HOME教育学部グローバル学部グローバルコミュニケーション学科

カリキュラム

4年間の学び

1
年次
「武蔵野BASIS」で幅広い教養を身に付けると同時に「基礎ゼミ」にも所属。基礎的なアカデミック・スキルズ(文献調査・レポート執筆・プレゼンテーション)を修得します。英語に加えて中国語も学びます。

年次
前半5ヵ月は全員アメリカ留学。英語による実用的なコミュニケーション力を磨き、同時に異文化の中で生活し、グローバルな視野を身に付けます。帰国後は「プレゼミ」に所属して、エッセイ・ライティングやディスカッションの力に磨きをかけます。

年次
「グローバルプロジェクト」では留学生との混成チームでglobal issuesに取り組み、調査、発表を行います。興味関心に応じた「ゼミ」に所属して、より専門的に調査・研究を行います。

年次
4年間で身に付けた英語と中国語の高度なコミュニケーション力を生かしてゼミの研究をさらに深め、卒業論文を作成します。こうした学びの成果や将来の志向を就職に結び付けます。

カリキュラム

カリキュラムおよび学科科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

授業ピックアップ

Global Media Literacy

Global Media Literacy

メディア理論に沿って、インターネットがメディアにもたらす影響について考察。1つの情報からアクセスし、偽情報、レトリック、噂、宣伝などを含む情報を抽出。最終的には、メディアの持つ影響についてプレゼンテーションを行います。

異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーションについて基礎的な知識を学び、その理論と研究法について理解を深めます。さらに、異文化コミュニケーションの研究法について、単独またはグループで発表を行い、事例研究についてのディスカッションも行います。

中国語通訳演習

中国語通訳演習

通訳を行うための日中両言語の語学力を強化します。理論と実践を融合し、通訳技術、言語の背景にある文化・思考法・商習慣の違いなどの知識を習得。社内のアテンド業務、初歩的なガイド通訳・視察の通訳がこなせるレベルを目指します。

Cultural Studies

Cultural Studies

学際的なアプローチに重点を置き、ディスカッション、リサーチ、プレゼンテーション形式で学習。文化における権力の配分と作用を理解し、イデオロギー、表象、アイデンティティ、ジェンダー、身体などに焦点を当てて学びます。

Practical Communication

Practical Communication

英字新聞の「社会」「科学」「ビジネス」「環境」の論説を読み、英文の正確な読解力を養うとともに時事英語の語彙を増やします。最新の世界動向を知り、社会のさまざまな問題について自分の考えを英語で話し、書く表現力を身に付けます。

Area Studies US

Area Studies US

現代アメリカの基本的な変化を考察し、アメリカ社会の将来の方向性を議論できる学識を養成。同時にアメリカが直面している諸問題を日本と比較、分析し、日米双方の社会文化を理解。アメリカの社会文化の基本的性格とその変化を考察します。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職