HOME教育学部グローバル学部日本語コミュニケーション学科

学科ポリシー

※[+]をクリックすると、各項目が表示されます。

ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー

学科のディプロマ・ポリシー概要/育成する人材の方針

日本語コミュニケーション学科では、グローバル化、多文化共生化が進む世界の中で、外国語と母語のコミュニケーション力、異文化コミュニケーション力を備え、地球規模で広く物事を見、考えながら、日本語教員やブリッジ人材としての実践力と、日本語と日本を発信する専門性、そしてチャレンジ精神を有する人材を育成します。
授業は留学生と日本語を母語とする学生の多文化共修です。また、アクティブラーニングの参加型なので日々、質問力、コメント力を含むコミュニケーション力が磨かれます。

学科のカリキュラム・ポリシー概要

知識・専門性 【学びの基礎力を基盤とした専門能力】

⾃ら教養・基礎学⼒を修得し、⾃⽴的・主体的に学ぶことができる【教養・基礎学⼒】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 初年次教育では、武蔵野INITIALにおいて、「建学」「スポーツ・⾝体」「情報」「外国語」「教養⽇本語」「CHP(Creating Happiness Program)」「フィールド・スタディーズ」「インターンシップ」「全学教養ゼミナール」「寄付講座」などの科⽬群を通じて「教養・基礎学力」を育む。

先端的な日本語教育を実践できる。【日本語教育の専門性】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 外国語科目において、学部共通のトライリンガル人材育成の目標のもと、英語、中国語(日本語母語学生)、日本語(留学生等日本語非母語学生)の総合的コミュニケーション能力を育む。
  • 「多文化共修科目」においては海外国内の多文化共生のための知識や課題発見力・課題解決力を身につけ、「日本語教員養成科目群」の科目で日本語教員としての専門的な理論と実践力を身につける(副専攻課程相当)。

日本語を使って母国と日本をつなぐ仕事を行うことができる【留学生:ビジネス日本語の専門性】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 「ビジネス日本語科目群」、および「サブカルチャー・メディア科目群」に配当された「日本研究」の各科目においては、日本を広く国の内外に発信するための知識と実践力を身につける。また、「観光学」についての知識や実践力を育てる。
  • 縦断的なゼミ科目では学生個人の興味関心に沿ったアカデミック・リテラシーを強化する。
関心・態度・人格 【他者と自己を理解し、自発的に踏み出す力】

自らを他者や社会との関わりのなかで捉え、多様な価値観を認めることができる【自己認識力・他者理解力】
グローバルな視野で日本語コミュニケーションに関する課題を発見することができる【課題発見力】
積極的に社会に働きかけて、最後まで行動していくことができる【主体性・実行力・ストレスコントロール力】
地球規模で広く物事を見、考えることを通して、様々な発信ができる。【人格形成・使命感】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 留学生が約半数在籍する多文化共修環境の中で、まず「多文化共修科目」において多様な価値観への気づきや理解を、実体験を伴いつつ深める。
  • 「ビジネス日本語科目群」や「サブカルチャー・メディア科目群」の科目の共修や、特に「グローバルスタディーズ」「グローバルプロジェクト」等のプロジェクト型学習を通し、チーム内での相互理解や課題解決、自発性を身につける。また同時に学外とのインターアクションを行うことで社会に対する実行力、ストレスコントロール力も涵養する。国内インターンシップ等を通し、企業や社会を体験することで、自己認識、他者認識力を高める。
思考・判断 【課題を多角的に捉え、創造的に考える力】

自ら積極的に情報収集を行い、問題に対して論理的に思考し、多角的に判断できる【情報分析・論理的思考・判断力】
自らテーマを発見し、仮説を立てながら、調査、分析し、課題を解決できる。【課題解決力】
制約された条件に対応した解答を思考できる。【創造的思考力】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 「基礎ゼミ」から縦断的につながる2年の「プレゼミ」、3・4年の「ゼミ」を経て、4年次の卒業論文執筆まで、個人個人の「課題発見力」「課題解決力」や「情報分析・論理的思考・判断力」を育む。また、同時に「グローバルスタディーズ」「グローバルプロジェクト」等では、個人からチーム内での協働的思考、判断の力を身につける。
実践的スキル・表現 【多様な人々のなかで、自らの考えを表現・発信する力】

日本語および外国語を用い、的確に読み、書き、聞き、他者に伝えることができる 【語学力・コミュニケーション力】
自らの考えを明確かつ論理的に組み立て、文書や、図解等を用いて論文や報告書にまとめて発表することができる。【表現力】
他者の話を傾聴し、協働し、目標実現のために方向性を示し実行することができる【傾聴力・チームワーク・リーダーシップ】

対応するカリキュラム・ポリシー

  • 英語、中国語(日本語母語学生)、日本語(留学生等日本語非母語学生)を用い、的確に読み、書き、聞き、他者に伝え、多様な価値観を持った人々と合意形成を図ることができるようなコミュニケーション・スキルを身に付ける。
  • 「基礎ゼミ」、「プレゼミ」「ゼミ」などにおいて、自らの考えを明確かつ論理的に組み立て、文書や、図解等を用いて論文や報告書にまとめて発表することができる表現のスキルを身につける。また、ICTに対応した知識やスキルも身に付ける。
  • また、他の科目「グローバルスタディーズ」「グローバルプロジェクト」等においても、チーム内でそれぞれの立場や役割を考え、互いを尊重しながら意見交換をして協働することができるスキルを育む。

アドミッションポリシー

本学科では、グローバル化・多文化共生化が加速する世界各地および日本国内において、異文化コミュニケーション力を備えた、日本語教育学や観光学の専門性を有するトライリンガル(日本語母語学生は日本語+英語+中国語、留学生は母語+日本語+英語)でチャレンジングなブリッジ人財(文化の架け橋となる人財)を育てます。また、大学4年間の日々を日本語母語学生と留学生がほぼ同数の多文化・多言語共修環境で学ぶことで、自他を積極的に受け入れて認め合う姿勢を涵養します。
グローカルな視点(グローバルな視点とローカルな視点)を持って社会に貢献できる人財の育成を目指していることから、母語や自文化、地域社会に関心を持ち、その魅力発信や課題解決のための知識・技術の習得に対する強い意志を歓迎します。
よって以下のような者の入学を求めます。

志向性:将来の進路

  1. 日本語教員を目指し、日本語と日本文化を国内外に広めていこうとする者
  2. 日本についてに関心があり、伝統文化・サブカルチャーなどを含む日本についての理解を深めてそれを国内外に発信する意欲のある者
  3. 言語・文化的多様性に配慮したコミュニケーション力を獲得し、それを駆使して仕事をしていく志向のある者
  4. 日本の観光資源を海外へ発信したり、観光を通じて広くグローバルに活躍したい意欲のある者
  5. 観光による地域振興・社会的課題の解決に取り組む意欲のある者

期待する能力:知識・専門性

大学入学までに学んだ教科・科目
 日本人:国語総合・現代文・英語、地理歴史(日本史・世界史)、芸術(書道、美術、音楽など)
 外国人:日本語・外国語、地理歴史など
大学入学までに取得するのが望ましい資格等
 日本人:実用英語検定試験(2級以上)
 外国人:日本留学試験260以上、日本語能力試験N1合格

期待する能力:関心・態度・人格

期待する能力:思考・判断

期待する能力:実践的スキル・表現

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

大学案内

入試情報

教育

研究