HOME教育大学院(研究科)研究科(一覧)看護学研究科専攻

昼夜開講制
働きながらでも無理なく研究を継続できる昼夜開講制。

研究科概要

教育・研究者や看護実践のリーダー・スペシャリストを育成

教育者・研究者

看護学は、地域社会の人々の健康と福祉の向上に関わる実践の学問です。教育・研究を通して看護ケアの実践の本質を見極めることができ、ケアを中心とした学問として看護学を体系化することができる教育・研究者を育成します。

地域・関連諸施設で活躍できる看護実践のリーダー

母子、地域、成人の看護領域における看護実践の場において、的確な臨床判断および熟練した高度な技術を用いて、患者やその家族に対し直接的なケアを行うとともに、部下や関係者のケアマインドを涵養していく能力を備えた看護実践のリーダーを育成します。

地域・関連諸施設で活躍できる看護スペシャリスト

がん看護、精神看護の領域において、的確な臨床判断および熟練した高度な技術を用いて、患者やその家族の直接的なケアと地域に対する啓発活動、ならびにケアスタッフに対する相談活動、医療提供システム内の調整活動などを行う能力を備えた専門性の高いがん看護スペシャリスト・精神看護スペシャリスト(専門看護師)を育成します。

教育・研究・実践領域

母子看護学

母子看護の対象の特徴と健康問題に対応するために、母子看護における理論および概念について統合的に学修します。さらに、母子の成熟・加齢および成長発達への高度な看護ケアと、看護研究の方法・評価について研究します。

地域看護学

人々の健康レベルの向上を目指した地域看護介入の評価や介入方法の開発、ならびに在宅療養に必要な看護援助技術の開発や家族指導技術を学修し、地域社会の個人・家族・集団・ポピュレーションを対象とした地域看護の支援技術の開発と評価方法について研究します。

成人看護学

成人期にある人と、その家族の健康、日常生活に影響を及ぼす身体的・心理社会的特徴、行動特性について、理論と実践を含め多様な視点から学修します。また、療養生活指導、自立への支援、問題解決の援助技術の開発と評価方法について研究します。

看護教育学

看護教育学は、現代ならびに将来のヘルスケアシステムにおける看護教育に関わる課題に焦点をあてる領域です。具体的には、看護基礎教育、看護継続教育、多様な看護実践場面において教育者としての役割を果たすための知識・技術・方法について探究します。

看護管理学

看護管理学の基盤となる理論と方法論(組織論とリーダーシップ論、保健医療制度論、医療安全と質管理論、人的資源管理論等)を教授し、質の高く効率的な看護と保健医療を提供するために、看護組織行動学、病院管理学、医療情報学を探究します。

がん看護学

新しいがんサバイバーシップの考え方を基本に置き、広く地域および施設において、がんの予防と早期発見、積極的がん治療期のケア、再発や悪化を極力防ぎ、がんとともに上手に生きていくことへの継続ケア、さらに緩和ケアやターミナルケアを研究します。

精神看護学

精神の健康、不健康に関する諸理論および精神看護学に関連する概念を学修し、精神の健康生活状態の評価技術、精神看護のより高度な援助技術を研究します。

教育訓練給付制度

看護学専攻では、厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用することができます。

昼夜開講制

社会人の勤務形態を考慮し、働きながらでも無理なく研究を継続できるよう昼夜開講制を導入しています。

夜間主コースを希望される方へ

出願時に「夜間主コース」を希望される方は、事前に下記までご連絡ください。
武蔵野学部事務室:042-468-3350

研究科DATA

取得できる学位

修士(看護学)


修業年限とキャンパス

1年2年

 

武蔵野キャンパス

 

取得できる資格

専門看護師(がん看護)(精神看護)
複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族および集団に対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識および技術を深めた者を専門看護師といいます。専門看護師は、実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を果たすことにより、保健医療福祉や看護学の発展に貢献します。
看護学専攻修士課程において指定科目を履修し、修了した者は、必要な実務経験を経た後、日本看護協会が認定する専門看護師(がん看護)、(精神看護)の受験資格を得ることができます。

