HOME教育大学院(研究科)研究科(一覧)薬科学研究科専攻

教育訓練給付制度
厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用できます。

研究科概要

創薬分野における研究者・スペシャリストを育成

近年、わが国における医療環境は、急速な高齢化社会の到来にともなう疾病の多様化や医薬品開発におけるグローバル化の進展等、医療状況に大きな変化がおこっています。そのような中にあって、国民の健康的な環境を維持するためには、特定の専門分野における深い研究および多様な分野における幅広い研究を自立して遂行できる薬科学研究者の養成が求められています。
薬科学研究科薬科学専攻では、創造性・柔軟性に富み、創薬、生命科学等幅広い分野で広く深い知識と探求力をもち、国際的にも活躍できる薬科学研究者及び医薬品の臨床開発並びに評価・承認審査の知識をもち、その実際を理解し医薬品開発の発展に努め、薬科学の進展に寄与することのできる人材を養成します。
薬科学専攻修士課程では、基礎薬学研究の根幹とも言える「化学系薬学」「物理系薬学」および「生物系薬学」、「医薬品開発」、さらに薬科学において新しい分野とも言える、医薬品の評価・承認のための「レギュラトリーサイエンス」の領域において教育研究を行います。創造性・柔軟性に富み、創薬、生命科学等幅広い分野で広く深い知識と探求力を持ち、国際的にも活躍できる薬科学研究者や、医薬品の臨床開発ならびに評価・承認審査の知識を持ち、その実際を理解し医薬品開発の発展に努め、薬科学の進展に寄与することのできる人材を育成します。

研究科DATA

取得できる学位

修士(薬科学)


修業年限とキャンパス

1年2年

 

武蔵野キャンパス

 

修了後の進路

● 大学院薬科学研究科博士後期課程への進学 ● 独立行政法人の研究機関 ● 大学における研究職・教育職 ● 製薬企業での創薬・薬理・製剤の研究部門 ● 化学・食品・精密機器などライフサイエンス関係の研究開発部門 ● 臨床分析のための測定機器や機能性材料の研究開発部門 ● 製薬企業、行政等における医薬品の申請・許諾部門 など

6領域の対象分野と目標

化学系薬学

薬化学・創薬化学・有機合成化学・生薬化学等を対象分野とし、反応開発・有機合成・構造解析・調査に至る一連の学修・実験を通じて研究手法を修得します。

物理系薬学

物理化学・生物物理学・製剤学・薬物動態学等を対象分野とし、生命現象や病態の分子レベルの解析を行うとともに、医薬品の製剤設計や物理薬剤学、薬物動態学的評価を行う能力を育みます。

生物系薬学Ⅰ

分子生物学・細胞生物学・免疫学を対象とし、関連する分野の事項を通して学修することで、生命現象の分子基盤について、基礎から最先端までの知見を深めます。

生物系薬学Ⅱ

病態学・薬理学・毒性学を含む医療系生物薬学を対象とし、医学博士の学位を有する教員を配することで、疾患の発症機序や医薬品の作用機序に関する知見を深めます。

医薬品開発

医薬品開発に関わる医学・薬学知識を修得し、医薬品開発業務に関する能力を育成します。また、実務経験者を講師として招聘するなど、開発から販売後の安全対策等に至る一連の流れを学修します。

レギュラトリーサイエンス

ケーススタディを中心とした演習を行うことにより、医薬品評価に必要となる知識をはじめ、臨床開発および承認審査の実務能力を育みます。


奨学金

成績優秀者に対して、一人当たり年間20万円(2015年度は1名受給)の特別奨学金を付与する独自の奨学金制度を設けるなど、充実した教育研究環境を提供しています

教育訓練給付制度

薬科学専攻では、厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用することができます。

研究機関との連携

薬学研究所
武蔵野大学では2003年に「薬学研究所」を設立。2004年には文部科学省の私立大学学術研究高度化推進事業の「ハイテク・リサーチ・センター(HRC)整備事業」にも採択され、わずか数年の間で高い実績を積み上げてきました。薬学研究所には本研究科担当教員全員が所属し、精力的な研究を行うことで多くの研究成果が蓄積され、各製薬会社や医療機関、研究機関との研究・教育ネットワークも構築されています。
薬科学専攻は、この薬学研究所の知的財産や最先端の研究内容・知識・技術の付与を通じて、質の高い教育を行っています。

薬学研究所

薬科学専攻薬学研究所

カリキュラム

カリキュラムおよび開講科目は下記の「履修要覧」よりご確認ください。

教員紹介

名前

職位

 

担当科目

研究領域

化学系薬学

 

 

 

 

