HOME教育学部グローバル学部日本語コミュニケーション学科

学科の特長

今、社会から必要とされているコミュニケーションのための日本語とは何かをアカデミックに探求し、自らその能力をつけ、日本語教育や多文化共生の担い手となるスペシャリストを育てます。日本語や日本を核に世界との接点を築くことのできる人材を輩出します。

海外インターンシップ

国内外の多様な場で活躍できる日本語教師を育成します

規定の「日本語教員養成科目」を履修、修了することで、日本語教員の資格の一つとなる「日本語教員養成課程修了書」が授与されます。さらに、対策講座によって在学中の「日本語教育能力検定試験」合格も目指します。実際の授業ではアクティブラーニングや双方向授業、反転授業など、先端的な教育手法が日本語教育にも取り入れられています。従来の教授法も踏まえつつ、新たな教え方に柔軟に対応できる日本語教師を育成します。国内の教育実習だけでなく、海外日本語教育インターンシップで腕を磨きながら、文化庁の日本語教師養成の枠組みにも準拠したカリキュラムの中で学びます。

日本語教員養成課程

多文化・多言語
共修環境で学びます

日本人学生( 日本語を母語とする学生)と留学生(日本語以外を母語とする学生)がほぼ同数ずつ在籍し、ともに学ぶ環境がこの学科の大きな特長の一つです。日常生活の中でつねに多文化・多言語に触れられ、英・中・日のトライリンガル人材を目指す上で非常に理想的な環境で、4年間学ぶことができます。外国語能力、異文化コミュニケーション力、多文化共生力を日々育み、この環境で自信を付け、海外留学や海外での日本語教育インターンシップに挑戦する先輩たちも多くいます。

JCポスターセッション

日本について見識を深めるための
「日本研究」科目が充実

文学、歴史、政治、経済、ビジネス、サブカルなどが学べる「日本研究」科目が充実しています。卒業後の進路を見据えて、ビジネス場面でのコミュニケーションやビジネスに関する知識、また海外にも熱狂的なファンを持つサブカルをアカデミックな視点から学ぶことで、多角的に日本を発信できるようになります。

P24_03

グローバルな視点で問題解決策を考えます

「グローバルスタディーズ」(2年次)、「グローバルプロジェクト」(3年次)を通じて、SDG s をはじめとする世界の課題についての問題発見・解決力を養います。第1回Musashino SDGs Award では質の高い教育や気候変動などをテーマに発表し、最優秀賞をはじめ多くの賞を受賞しました。

日本語教育実習 × 国内・海外

国内での日本語教育実習(日本語教員養成課程必修)だけではなく、海外協定大学での日本語教育インターンシップの機会も充実しています。「教える」ことを通じて、必要な知識や技能を整理することができます。また、何を、なぜ、どうやって教えるのか、学習者にどう学んでもらうのかを深く考えることで新たな気付きが得られます。
約1ヵ月間の見学や模擬授業は、将来の活躍の場を考える上でも貴重な経験となることでしょう。特に海外での実習では、大学で学んだ語学力も活かすことができます。

p24_05

地域連携 × 実践

日本語教育や多文化共生の実践の場は地域にもあります。多国籍の住民やその子どもたちへの小学校での日本語学修支援や、多文化共生の街づくり( MIXED C OMMUNITIES )を目指す団体による日本語学習支援に参加するなどの活動を行っています。他にも3年次以降のゼミでは、教室内だけにとどまらず積極的に外に学びの機会を求めたり、海外との接点の中で考えたりする活動を行っています。

P24_06

学生VOICE
日本にいながら多文化を感じられる学科。
ベトナムでの日本語教育インターンシップは大きな経験に
庄司 彩夏
3年
千葉県立安房高等学校 出身
この学科の特長は、日本人学生と留学生が半数ずつ在籍しているところ。教室ではいつも、英語、中国語などさまざまな言語が飛び交っています。多文化共修の環境で学んでいるため、ベトナムでの日本語教育インターンシップではすぐに現場に馴染むことができました。現地の大学では先生1人に対して学生が60人という大人数の授業が多く、質問もままならない印象でしたが、熱心に学んでみるみるうちに日本語を習得していく学生たちを見て、その真剣さを知りました。私が日本語教師としてできることは、学習者以上の熱意を持って真剣に向き合うこと。学習者への指導の幅を広げるため、共通言語である英語の勉強にもさらに力を入れていきたいです。

JC学科

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

教育