修了後の進路

● 教育・研究者として看護教育機関に就職
● 大学院博士後期課程進学
● 地域の中心的役割を担う保健医療機関に就職し、母子・地域・成人・がん・精神等の看護領域で高度な看護を実践
● すでに医療現場で看護職者として働いている社会人学生の場合は、修了後、職場に戻り、リーダーや看護管理者としての役割を担う
● 地域でがん・精神医療を担う医療機関や、がん・精神診療連携拠点病院に就職して高度な看護を実践し、専門看護師認定試験に合格し、専門看護師として活躍 など

カリキュラム

カリキュラムおよび開講科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。
■:必修科目 □:選択科目 ★:集中科目 各科目の詳細は履修要覧をご参照ください。
※2016年度カリキュラム 2017年度カリキュラムは変更になる場合があります。

教員紹介

名前

職位

 

担当科目

研究領域

母子看護学

 

 

 

 

杵淵 恵美子
キネフチ エミコ

教授

□母子看護学特論Ⅰ □母子看護学特論Ⅱ □母子看護学演習Ⅰ □母子看護学演習Ⅱ □特別研究

母性看護学、助産学

青木 雅子
アオキ マサコ

准教授

 

□母子看護学特論Ⅲ □母子看護学特論Ⅳ □母子看護学演習Ⅲ □母子看護学演習Ⅳ

小児看護学

小泉 麗
コイズミ レイ

講師

 

□母子看護学特論Ⅲ □母子看護学特論Ⅳ □母子看護学演習Ⅲ □母子看護学演習Ⅳ

小児看護学

地域看護学

 

 

 

 

齋藤 泰子
サイトウ ヤスコ

教授

□地域看護学特論Ⅰ □地域看護学演習Ⅰ □特別研究

地域看護学

尾内 雅子
オナイ マサコ

准教授

 

□地域看護学特論Ⅰ

学校保健、健康保険、保健指導

小野 恵子
オノ ケイコ

准教授

 

□看護理論 □地域看護学特論Ⅱ □地域看護学演習Ⅱ

地域看護学

川南 公代
カワミナミ キミヨ

准教授

 

□地域看護学特論Ⅰ

地域看護学

服部 真理子
ハットリ マリコ

准教授

 

□地域看護学特論Ⅱ

地域看護学、在宅看護学

成人看護学

 

 

 

 

菊地 悦子
キクチ エツコ

准教授

 

□成人看護学特論Ⅱ □成人看護学演習Ⅱ

成人看護学

がん看護学・成人看護学

 

 

 

 

諸田 直実
モロタ ナオミ

教授

□成人看護学特論Ⅰ □成人看護学演習Ⅰ □がん看護学特論Ⅰ □がん看護学演習Ⅰ □特定課題研究

がん看護学、成人看護学

三次 真理
ミツギ マリ

准教授

□がん看護学特論Ⅲ □がん看護学演習Ⅲ

がん看護学、成人看護学

看護教育学

 

 

 

 

香春 知永
カハル チエ

教授

□看護教育 □看護教育学特論Ⅰ □看護教育学特論Ⅱ □看護教育学演習Ⅰ □看護教育学演習Ⅱ □特別研究

基礎看護学、看護教育学

看護管理学

 

 

 

 

酒井 美絵子
サカイ ミエコ

教授

□看護管理学特論Ⅰ □看護管理学特論Ⅱ □看護管理学演習Ⅰ □看護管理学演習Ⅱ □看護管理 □看護政策 □特別研究

成人看護学、看護管理学

志賀 由美
シガ ユミ

准教授

 

□看護政策

基礎看護学

精神看護学

 

 

 

 

荻野 雅
オギノ マサ

教授

□看護倫理 □コンサルテーション論 □精神看護学特論Ⅰ □精神看護学特論Ⅱ □精神看護学特論Ⅲ □精神看護学演習Ⅰ □精神看護学演習Ⅱ □精神看護学演習Ⅲ □精神看護学実習

精神看護学

小宮 浩美
コミヤ ヒロミ

講師

 

□精神看護学特論Ⅰ □精神看護学演習Ⅱ □精神看護学演習Ⅲ □精神看護学実習

精神看護学


: 出願書類の「希望指導教員」欄への記入が可能な教員
※担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。 
※研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認した上で、出願を行ってください。
研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認するため、出願前に必ず武蔵野学部事務室(Tel. 042-468-3350)にご連絡ください。

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職