HOME教育学部グローバル学部グローバルコミュニケーション学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「武蔵野BASIS 」でパソコンの操作や教養などを学び、自己基礎力を身に付けます。
また語学力、コミュニケーション力に磨きをかけていきます。

年次
1年次に身に付けた基礎力を発展させたのが2年次です。
英語圏の歴史を学んだり、英語でのプレゼンテーションを体験し、自分の学びの幅を広げます。

年次
語学をより専門的に学び、ビジネスや歴史、文学など、自分が興味を持っているテーマを発展させていきます。ゼミでの研究や資格試験など、さまざまなことに挑戦します。

年次
ゼミの取り組みを通じてプレゼンテーション力を高め、卒業論文を作成することで研究領域の理解をさらに深めます。こうした学びの成果を就職という結果に結びつけます。

トピックス

英語・中国語・日本語のトライリンガル養成

英語・中国語・日本語のトライリンガル養成

グローバルコミュニケーション学科は、英語・中国語・日本語を駆使できるトライリンガル人材の養成に重点をおいた学科です。語学だけでなく、中国やアメリカなどの地域研究や語学と文化研究に取り組む科目なども充実し、幅広い知識に基づいた異文化理解力を養うことができるカリキュラムを用意しています。同じキャンパス内で日本人学生と外国人留学生がともに学ぶ環境のもと、多言語・多文化の状況を実体験しながら、実践的な語学力、国際教養などを身に付け、将来はグローバルな環境で活躍できる人材を育成します。

コンテント・ベースト・ラーニング

コンテント・ベースト・ラーニング

「コンテント・ベースト・ラーニング」とは、将来の進路を見据えながら、自分の関心のあるテーマを外国語で思考し、表現するスキルを身に付ける学習法です。本学科では、研究領域の中から「文化研究」「言語教育」「文学」の3つのテーマを設定しています。学生たちは、自身の志向や進路に合わせてテーマを選択し、外国語で学ぶことにより、専門性を高めながら言語を習得。語学力とともに柔軟な思考力も高めることができます。

グローバルプロジェクト

外国人留学生と共に学ぶ、グローバルプロジェクト

日本人学生と外国人留学生の混成チームでGlobal Issuesについてのプロジェクトに取り組みます。現状を知ることで問題に気づき、その対策案等をチームごとに考えます。また夏期休暇には調査を行い、まとめた成果は「黎明祭(大学祭)」で発表します。優秀な成果を上げたチームには学部長表彰もあります。このプロジェクトで、異文化理解力、適応力、課題解決力、社会人基礎力などを身に付けることができます。

国際感覚を磨く支援制度

国際感覚を磨く支援制度

留学や海外インターンシップなどの制度が充実

グローバルコミュニケーション学科は、国際感覚を磨くための支援制度が充実しています。活きたビジネスの現場を学び、学習意欲の向上にもつながるインターンシップを海外で実施。就業体験と語学習得を兼ねたプログラムになっており、3年次の夏にアメリカ、カナダ、オーストラリアなどの企業で就業体験を行います。また、留学においては長期の「協定留学」と「認定( S A P )留学」、短期の「第2学期留学プログラム」と「海外短期語学研修」の4つの留学制度を用意。留学先での取得単位も卒業単位として認定されます。学生たちは多様な支援制度を活用し、海外の「今」を肌で感じながら、新しい世界を広げています。

カリキュラム

カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

授業ピックアップ

英語翻訳演習

英語翻訳演習

翻訳理論を学んだ上で、時事英語などを翻訳できる力を身に付けます。翻訳の心得、役割、歴史、翻訳の作業などを理解すると同時に、関連の知識、表現法を学び、日本語力と英語力の向上、翻訳技術の習得を図り、翻訳実践力の基礎を固めます。

Global Media Literacy

Global Media Literacy

メディア理論に沿って、インターネットがメディアにもたらす影響について考察。1つの情報からアクセスし、偽情報、レトリック、噂、宣伝などを含む情報を抽出。最終的には、メディアの持つ影響についてプレゼンテーションを行います。

異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーションについて基礎的な知識を学び、その理論と研究法について理解を深めます。さらに、異文化コミュニケーションの研究法について、単独またはグループで発表を行い、事例研究についてのディスカッションも行います。

中国語通訳演習

中国語通訳演習

通訳を行うための日中両言語の語学力を強化します。理論と実践を融合し、通訳技術、言語の背景にある文化・思考法・商習慣の違いなどの知識を習得。社内のアテンド業務、初歩的なガイド通訳・視察の通訳がこなせるレベルを目指します。

Cultural Studies

Cultural Studies

学際的なアプローチに重点を置き、ディスカッション、リサーチ、プレゼンテーション形式で学習。文化における権力の配分と作用を理解し、イデオロギー、表象、アイデンティティ、ジェンダー、身体などに焦点を当てて学びます。

Practical Communication

Practical Communication

英字新聞の「社会」「科学」「ビジネス」「環境」の論説を読み、英文の正確な読解力を養うとともに時事英語の語彙を増やします。最新の世界動向を知り、社会のさまざまな問題について自分の考えを英語で話し、書く表現力を身に付けます。

Area Studies US

Area Studies US

現代アメリカの基本的な変化を考察し、アメリカ社会の将来の方向性を議論できる学識を養成。同時にアメリカが直面している諸問題を日本と比較、分析し、日米双方の社会文化を理解。アメリカの社会文化の基本的性格とその変化を考察します。
学生VOICE
英語・中国語の語学力と、
異文化への理解力を
磨いています
高橋 優
茨城県立土浦第二高等学校 出身
グローバル・コミュニケーション学部
グローバル・コミュニケーション学科 3年
(現 グローバル学部 グローバルコミュニケーション学科)
TOEIC®615点(1年次7月)→735点(2年次7月)
グローバルコミュニケーション学科を選んだのは、卒業までに3回の海外体験などができるグローバル・リーダーシップ・プログラム(GLP)があったからです。少人数制の授業も魅力的で、1年次からネイティブの先生による指導を受けることができ、語学に対する心理的な「壁」を取り払うことができました。また、GLPの制度を利用し、1年次の夏休みにはカナダ、2年次には台湾の大学で語学研修を経験。英語・中国語の語学力とコミュニケーション力を磨くことができました。現在は1年間の予定でオーストラリアに留学中で、留学生活では自ら物事に挑戦する力を身に付けたいです。本学の先生方の中には、ビジネス社会で活躍されていた方がたくさんいらっしゃいます。そのような方々から貴重な仕事の体験談を聞けることも大きな魅力です。ビジネス英語の知識を身に付け、授業で企業分析を行った経験は、社会で活躍する上での糧になると感じています。語学力や異文化理解力、固定観念にとらわれない柔軟な思考力など、大学時代の学びを活かして社会に貢献したいです。これからも多くのことに挑戦して経験を重ね、国際社会で活躍できる人材を目指します。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職