HOME教育大学院(研究科)研究科(一覧)人間社会研究科専攻

研究科概要

現代的ニーズに応える社会福祉士のスペシャリストの育成

近年、社会福祉を巡る制度環境はドラスティックに変化しており、これまで社会福祉の中心的課題と考えられてきた高齢者や障害者の生活介護の課題に加え、ホームレス等の貧困問題や高齢者の地域内での孤立死、児童虐待など、多様な問題が生起しています。現在、社会福祉専門職に求められていることは、今日的状況下における福祉課題や制度枠組みの変化の中で、社会福祉価値や倫理に裏打ちされた援助技法や理論を踏まえた援助の開発を行うと共に、新たな福祉社会のデザインとソーシャルアクションによる社会システムの変革を行うことのできる力量を涵養することであるといえます。
 
本専攻では、高度な専門知識の修得と実践知の理論化により、「人」と「社会」に対する深い洞察に基づく専門的倫理性を持ち、社会福祉の現場で必要とされる最新の各種援助技能等を習得し、指導・管理能力に秀でた社会福祉専門職業人を養成することを目的とします。社会構造の劇的な変化や不安定化に伴い複雑化する福祉問題に対して、その複雑化する問題を理論的に分析する力、実践現場と当事者支援に立脚した解決方法を導き出す各種援助技能の理論的知識の習得とその内面化、更に次世代の社会福祉組織における管理・指導についても最新の理論を習得しその実践を図ることができる力を涵養し、当該分野における現代的ニーズに応える、社会福祉のスペシャリストを育成します。

研究科DATA

取得できる学位

修士(社会福祉学)


修業年限とキャンパス

1年2年

 

武蔵野キャンパス

 

修了後の進路

  • 各種施設・機関等の管理職といった福祉関係施設・機関、病院において指導的な立場となる福祉職、都道府県・市町村の福祉職といった行政機関等のソーシャルワーカー
  • 社会福祉施設・機関や地域包括支援センター・社会福祉協議会等のソーシャルワーカー
  • 社会福祉調査研究機関の研究員、国や都道府県が設置した社会福祉推進団体等の職員等
  • 社会的な課題解決に必要な組織や団体の社会的起業を担うソーシャルワーカー

社会人1年制短期コース

本専攻では、リカレント教育を重視した社会人1年制短期コースも設置します。1年間の短期集中で実務経験者はより高度な相談援助技能等を修得することで、「修士(社会福祉学)」の学位が授与されます。

カリキュラム

※2017年度カリキュラム  2018年度カリキュラムは変更になる場合があります。

実践福祉学専攻

色字:必修科目  黒字:選択科目  :集中授業

教員紹介

2018(平成30)年度入試

: エントリーシートの「希望指導教員」欄に記入可能な教員
※担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。 
※研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認した上で、出願を行ってください。

名前

職位

 

担当科目

研究領域

熊田 博喜
クマダ ヒロキ

教授

□社会福祉理論研究 □フィールドワーク演習 □論文研究演習 □特定課題研究演習 □修士論文(研究指導) □特定課題研究(研究指導)

地域福祉、非営利組織論

小松 美智子
コマツ ミチコ

教授

□スーパービジョン特論 □フィールドワーク演習 □論文研究演習 □特定課題研究演習 □修士論文(研究指導) □特定課題研究(研究指導)

社会福祉学(ソーシャルワーク、医療福祉、アドミニストレーション)

府川 哲夫
フカワ テツオ

教授

□社会福祉制度政策研究 □論文研究演習 □特定課題研究演習 □修士論文(研究指導) □特定課題研究(研究指導)

社会保障財政、医療サービス研究、高齢者政策

山田 利子
ヤマダ トシコ

教授

□ケースワーク特論 □フィールドワーク演習 □論文研究演習 □特定課題研究演習 □修士論文(研究指導) □特定課題研究(研究指導)

児童家庭福祉とソーシャルワーク、社会的養護、専門職の発達プロセスとスーパービジョン

渡辺 裕一
ワタナベ ユウイチ

教授

□コミュニティワーク特論 □ソーシャルワークリサーチ特論 □ソーシャルワークリサーチ演習 □フィールドワーク演習 □論文研究演習 □特定課題研究演習 □修士論文(研究指導) □特定課題研究(研究指導)

高齢者福祉とソーシャルワーク、地域住民のエンパワメント

小俣 智子
オマタ トモコ

准教授

 

□グループワーク特論 □フィールドワーク演習

社会福祉学、ソーシャルワーク、セルフヘルプ・グループ、小児がん患者支援

木下 大生
キノシタ タイセイ
准教授□ソーシャルアドミニストレーション特講 □フィールドワーク演習 □論文研究演習 □特定課題研究演習 □修士論文(研究指導) □特定課題研究(研究指導)ソーシャルワーク、知的障害者福祉、司法福祉

高田 明子
タカタ アキコ

准教授

□フィールドワーク演習 □論文研究演習 □特定課題研究演習 □修士論文(研究指導) □特定課題研究(研究指導)

障害者福祉、視覚障害高齢者支援、障害学生支援

矢野 明宏
ヤノ アキヒロ

准教授

□チームアプローチ特論 □フィールドワーク演習 □論文研究演習 □特定課題研究演習 □修士論文(研究指導) □特定課題研究(研究指導)

ソーシャルワーク、ケアマネジメント、チームアプローチ、高齢者福祉、福祉人材養成

渡邉 浩文
ワタナベ ヒロフミ

准教授

□ケースマネジメント特論 □プログラムエバリュエーション特論 □フィールドワーク演習 □論文研究演習 □特定課題研究演習 □修士論文(研究指導) □特定課題研究(研究指導)

ソーシャルワーク、ケアマネジメント、高齢者福祉、認知症ケア

高橋 幸三郎
タカハシ コウザブロウ

兼任講師

 

□ケースカンファレンス特論

 

髙橋 恭子
タカハシ ヤスコ

兼任講師

 

□ソーシャルワーク理論研究

 

新作 慶明
ニイサク ヨシアキ
兼任講師 □仏教と共生原理中国哲学、インド哲学、仏教学

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
学生生活・就職