不足等から生じる不正や不適切な使用をなくすという観点から、 学内での手続きや基本的なルールをわかりやすく示しました。
公的研究費の使用に関するガイドブック
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究
学生生活・就職