HOME教育大学院(研究科)研究科(一覧)環境学研究科専攻

研究科概要

環境マネジメントの専門家を養成する2年制コース

21世紀の半ばには、人類は“地球資源の有限性と環境容量の制約”に直面する可能性が高く、それを乗り越えていくための対応が必要です。そのためには持続可能な社会の形成が急務であり、その社会の実現を担うための高度な専門的知識を持った人材が求められています。

本研究科は、持続可能な社会に向かうための中長期社会変革ビジョンを持ち、環境経営およびエコプロダクツの推進者または専門家として、環境システムの高度な知識と対応能力を発揮して、企業や自治体等における低炭素化や資源循環の高度化などに貢献できる人材および地域社会の環境マネジメント推進のキーパーソンとなる人材を養成します。
持続可能な社会と企業活動に貢献する環境経営の推進者
企業などの組織レベルで、環境マネジメントのシステム全般に精通し、環境に関する課題等への対応および環境負荷の低減を行う「環境経営の推進者」
エコプロダクツの推進者
 
企業内の製品レベルで、生産・消費の両面において、企業のものづくりからサービスまでの環境負荷の低減を行う「エコプロダクツの推進者」
地域社会の環境マネジメント推進のキーパーソン
地域・都市レベルでの環境マネジメント手法に精通した「地域貢献や地域環境教育のリーダー」
本専攻では修了までの到達目標を次の水準に定めています。目指す専門家により到達目標は異なります。

研究科DATA

取得できる学位

修士(環境学)


修業年限とキャンパス

1年 2年

 

有明キャンパス

修了後の進路

環境コンサルタント/省エネアドバイザー/各種環境マネジメントシステム(EMS)専門職(企業内のEMS企画者、推進者、ISO等の審査員補、審査員)/エネルギーコンサルタント(ESCO業務など)/企業の環境室、CSR室担当/国や地方公共団体の環境専門職/大学院博士後期課程進学 など

TOPICS

社会人1年制短期コース

本専攻では環境マネジメントシステム審査員の有資格者や、企業における環境関係の実務経験者などを対象としたリカレント教育も重視しています。そのため「社会人1年制短期コース」を設けており、すでに企業の環境部門等で経験を積んだ社会人、あるいは環境マネジメント等の運用実績や地域社会における環境活動等で十分な専門知識と実績ある社会人に対しては、1年間で修士課程を修了する事が可能です。

リーズナブルな学費

経済的事由により進学をあきらめたり、支障をきたすことなく学業や研究に専念できるよう、学費を842,000円(2年制コース :初年度納入金)に設定しています。詳細については本学ホームページより2019年度の入学試験要項をダウンロードの上、ご確認ください。

教育訓練給付制度

本専攻では、厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用することができます(2年制コースのみ対象)。

カリキュラム

カリキュラムおよび開講科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。
2018年度以前の入学生のカリキュラムです。

教員紹介

2019年度入試

: エントリーシートの「希望指導教員」欄に記入可能な教員
※担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。 
※研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認し、研究領域と研究テーマについて十分連絡を取り合った後に出願を行ってください。
教員情報の詳細につきましては武蔵野大学 研究者情報をご覧ください。

名前

職位

 

担当科目

研究領域

一方井 誠治
イッカタイ セイジ

教授

□環境経営論
□環境アジェンダ研究 
□地域環境政策論 
□特定課題研究演習

環境経済学、環境政策論、環境経営論

門多 真理子
カドタ マリコ

教授

□環境バイオ技術論
□特定課題研究演習

微生物の分子遺伝・育種、バイオマス乳酸発酵によるプラスティック原料調達

髙橋 和枝
タカハシ カズエ
教授□環境材料工学
□ライフサイクルアセスメント論
□環境対策研究
□特定課題研究演習
環境解析学、環境保全学、環境創成学

村松 陸雄
ムラマツ リクオ

教授

□都市環境心理学
□特定課題研究演習

環境心理学、行動科学、ESD論

明石 修
アカシ オサム

准教授

□環境経営論
□特定課題研究演習

環境システム学、環境エネルギー論、持続可能社会論

真名垣 聡
マナガキ サトシ

准教授

□環境学演習
□環境化学物質論
□特定課題研究演習

環境地球化学

田所 裕康
タドコロ ヒロヤス

講師

□特定課題研究演習

超高層物理学

金子 和夫
カネコ カズオ

兼任講師

 

□地域活性化デザイン論

地域ブランド創出、コミュニティ再生、マーケティング

栗林 敦子
クリバヤシ アツコ

兼任講師

 

□環境コミュニケーション論

生活環境情報、ライフスタイル分析

小中 庸夫
コナカ ツネオ

兼任講師

 

□環境マネジメントシステム論
□資源循環・リサイクル論

環境マネジメント、環境コンサルテーション

白鳥 和彦
シラトリ カズヒコ
兼任講師 □環境会計論環境経営

杉浦 正吾
スギウラ ショウゴ

兼任講師

 

□CSR論

CSR・企業論、市民参加型CSR、環境コミュニケーション論

武山 尚道
タケヤマ ヒサミチ

兼任講師

 

□環境学演習

環境経済政策論、環境政策

田辺 直行
タナベ ナオユキ

兼任講師

 

□システム・ダイナミックス論
□省資源・省エネルギー論

システム・シミュレーション、数理物理学

十村 勝
トムラ マサル

兼任講師

 

□環境配慮設計・プロセス論

LCA、環境経営


大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職