HOME大学案内研究所・センター

学院体育センター

学院体育センターTOP

学院体育センターは、武蔵野大学、武蔵野女子学院中学・高等学校、付属幼稚園の体育活動全体を円滑、効果的に運営管理することを目的とします。

業務内容

1:正科体育の教育研究活動
2:行事活動の調整および援助
3:体育部活動その他自主的活動の指導、援助
4:体育施設、設備および用具の管理運営
5:施設用具の経費予算案の作成および各学校長への通知
6:その他各学校の体育活動の調整

授業内容(大学)

学内授業や学外での集中授業を通して、健康や体力の維持増進を含めて、自己の身体および身体運動の持つ意味について体験的に学習することがねらいです。
学内授業健康体育1<授業目標>
身体運動の実践的学習を通じて「健康体力の維持増進を含めて、自己の身体および身体運動の持つ意義」を考えると同時に、「社会的適応力や社会発展のメカニズムに積極的にかかわり得る能力の獲得」を企図し実現することを目標としています。
健康体育2(水泳)<授業目的>
水泳の集中授業を体験することにより、自己の身体体力の現状について認識し、心身の健康と運動との関係について理解を深めると同時に、水泳の技能を習得することにより、将来、豊かな生活を展開する基盤とすることを目的としています。
学外実習健康体育2(野外実習)<授業の目的>
自然環境の中で、体育実技として野外における諸活動を体験することにより、人と自然、人間相互の在り方を通して、自律的自主的な生活態度など、よりよい社会生活を営む上で必要な資質を育成することを目的としています。
健康体育2(スキー実習)<授業の目的>
スキー技術の習得およびその実習(集団)生活を通じて、人と自然、人間相互の在り方を考え、自律的、自主的な生活態度など社会に積極的にかかわり得る適応能力資質を養うことを目的としています。

主な学内施設

松芝園グランドベンチスタンドつき300mトラックで、ハンドボールコートが2面併設されています。木立に囲まれ、散水栓や放送設備も備えたグランドです。
プール温水装置、スタンド付き、25m×7コースのプール。開閉式上屋(電動式で、プール全体を屋根側壁で包み込みます)が設置されており、多少気温の低い日、雨の日でも快適に泳げます。
第1体育館バスケットコート2面、バドミントンなら6面とれる体育館です。地下に更衣室があります。
第2体育館バドミントンコート3面がとれる、小さいけれどおしゃれな体育館です。
第3体育場主として卓球場として使われます。
テニスコート正門側(表)3面のテニスコート(オムニコート)があります。(夜間照明あり)
バレーコート正門側(表)2面のバレーコート(人工芝)があります。(夜間照明あり)
テニスコート北門側(裏)3面のテニスコート(オムニコート)があります。(夜間照明あり)
西側テニスコートバレーコート全天候型テニスコート2面と、バレーボールコート2面(人工芝)があります。(夜間照明あり)
ゴルフ練習場6面の打球場があります。
小平グランド(男子学生寮併設)サッカーや野球等の練習場として使用できる、芝生のグランドです。
お問い合わせ
学院体育センター
武蔵野キャンパス 
TEL:042-468-3241
 e-mail:taiiku@musashino-u.ac.jp
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
学生生活・就職