HOME教育大学院(研究科)研究科(一覧)環境学研究科専攻

教育訓練給付制度
厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用できます。

研究科概要

環境マネジメントの専門家や環境デザインの専門家を養成する2年制コース

21世紀の半ばには、人類は“地球資源の有限性と環境容量の制約”に対応する必要があります。そのためには持続可能な社会の形成が急務であり、その社会の実現を担うための高度な専門的知識を持った人材が求められています。
環境学研究科は、持続可能な社会に向かうための中長期的社会変革ビジョンをもった、環境経営のための環境マネジメントの推進者、およびエコプロダクツの推進者として、あるいは環境マネジメント能力を活用して企業及び地域の低炭素化、環境都市(サステナブル・シティ)の実現のために専門的立場から貢献できる人材を養成します。こうした環境人材ニーズにこたえるために次の「専門家」を育成します。ソフトとハードの双方に専門家を輩出するため「環境学モデル」と「環境デザインモデル」の2つの履修モデルがあります。

環境マネジメント専攻

なお、環境マネジメント専攻では修了までの到達目標を次の水準に定めています。目指す専門家により到達目標は異なります。
■地域社会において、環境マネジメント手法によって低環境負荷のライフスタイルを提案、改善することのできる能力
■都市生活の形態を、低エネルギーのライフスタイルによって新たに創造・提案、実現できる能力と技術
■環境に関する高度な専門的能力を必要とする計画、研究、設計、分析、試験、評価、指導を行うことのできる環境実務の資格取得を可能にする実践レベルの専門能力
■各事業体のおかれている状況、規模、社会的役割等に応じた独自の環境マネジメントシステムが構築できる能力
■中小企業等において、各種地域版環境マネジメントシステムを理解し、最適なシステムを導入・運用できる能力。また、推進あるいは監査のできる能力
■企業の生産活動に関して、環境負荷を定量化して示し、さらにエコプロダクツのために改善、推進できる能力
■新たな都市環境・建築環境のデザインを、創造・提案・実現できる能力と技術
■一級建築士の資格取得を可能にする実践レベルの専門能力

研究科DATA

取得できる学位

修士(環境学)


環境学モデル

1年 2年

 

有明キャンパス


社会人1年制短期コース <環境学モデル>
環境マネジメント専攻では環境マネジメントシステム審査員の有資格者や、企業における環境関係の実務経験者などを対象としたリカレント教育も重視しています。そのため「社会人1年制短期コース」を設けており、すでに企業の環境部門等で経験を積んだ社会人、あるいは環境マネジメント等の運用実績や地域社会における環境活動等で十分な専門知識と実績ある社会人に対しては、1年間で修士課程を修了する事が可能です。(環境デザインモデルを専攻する場合は適用されません)

修了後の進路<環境学モデル>

● 環境コンサルタント ● 省エネアドバイザー ● 各種環境マネジメントシステム(EMS)専門職(企業内のEMS企画者、推進者、ISO等の審査員補、審査員) ● エネルギーコンサルタント(ESCO業務など) ● 企業の環境室、CSR室担当 ● 環境コンサルタント職 など

環境デザインモデル

1年2年

 

武蔵野キャンパス/有明キャンパス

一級建築士受験資格を得るための実務経験要件 <環境デザインモデル>
建築系学部を卒業して、環境マネジメント専攻において一級建築士実務経験のための科目を経て課程を修了する学生は、一級建築士受験資格のための一年あるいは二年の実務経験とみなされます。

※ 環境デザインモデルは科目によって両キャンパスでの受講となります。


修了後の進路<環境デザインモデル>

専門職として社会で活躍
● 地域社会と連携する建築デザインの専門家(一級建築士※)
● 環境・防災分野に精通した地域計画の専門家(地域計画プランナー)
進路先の例
建築設計事務所/地域計画事務所/ランドスケープデザイン事務所/インテリアデザイン事務所/メディアコンテンツ制作企業
※学部段階で一級建築士指定科目を履修し、受験資格を得て合格する必要があります。

リーズナブルな学費

経済的事由により進学をあきらめたり、支障をきたすことなく学業や研究に専念できるよう、学費を842,000円(2年制コース :初年度納入金)に設定しています。
詳細については、2017(平成29)年度入学試験要項をご覧ください。

教育訓練給付制度

環境マネジメント専攻では、厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用することができます(2年制コースのみ対象)。

カリキュラム

環境学モデル

カリキュラムおよび開講科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

環境デザインモデル

科目区分

1年

2年

前期

後期

前期

後期

共通科目

■環境アジェンダ研究
■環境学演習(環境デザインモデル)

