HOME教育大学院(研究科)研究科(一覧)政治経済学研究科専攻

研究科概要

政治学と経済学の視座を有し新たな解決策を提示できる人材を育成

現代は、社会問題の多くが一国や一地域だけで解決できなくなっており、国家、政府、政党、議会などを主たる研究対象としてきた政治学と、市場を研究対象としてきた経済学が、ともにそれ自体としては成立しがたい状況が現出してきている時代であると言えます。その意味で両者が相互に協力しながら、力を発揮することが求められています。このような、世界で生じている政治・経済の問題を解決するために、政治経済学専攻博士後期課程では、高度な専門性をもった政治学と経済学の双方の視座を有し、国内はもとより国際社会においてリーダーシップを発揮できる人材を養成します。
政治経済システムの一元的・総合的な把握・分析という政治経済学の研究のために、主たる指導教員に加え他領域の副アドバイザーを置き、学生が政治学、経済学それぞれの専門研究を押し広げ、政治経済学に向かってゆけるよう研究指導を行います。

研究科DATA

取得できる学位

博士(政治学)、博士(経済学)


修業年限とキャンパス

1年2年3年

 

有明キャンパス

 

修了後の進路

● 大学教員 ● 研究所研究員 ● 民間シンクタンク、国際機関、NGO法人等の職員 など

「政治学コース」と「経済学コース」

主たる研究領域を政治学と経済学の2領域とし、「政治学コース」と「経済学コース」の2コースを設置しています。
政治経済学専攻博士後期課程修了後もキャリアアップを図りながら継続的に勤務できるよう、修了後のキャリアを想定した履修モデルを設定しています。

履修モデル1

政治学・経済学の教育研究を担いうる研究者、大学教員、シンクタンク職員を目指す。

政治学・経済学の研究手法や先行研究の成果などを取り込みながら、政治システム・経済システムについての研究を進めていきます。そのことによって、平行して行っている博士論文作成に独自性のある研究を展開させていきます。
博士論文作成においては、政治学・経済学の学会発表を多く行うことで、常に学術的な評価を受けることを意識していきます。また、政治経済研究所をとおした研究者間の横のつながりを活用しながら、共同研究にも携わります。

修了後の進路

政治学・経済学の教育研究を担う人材として、研究者、大学教員、シンクタンク職員となることが期待されます。

政治学コース履修モデル1

履修モデル2

政治学・経済学の分析手法を身につけて、社会の多様な方面で活躍する実践家、国際機関・NGO等の職員を目指す。また、現職でのキャリアアップを図る。

政治学・経済学の研究手法や先行研究などを取り込むことによって、政治システム・経済システムの思考方法や分析手法を修得して、現場での問題発見解決力を強化します。
博士論文作成においては、現場での課題を織り込み、それを現場の活動や現職での業務にフィードバックすることを意識して纏めていきます。

修了後の進路

社会の多様な方面で活躍する実践家、国際機関・NGO法人職員、あるいは現場の課題に対して、高度な問題解決力を有する人材として、現職でキャリアアップを図ることが期待されます。

政治学コース履修モデル2

カリキュラム

カリキュラムおよび開講科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。
■:必修科目 □:選択科目 ★:集中科目 各科目の詳細は履修要覧をご参照ください。
※2016年度カリキュラム 2017年度カリキュラムは変更になる場合があります。

授業紹介

政治経済学研究科 政治経済学専攻[博士後期課程]授業紹介01

政治学演習

政治システムの現状と問題点、その理念的・歴史的背景を明確化し、オルタナティヴを提示できる独創的な分析を行い、先行研究を踏まえたうえで自説を論理的に展開していきます。


経済学演習
経済学の理論及び分析手法を修得、整理し、それを各自の研究や現実の問題に応用し、先行研究を踏まえたうえで自説を論理的に展開していきます。

政治経済学研究科 政治経済学専攻[博士後期課程]授業紹介02

政治経済学特論1

ゲーム理論や情報の経済学を背景に、政治の経済学に関わる様々な概念 - 投票理論、交渉理論、コミットメント、インセンティブ、特定利益など - を駆使して、学生が独自の独創的な政治経済学研究を行えることを目指します。

政治経済学特論2
政治学と経済学の双方のアプローチから分析することによって、より深く理解できると考えられてきた社会・政治経済現象について、具体的な例をあげて、近年の政治学において利用されてきた政治経済学の理論やモデルを応用する研究方法を体得することを目指します。

教員紹介

名前

職位

 

担当科目

研究領域

石原 真三子
イシハラ マミコ

教授

□経済学演習 □博士論文研究指導

経済学(労働経済学、社会保障、計量経済学)

大阿久 博
オオアク ヒロシ

教授

 

□経済学演習

理論経済学、ゲーム理論

大久保 和正
オオクボ カズマサ

教授

 

□経済学演習

財政学、銀行論、国際金融論

小松 章
コマツ アキラ

教授

 

□経済学演習

経営学(企業形態、経営財務、経営哲学、老舗企業、ライフスタイル、Veblen)

齋藤 英里
サイトウ エイリ

教授

□経済学演習 □博士論文研究指導

経済史、経済思想

瀨古 美喜
セコ ミキ

教授

 

□経済学演習

都市経済学、公共経済学、応用理論経済学、応用計量経済学

竹之内 一幸
タケノウチ カズユキ

教授

 

□政治学演習

法学(行政法、行政組織法、行政手続法、行政救済法、公務員法)

中村 孝文
ナカムラ タカフミ

教授

□政治学演習 □博士論文研究指導

西洋政治思想史、政治哲学

青木 裕子
アオキ ヒロコ

准教授

□政治学演習 □博士論文研究指導

政治学、思想史


: 出願書類の「希望指導教員」欄への記入が可能な教員
※担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。 
※研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認した上で、出願を行ってください。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究
学生生活・就職