市瀬 浩志
イチノセ コウジ

教授

□化学系薬学特別研究演習1 □化学系薬学特別研究演習2 □化学系薬学特別研究1 □化学系薬学特別研究2

天然物化学、生物有機化学、分子遺伝学

廣谷 功
ヒロヤ コウ

教授

□化学系薬学特別研究演習1 □化学系薬学特別研究演習2 □化学系薬学特別研究1 □化学系薬学特別研究2

有機合成化学、遷移金属化学

物理系薬学

 

 

 

 

伊藤 清美
イトウ キヨミ

教授

□物理系薬学特論 □物理系薬学特別研究演習1 □物理系薬学特別研究演習2 □物理系薬学特別研究1 □物理系薬学特別研究2

薬物動態学

大塚 誠
オオツカ マコト

教授

□物理系薬学特別研究演習1 □物理系薬学特別研究演習2 □物理系薬学特別研究1 □物理系薬学特別研究2

製剤設計、ケモインフォマテックス、ドラッグデリバリーシステム、骨再生医療

川原 正博
カワハラ マサヒロ

教授

□物理系薬学特別研究演習1 □物理系薬学特別研究演習2 □物理系薬学特別研究1 □物理系薬学特別研究2

神経生化学、生命分析化学

武藤 裕
ムトウ ユタカ

教授

□物理系薬学特別研究演習1 □物理系薬学特別研究演習2 □物理系薬学特別研究1 □物理系薬学特別研究2

構造生物学、RNA生物化学

生物系薬学Ⅰ

 

 

 

 

土方 貴雄
ヒジカタ タカオ

教授

□生物系薬学特論Ⅰ □生物系薬学特別研究演習Ⅰ-1 □生物系薬学特別研究演習Ⅰ-2 □生物系薬学特別研究Ⅰ-1 □生物系薬学特別研究Ⅰ-2

解剖学、細胞生物学、分子生物学(特に骨格筋が専門分野)

渡辺 恵史
ワタナベ ヨシフミ

教授

□生物系薬学特別研究演習Ⅰ-1 □生物系薬学特別研究演習Ⅰ-2 □生物系薬学特別研究Ⅰ-1 □生物系薬学特別研究Ⅰ-2

細胞生物学、免疫化学、再生医療、ドラッグデリバリーシステム

生物系薬学Ⅱ

 

 

 

 

阿部 和穂
アベ カズホ

教授

□生物系薬学特論Ⅱ □生物系薬学特別研究演習Ⅱ-1 □生物系薬学特別研究演習Ⅱ-2 □生物系薬学特別研究Ⅱ-1 □生物系薬学特別研究Ⅱ-2

情動と記憶のメカニズム、アルツハイマー病の発症機序、認知症治療薬の開発

小野 秀樹
オノ ヒデキ

教授

□生物系薬学特別研究演習Ⅱ-1 □生物系薬学特別研究演習Ⅱ-2 □生物系薬学特別研究Ⅱ-1 □生物系薬学特別研究Ⅱ-2

研究領域:体温調節の神経薬理

三原 潔
ミハラ キヨシ

教授

□生物系薬学特別研究演習Ⅱ-1 □生物系薬学特別研究演習Ⅱ-2 □生物系薬学特別研究Ⅱ-1 □生物系薬学特別研究Ⅱ-2

研究領域:TDM、個別化医療

山下 直美
ヤマシタ ナオミ

教授

□生物系薬学特別研究演習Ⅱ-1 □生物系薬学特別研究演習Ⅱ-2 □生物系薬学特別研究Ⅱ-1 □生物系薬学特別研究Ⅱ-2

研究領域:薬物療法学、アレルギー、臨床免疫、呼吸器病学

医薬品開発

 

 

 

 

大室 弘美
オオムロ ヒロミ

教授

□医薬品開発特論 □医薬品開発特別研究演習1 □医薬品開発特別研究演習2 □医薬品開発特別研究1 □医薬品開発特別研究2

医薬品情報学、レギュラトリーサイエンス、薬理学、細胞生物学

レギュラトリーサイエンス

 

 

 

 

棚元 憲一
タナモト ケンイチ

教授

□レギュラトリーサイエンス特別研究演習1 □レギュラトリーサイエンス特別研究演習2 □レギュラトリーサイエンス特別研究1 □レギュラトリーサイエンス特別研究2

研究領域:細菌内毒素(エンドトキシン)


: 出願書類の「希望指導教員」欄への記入が可能な教員
※担当教員等は大学院修了までに変更となる場合があります。 
※研究指導が可能な教員とその専門分野、および希望する研究内容についても相違がないことを確認した上で、出願を行ってください。

大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職