HOME教育学部グローバル学部日本語コミュニケーション学科

学科の特長

海外インターンシップ

次世代型の日本語教師を育成

本学科では、日本語を的確に運用する能力、学習者に分かりやすく伝えるコミュニケーション力、日本についての幅広い知識と異文化コミュニケーション力を身に付けた日本語教員を育成します。「日本語教育実習」などの科目を履修し、単位を取得することで、日本語教育機関への採用資格の一つとなる日本語教員養成課程の「修了証書」が与えられます。また、春期休暇を利用して約1ヶ月間、中国の月壇中学で生徒に日本語を教える日本語教育海外インターンシップもあります。

日本語教員養成課程

「グローバルプロジェクト」を通じて
留学生と交流しながら学修

1・2 年次のプロジェクトワークの集大成として3 年次に必修科目「グローバルプロジェクト」があります。日本人学生と留学生の混成チームで課題研究に臨む、リサーチ型の授業です。英語、中国語など複数の言語が飛び交う中でグループごとにアイデアを出し、企画を固め、プレゼンテーションを実施。このプロセスそのものが国際的な文化交流の場です。

JCポスターセッション

サブカル、ポップカルチャーも学べる!
日本語と日本文化を世界へ発信

日本語コミュニケーション学科では、日本の言語、文学、歴史、経済、政治、ビジネスなどを学ぶ「日本研究」の科目が充実。なかでも世界で注目されているサブカルチャー、ポップカルチャーも学び、それらを通して日本語や日本文化を再考します。留学生とともに学ぶ環境で「日本人が知っている日本」だけではなく「外国人から見た日本」をも知ることができ、日本を海外に発信するうえで欠かせない視点を身に付けられます。日本語教員として日本語と日本文化を紹介するためには、日本について知っておく必要があります。

実践的な語学力を身に付け、世界を舞台に活躍する人材となる

Global Leadership Program
[グローバル・リーダーシップ・プログラム]

「グローバル・リーダーシップ・プログラム(GLP)」は、グローバルに活躍できる実践的な語学力を身に付けた次代のリーダーを育成する選抜制のプログラムです。海外留学、海外語学研修、海外とのオンラインレッスン、各種奨学金など、チャレンジ精神旺盛な学生を支援する実践的な取り組みを豊富に用意。高い語学力を修得するために、少人数制によるきめ細かな指導を行います。同じ目標を持つ仲間たちと互いに切磋琢磨しながら、高度なコミュニケーション力とグローバル感覚を身に付け、国際舞台で活躍できる人材を目指します。

グローバル・リーダーシップ・プログラム(GLP)

GLP
学生VOICE
留学生とともに
学ぶことで得た視点を
大切にしたい
松岡 夏希
神奈川県立舞岡高等学校 出身
グローバル学部 日本語コミュニケーション学科 2 年
この学科では、日本語教員のための日本語をはじめ、英語や中国語も学べますし、語学は学んだことがすぐに活かせるのが楽しいです。留学生が多く、たとえば中国語を学んでいるときは中国人留学生から直接文化や国の特徴を教えてもらえ、新しい発見があります。外国人とのコミュニケーションのとり方を学べて、とても視野が広がりました。このような経験が普段からできるのがこの学科の魅力です。将来はアパレル業界で働きたいのですが、外国のお客様がいらしたときに、その国の言葉で接客できるようになりたいです。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職