HOME大学案内情報公開

武蔵野大学における内部質保証の方針及び手続き

内部質保証の方針及び手続き

1.内部質保証に関する大学の基本的な考え方

武蔵野大学は、建学の精神「仏教による人格教育」を基にしたブランドステートメント「世界の幸せをカタチにする。」を具現化すべく全学ディプロマ・ポリシー(全学DP)を「『アクティブな知』を獲得し、創造的に思考・表現する力を備えて、世界の課題に立ち向かう」と設定している。

上記の全学DPを基に、各学科で専門分野に対応した学科ディプロマ・ポリシー(学科DP)を設定し、ブランドステートメントの達成を目指している。また、この学科DPを達成するためのカリキュラム・ポリシー(CP)とアドミッション・ポリシー(AP)を定め、教育、募集活動を行っている。更に、学生の学修成果の評価にあたっては、その目的、達成すべき質的水準及び具体的実施方法などについて、アセスメント・ポリシーを定めて、評価を行っていく。

これらを着実に、実施、検証していくための内部質保証体制を確立していく。具体的には、全学内部質保証推進組織としての教育改革推進会議を置く。同会議の指示、調整の下で、学部長・学科長を中心とした3ポリシーに基づく学科内マネジメントの確立を図っていく。各種施策の実施にあたっては、授業評価等のエビデンスに基づいた検証と改善・改革 のプロセス(PDCA)を構築する。

2.権限と役割

(1)全学内部質保証推進組織の権限と役割
教育改革推進会議は、全学の現状を把握しつつ、学部・学科などに対して必要な指示を与えるとともに、各部門の調整を図るなど、質保証に向けた学内の活動を促進する。具体的には、3ポリシーに基づく各学部・学科の教育活動と学修成果について、PDCAが適切になされるよう支援する。

 
(2)全学と学部学科の役割分担
教育改革推進会議は、上記のとおり全学の現状の把握を行なうとともにステークホルダーによる評価等を実施することにより、質の担保及び更なる向上を図る。各学部学科は、全学DPを受け、3ポリシーを設定し、その実現に向けて計画、活動、改善改革、検証を行なっていく。学部学科は、毎年、検証結果を教育改革推進会議に報告するとともに、ブランドビジョン協議会にて教育改革推進会議と協議し、ブランドステートメント達成に向けての取組みを加速させる。

3.教育のPDCA指針

各学部学科で3ポリシーごとにPDCAの責任者、担当者を設定し、各種目標値を定めて、PDCAを行う。ステークホルダーによる(学生、企業・行政等)評価も行い、適切な教育が行なわれているか確認する。これらの取り組みを見取り図にまとめ、チェックリストにして、内部質保証の取組み状況をアセスメントしていく。
大学案内
入試情報
教育
学部
大学院(研究科)
研究科(一覧)
研究
研究所・研究室・センター
学生生活・就職

教育