HOME教育大学院(研究科)研究科(一覧)言語文化研究科専攻

研究科概要

言語教育と言語文化を研究

言語は人間が生活を営む上で不可欠な要素です。言語能力とその運用は人間が生活する地域における文化の発展と密接な関係があります。すなわち、高度な言語文化に関する研究やその背景となる歴史的文化的学識を深めることは、人間そのものを理解することなのです。新たな共生を目指す時代と人間の事実に目を向け、言語を媒介とした様々な文化的社会的事象を学際的に比較しながら研究することは、ますますグローバル化、ボーダーレス化する現代世界においてその意義は大きいのです。

本コースでは、英語・日本語のそれぞれの言語専門家を育成することを目指しています。現在、世界の多くの国や地域で日本語学習者が増えています。日本語・日本文化と日本語教授法に関する高度な専門知識を有する専門家への必要性は世界中で認識されており、日本語教育、特にビジネス日本語教育についての研究力と教育力を有する専門家の育成が求められています。

また、英語は経済やビジネスにおけるグローバル・ランゲージであるだけでなく、インターネット社会においても世界各国の共通語となっています。そのため、高度な水準の英語理解能力・運用能力に加え、異文化コミュニケーションで重要な態度や姿勢をも身に付けた、グローバル社会の様々な分野で活躍できる人材の育成は、社会的に高いニーズがあります。

本コースでは、このようなグローバル社会にふさわしい、広範な研究領域を基盤とする英語・日本語の言語専門家(例:中学・高等学校の英語教員、日本語教員、ビジネス日本語教育者)、異文化コミュニケーションや比較文化の研究者を育成します。

研究科DATA

取得できる学位

修士(文学)

修業年限とキャンパス

1年2年
有明キャンパス

 

修了後の進路

国内外の大学教員/国内外の日本語教育機関教職員/英語教員/グローバル企業/国内外の大学院博士後期課程進学 など

主な就職先

天津外国語大学教員/AJALT教員(公益社団法人国際日本語普及協会)/武蔵野大学教員/三菱東京UFJ銀行上海支店 など

TOPICS

資格の取得

本コースで取得できる資格は次のとおりです。
日本語教員養成課程修了証
 
 中学校教諭専修免許状
英語
 高等学校教諭専修免許状
英語
なお、中学校教諭専修免許状(英語)・高等学校教諭専修免許状(英語)の取得にあたっては、希望の専修免許状の基礎となる一種免許状(専修免許状と同一教科)を取得していること、あるいは一種免許状を取得見込みであることが条件となります。

教育訓練給付制度

2018年度現在、本コースでは、厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用することができます。2019年度以降の扱いについては、入学後にご案内します。

昼夜開講制

社会人の勤務形態を考慮し、働きながらでも無理なく研究を継続できるよう昼夜開講制を導入しています。

カリキュラム

カリキュラムおよび開講科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

授業紹介

言語文化研究科 言語文化専攻 言語文化コース[修士課程]授業紹介01

日本語教育科目群

日本語、日本語教育、異文化教育に関する科目を体系的に修得します。「日本語教育実践研究」「日本語教育実習演習」では、日本語教育実践に関する知識とスキルを身に付け、外国語教授法を学んだ上で、模擬実習を通して実践力を養います。「日本語教育文法論」「日本語特殊研究」「日本語教育学演習」では、日本語教育に貢献する音声・文法・文章・談話研究の理論および研究方法を学んだ上で、修士論文をはじめとする理論的文章の作成およびプレゼンテーションの実践的方法を学びます。また、「異文化教育学演習」では異文化教育研究の基礎的理論および研究法を学び、異文化調整能力を養います。

言語文化研究科 言語文化専攻 言語文化コース[修士課程]授業紹介02

英語コミュニケーション科目群

現代英語の文化とコミュニケーションを総合的、体系的に修得します。「ビジネス英語演習」ではビジネス英語の基本となる表現を修得するほか、国際的なビジネスに従事する上で必要となる国際経済に関する知識と語彙を学びます。また、日米比較の観点から、アメリカ文化を研究する科目として「現代アメリカ研究」があり、グローバル社会のリーダーであるアメリカの社会的・文化的体系と変化についての考察を深めていきます。「異文化コミュニケーション研究」では、異文化コミュニケーションの分野で扱われる様々なテーマに関して基礎的な知識を学び、研究法について理解を深めると共に異文化コミュニケーション学の知見に基づいて、その理論と研究法を学びます。

教員紹介

2019年度入試

: エントリーシートの「希望指導教員」欄に記入可能な教員
※担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。 
※研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認した上で、出願を行ってください。
教員情報の詳細につきましては武蔵野大学 研究者情報をご覧ください。

名前

職位

 

担当科目

研究領域

A. C. Ihata
アン・クリスティーン・イハタ

教授

□第2言語習得研究A
□第2言語習得研究B
□修士論文演習
□修士論文

言語学(心理言語学)、外国語教育(第二言語習得理論)

島田 徳子
シマダ ノリコ
教授□異文化教育学演習A
□異文化教育学演習B
□修士論文演習
□修士論文
日本語教育学、教育学、教育工学、異文化コミュニケーション、異文化間教育、職場学習

示村 陽一
シメムラ ヨウイチ

教授

□現代アメリカ研究A
□現代アメリカ研究B
□修士論文演習
□修士論文

アメリカ研究、グローバル・スタディズ、異文化理解

古家 聡
フルヤ サトル

教授

□異文化コミュニケーション研究A
□異文化コミュニケーション研究B
□修士論文演習
□修士論文

異文化コミュニケーション、英語教育

堀井 惠子
ホリイ ケイコ

教授

□日本語教育実践研究A
□日本語教育実践研究B
□修士論文演習
□修士論文

日本語教育学、留学生教育、異文化間教育学

向山 陽子
ムコウヤマ ヨウコ

教授

□日本語教育学演習A
□日本語教育学演習B
□修士論文演習
□修士論文

日本語教育学、応用言語学、第二言語習得

村澤 慶昭
ムラサワ ヨシアキ

教授

□日本語特殊研究A
□日本語特殊研究B
□修士論文演習
□修士論文

音声学、日本語学、日本語教育学

欒 殿武
ラン ヒロタケ

教授

□日中言語文化比較論A
□日中言語文化比較論B
□修士論文演習
□修士論文

比較文学、比較文化論

石黒 武人
イシグロ タケト
准教授 □英語コミュニケーション研究A
□英語コミュニケーション研究B
異文化コミュニケーション、トランスカルチュラリティ(文化横断性)

神吉 宇一
カミヨシ ウイチ

准教授

□日本語教育実習演習A
□日本語教育実習演習B
□修士論文演習
□修士論文

日本語教育学

大守 隆
オオモリ タカシ

兼任講師

 

□ビジネス英語演習1A
□ビジネス英語演習1B

経済学、ソーシャル・キャピタル

片桐 史尚
カタギリ フミタカ

兼任講師

 

□日本語教育文法論A
□日本語教育文法論B

日本語教育

鶴岡 公幸
ツルオカ トモユキ

兼任講師

 

□ビジネス英語演習2A
□ビジネス英語演習2B

経営戦略、マーケティング、ビジネス英語


大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職