 

 

地域環境マネジメント科目群

□都市気候対策論
□都市環境心理学
□地域計画特論

 

 

 

□建築計画特論

環境デザイン科目群

□建築保存計画特論
□設計特別演習

 

 

 

エコプロダクツ科目群

 

 

 

□地域活性化デザイン論

インターンシップ科目群

□インターンシップ1
□インターンシップ2
□インターンシップ3

 

課題研究演習

 

 

□特定課題研究演習
□研究制作演習

■:必修科目 □:選択科目 ★:集中科目 各科目の詳細は履修要覧をご参照ください。
※2016年度カリキュラム 2017年度カリキュラムは変更になる場合があります。

教員紹介

環境学モデル

 

 

 

 

名前

職位

 

担当科目

研究領域

一方井 誠治
イッカタイ セイジ

教授

□環境経営論 □環境アジェンダ研究 □地域環境政策論 □環境対策研究 □特定課題研究演習

地球温暖化対策の経済的側面に関する調査研究、環境と経済の統合

門多 真理子
カドタ マリコ

教授

□環境バイオ技術論 □特定課題研究演習

微生物の分子遺伝・育種、バイオマス乳酸発酵によるプラスティック原料調達

村松 陸雄
ムラマツ リクオ

教授

□都市環境心理学 □特定課題研究演習

環境心理学、行動科学、ESD論

矢内 秋生
ヤナイ アキオ

教授

□都市気候対策論 □特定課題研究演習

環境文化論、気象・海象の特異現象、環境情報

明石 修
アカシ オサム

准教授

□環境経営論 □特定課題研究演習

環境システム学、環境エネルギー論、持続可能社会論

真名垣 聡
マナガキ サトシ

准教授

□環境学演習 □環境化学物質論 □特定課題研究演習

環境地球化学

田所 裕康
タドコロ ヒロヤス

講師

□特定課題研究演習

超高層物理学

金子 和夫
カネコ カズオ

兼任講師

 

□地域活性化デザイン論

地域ブランド創出、コミュニティ再生、マーケティング

栗林 敦子
クリバヤシ アツコ

兼任講師

 

□環境コミュニケーション論

生活環境情報、ライフスタイル分析

小中 庸夫
コナカ ツネオ

兼任講師

 

□環境マネジメントシステム論 □資源循環・リサイクル論

環境マネジメント、環境コンサルテーション

塩澤 豊志
シオザワ トヨシ

兼任講師

 

□環境化学物質論

有機合成化学、化学物質リスク

杉浦 正吾
スギウラ ショウゴ

兼任講師

 

□CSR論

CSR・企業論、市民参加型CSR、環境コミュニケーション論

染村 庸
ソメムラ ヨウ

兼任講師

 

□環境会計論

環境経営

高橋 和枝
タカハシ カズエ

兼任講師

 

□環境材料工学

環境解析学、環境保全学、環境創成学

武山 尚道
タケヤマ ヒサミチ

兼任講師

 

□環境学演習

環境経済政策論、環境政策

田辺 直行
タナベ ナオユキ

兼任講師

 

□システム・ダイナミックス論 □省資源・省エネルギー論

システム・シミュレーション、数理物理学

十村 勝
トムラ マサル

兼任講師

 

□環境配慮設計・プロセス論

LCA、環境経営

環境デザインモデル

 

 

 

 

名前

職位

 

担当科目

研究領域

伊藤 泰彦
イトウ ヤスヒコ

教授

□環境学演習 □設計特別演習 □インターンシップ2 □インターンシップ3 □研究制作演習

空間デザイン、子ども環境計画 ※一級建築士

伊村 則子
イムラ ノリコ

教授

□環境学演習 □地域計画特論 □研究制作演習

住居学、住安全・防災

河津 優司
カワヅ ユウジ

教授

□環境学演習 □建築保存計画特論 □研究制作演習

日本建築史、比較建築論

風袋 宏幸
フウタイ ヒロユキ

教授

□研究制作演習

環境デザイン、メディアアート ※一級建築士

水谷 俊博
ミズタニ トシヒロ

教授

□環境学演習 □建築計画特論 □インターンシップ1 □研究制作演習

建築設計、空間デザイン ※一級建築士

金 政秀
キム チョンス

准教授

□研究制作演習

建築環境、建築設備


: 出願書類の「希望指導教員」欄への記入が可能な教員
※担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。 
※研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認した上で、出願を行ってください。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職