HOME教育大学院(研究科)研究科(一覧)環境学研究科専攻

研究科概要

幅広い持続可能な社会の構築実現に貢献できる人材を養成

21世紀の人類社会が迎える“地球環境の資源の有限性と環境容量の制約”に対応する社会システムの実現という大きな変革を長期に展望したとき、人類社会は20世紀に実現したエネルギー・資源集約型社会から、環境・資源の制約を内部化した経済活動による労働・知識集約型社会を実現した、いわゆる「持続可能な社会」に移行していかなければなりません。
そのような中で求められているのは、天然資源と環境を外部化したままの経済活動から、それらを適切に内部化した経済活動への迅速かつ円滑な転換です。それは環境と経済が統合された質の高い環境マネジメントの普及や、新たな技術を駆使したものづくり(エコプロダクツ)により実現されると言えます。
本専攻では、人類が持続可能な社会に向かうための、中長期的社会変革ビジョンと高い倫理観を持ち、環境マネジメントやエコプロダクツに関わる環境システムの高度な知識と能力を発揮して、企業や地域、大学等において、地球規模から国や家庭に至るまでの幅広い持続可能な社会の構築実現に貢献できる人材を養成します。
※ 記載内容は予定であり、変更となる場合があります。

研究科DATA

取得できる学位

博士(環境学)


修業年限とキャンパス

1年2年 3年

 

有明キャンパス

 

修了後の進路

● 環境システムに関する幅広い知識を有し、地球規模から国、企業、家庭に至るまでの環境負荷を総合的に低減できる能力を有する、環境マネジメントの専門家
● エネルギーを含むモノやサービスづくりにかかる環境システム設計や、生産から使用、廃棄、リサイクルまでの環境負荷の低減を実現できる能力を有する、エコプロダクツの専門家
● 持続可能な社会の構築に向けた、持続可能性低下の現状分析、持続可能な発展の条件やそれを踏まえた対応のあり方など、政策面も含めた基礎研究、応用研究に関わる研究者

カリキュラム

環境システム専攻カリキュラム

授業紹介

環境学基盤研究

現代における環境システムに関する最新の諸課題を的確に理解し、関連諸分野の成果も総合しつつ、低炭素化社会や循環型社会づくりのあり方など、人類が直面する諸課題を解決していくための基盤となる研究力を高め、先行研究を踏まえた上で自説を論理的に展開できる力を養います。

環境マネジメント研究

環境マネジメント分野の基盤となる持続可能な発展の概念について、多角的な視点から究明する力を養うため、様々な持続可能な発展の概念が形成されてきた歴史と、それが現実の政策に反映されてきた経緯を振り返り、持続可能性に関する多角的な切り口から問題を提起します。

エコプロダクツ研究

エコプロダクツの概念の進展とそれが企業等に取り入れられてきた経緯を振り返るとともに、原料調達から設計、生産、使用・消費、補修、リサイクル、廃棄・最終処分等に至る具体的なエコプロダクツの実践手法と分析手法について改めて評価・検討し、エコプロダクツの基盤となる環境配慮設計、各種評価手法や生産手法等について体系的な知識を得て研究・実践につなげる能力を養います。

環境学個別研究

現代における環境問題の諸課題を的確に理解し、関連諸分野の成果も総合しつつ、低炭素化社会や循環型社会づくりのあり方など、人類が直面する諸課題を解決していくための実践的研究力と、先行研究を踏まえた上で独創的な研究成果へと発展させていく力を身に付けます。

教員紹介

名前

職位

 

担当科目

研究領域

一方井 誠治
イッカタイ セイジ

教授

□環境学基盤研究
□環境マネジメント研究
□先端環境マネジメント演習
□環境学個別研究
□特殊研究(研究指導)

地球温暖化対策の経済的側面に関する調査研究、環境と経済の統合

門多 真理子
カドタ マリコ

教授

□環境学基盤研究
□先端エコプロダクツ演習
□環境学個別研究
□特殊研究(研究指導)

微生物の分子遺伝・育種、バイオマス乳酸発酵によるプラスティック原料調達

髙橋 和枝
タカハシ カズエ
教授□環境学基盤研究
□エコプロダクツ研究
□先端エコプロダクツ演習
□環境学個別研究
□特殊研究(研究指導)
環境解析学、環境保全学、環境創成学

村松 陸雄
ムラマツ リクオ

教授

□環境学基盤研究
□環境マネジメント研究
□先端環境マネジメント演習
□環境学個別研究
□特殊研究(研究指導)

環境心理学、行動科学、ESD論

明石 修
アカシ オサム

准教授

□環境学基盤研究
□環境マネジメント研究
□先端環境マネジメント演習
□環境学個別研究
□特殊研究(研究指導)

環境システム学、環境エネルギー論、持続可能社会論

真名垣 聡
マナガキ サトシ

准教授

□環境学基盤研究
□先端エコプロダクツ演習
□環境学個別研究
□特殊研究(研究指導)

環境地球化学

田所 裕康
タドコロ ヒロヤス

講師

 

□環境学基盤研究
□環境学個別研究

超高層物理学


: 出願書類の「希望指導教員」欄への記入が可能な教員
※担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。 
※研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認した上で、出願を行ってください。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職